« 富士登山2008 その2 | トップページ | 富士登山2008 その4 »

2008年9月 2日 (火)

富士登山2008 その3

延々と続く歩行者天国みたいな登山道を、人の流れに合わせて一歩ずつ歩みを進める。八合五勺の御来光館を過ぎると山頂まで山小屋はない。ひたすら歩くだけです。

御来光館を過ぎたのが午前3時20分、まだ日の出まで2時間もある。なんとか日の出までに山頂へたどり着けるとこの時は思っておりました。しかし山頂へ近づくにつれその渋滞は酷くなる一方。三歩進んで停止みたいな歩みを繰り返す。先に行きたくとも詰まっているのだからどうしようもない。
Goraikou_1_3 なんで夏山登山最終日なのにこんなに混んでいるんだろう。富士登山ブームでも訪れたのだろうか。世界文化遺産のアピールもあるし、皇太子殿下も8月初頭に山頂を極められたらしいし、まぁ話題には事欠かなかったみたいですけどもね。そうこうしているうちに空が白んできた。やばい・・・

Tozandou_1 とにもかくにも山頂へたどりつかねばならない。私には山頂で御来光を仰ぐというミッションがあるのだ。幸い今回は高所順応が上手くいって前回のような高山病の頭痛に悩まされることもなく頭が冴えている。もう山頂がそこまで見えているというところではたと考えた。右の画像のように登山道大渋滞は引きも切らない。時間は午前5時、日の出まであと15分しかない。山頂は目の前なんだけど渋滞に列んでいるときに太陽が顔を出したりでもしたらそれこそ感動のチャンスを逃してしまう。ここはひとつ登山道のじゃまにならないところで御来光を迎えようと安直に判断したのであります。

Goraikou_2 画像は8月31日朝の富士山頂マイナス標高20mの所から眺めた御来光です。雲が厚いのできれいな形にはなりませんでしたが、霧や曇りで太陽が見えないケースだって多いので贅沢は言えないです。実際にこの30分後、太陽はきれいに雲の裏側に消えてしまいました。3000mを遙かに超える高所での日の出はなかなか感慨深いものがありますね。

じっくり太陽に拝んだ後に山頂へ。到着は午前5時40分。合計所要時間は休憩時間を含めて約8時間。なんと8合目から山頂までの登山道渋滞だけで3時間も費やしている。これはまったくの予想外な結果でした。まぁしかしよくぞ8時間も山を登ってきたもんだ。けっこう達成感がありますね。自分に褒美をあげたいくらい。

とりあえずミッションは達成。さて次回は富士山頂の様子と楽しい帰り道編です。

« 富士登山2008 その2 | トップページ | 富士登山2008 その4 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

それにしても、本当に人の多さに驚きました。
「その1~その3」連日楽しく拝見致しました。
引っ張りますね~!連ドラみたい!!その4・・・(ワクワク!!

例の履物は活躍しましたか?天候の悪い時こそ活躍するのですが・・・!

夜景の美しさ、雲海、人の多さ、どれを見てもやはり日本一の山「富士山」ですね!!

うわぁ~っ!すごい人ですね。
平日の昼間だったら少ないのですか?

お天気の悪い中を運良く御来光を仰ぐ事が出来て良かったですね。wink

ども、花の五六八さん。

おっしゃるとおりこの登山道混雑は尋常じゃなかったです。八月の後半の週末は荒天が多かったために皆夏山登山最終日を狙ってきたのかなぁと思いました。
今日の夕刊に載っていましたが、山梨県側からの夏山富士登山者数が史上最多の24万人に達したとのこと。やっぱりブームだったのですね。

> 例の履物は活躍しましたか?天候の悪い時こそ活躍するのですが・・・!

むふふ、実は大活躍しました。足袋が縁で結んだコミュニケーションもあったんですよ。次号をお楽しみに~ (^-^)/

ども、チェリーさん。

> うわぁ~っ!すごい人ですね。
> 平日の昼間だったら少ないのですか?

もう続々と人が湧いてくるような感じもありました。これも富士登山の一側面ですね。5年前に登った富士宮口はこんなことは全然なかったです。河口湖口からの登山道はバスを使った団体さんが多く、また沢山ある山小屋から夜中一斉に登山道へ御来光狙いで出てきますのでどうしても混むみたいです。やはりルートによって大きく違うみたいですね。

平日の昼間だったらのんびり登れると思いますよ。できることならそっちの方が断然いいです。

実は今回雨に降られなかったのは山頂付近だけでした。行きも帰りも七合目以下はずっと雨模様。とりあえずと言えどもお日様が見えて良かったです。

頂上-20m...惜しい.....斜面を直登するかと思ったんですが....( ^ω^ )
こう言う状況の富士登山も有ると言うのが、今の富士山でしょうね。
下りは例のヤツで八双飛びですね。
ところでコメント欄に顔文字が入れられる様に成りましたね。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ブログもパワーアップしてますね。

(*゚▽゚)ノども~

毎回楽しみに登山紀行を読ませていただいてます。
それにしてもすごい人の数ですね。これほどとは想像もしていませんでした。(lll゚Д゚) 
山頂を目前にして進まない苛立ち、お察しします。
でも、快晴とまでは行かなくても、目的のご来光が見れて本当に良かったですね。
さすが日本一の雲海、広大な景色ですね。fuji
私も○十年前に見た雲海を思い出していました。機会があったら又挑戦してみるのも良いかな・・・などと、ちょっとその気になっています。up

ども野宿屋さん、こんばんは。

> 頂上-20m...惜しい.....斜面を直登するかと思ったんですが....( ^ω^ )

いやぁさすがに登山道を外れての登りはいかにもやばそうです。
人がたっぷり居るのも富士山。閑散としているのも富士山です。どちらも変わりはないですが、閑散期の方がより登山には向いているってことでしょうね。

> キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
> ブログもパワーアップしてますね。

おぉっと、2ちゃんねる風に攻めてきましたね。昨日突然にバージョンアップしたようです。編集画面でちょっとバグが残っており、上手くいかないのが残念ですが、ココログもがんばっているようです。

ども、ミーさんこんばんは。

> 山頂を目前にして進まない苛立ち、お察しします。
> でも、快晴とまでは行かなくても、目的のご来光が見れて本当に良かったですね。

3時間も登山道の渋滞に巻き込まれるだなんて予想もしていませんでした。御来光までに山頂へ着きませんでしたが当座の目的が達成できてまぁOKかなってところです。

> 私も○十年前に見た雲海を思い出していました。機会があったら又挑戦してみるのも良いかな・・・などと、ちょっとその気になっています。

ぜひその気を伸ばしてもう一度登ってみてはいかがでしょう。息子さんにエスコートせよと頼めばもうばっちりでしょうね。
混んでいても荒天でも、やっぱり富士登山の魅力って深いものがあるんだなぁと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/42361863

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山2008 その3:

« 富士登山2008 その2 | トップページ | 富士登山2008 その4 »