« 旧第一奈良井川鉄橋 | トップページ | 諏訪湖新作花火大会 »

2008年9月 9日 (火)

木曽路 奈良井宿

数十年前の記憶と眼前の光景をオーバーラップさせながら、時の流れを感じるのもおつなもの。ただ単に歳を取ったということだけでは表現しきれないものがあるんですよね。

NaraijukuHatagoGoheimochi

鉄橋を見に来たついでに中山道木曽路の宿場の中で妻籠(つまご)宿と列んで比較的保存状態が良いとされる奈良井宿を訪ねてみました。あくまでこちらは鉄橋のついで。
古い宿場の街並みがかなり良い感じで連なっていて、散歩をするだけでも旅人の風情を感じてしまう。まだ青々としたモミジと灯籠の組み合わせがとてもノスタルジーを感じさせてくれました。
街並みの途中にある「喫茶たなかや」宿場町に喫茶とはなにやらアンバランスに感じるが違和感はなにもないんですね。カミサンと五平餅を注文、何とも言えない味噌タレと桜湯でおいしくいただきました。お店の壁には以前秋篠宮を構える前の礼宮さまがご学友と共に立ち寄られた時の写真が。 う~む、なんだかここのところ皇族の後を追ってる感じも・・・(^^;)

旅は道連れ世は情け。編み笠かぶって振り分け荷物で宿場めぐりなんてしてみたいですねぇ。
 

« 旧第一奈良井川鉄橋 | トップページ | 諏訪湖新作花火大会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

足は中山道を南下して行きましたね。
今時は人出も少なくてゆっくり出来たのでは?
妻籠や馬籠はメジャーですから、この辺りの方が案外僕は好きです。

五平餅、ヤッパリ食しますよねえ。
飯田から妻籠へ抜ける旧街道に有る「大平峠」の茶屋の五平餅が僕の人生で一番美味い。途中の大平宿場もいい味出てますよ。もっともここは見るより泊まった方がいいかな。
http://oodaira.net/「大平宿を残す会」で詳しく。

でも、かなり旅情に浸ってますね^^/
この後再び諏訪湖へ、ってことは、やはりあそこで気持ちよく?

ども、野宿屋さん。

奈良井宿は例の鉄橋の直ぐ近くだったので寄ってみました。確かにオフシーズンなのか空いていましたね。街並みの端から端までゆっくりと散策ができました。

やっぱり木曽ときたら五平餅ですよね。ボクの食べたのはちょっと小振りでしたが、なんともいえぬ味噌だれが美味しかったです。
大平峠の茶屋ですかぁ、メモリーしました。大平宿のNPO保存運動も面白そうですね。

> この後再び諏訪湖へ、ってことは、やはりあそこで気持ちよく?

もちろんあそこで気持ち良さバリバリでっせぇ (^-^)/

Fibyさま 大変ご無沙汰しております。
時折、こちらにお邪魔してブログは拝見してはおりましたが
すっかりパソコンから遠のいた生活になってしまって・・・(^^ゞ

五平餅、やはり食べましたね。野宿屋さんのおっしゃる
大平峠の茶屋(木曽見茶屋)ってのは、むか~しにひい婆ちゃんが働いていた
茶屋でして、今はもう他の地元も方に引き継いでもらってやっている所なんですよ。

おぉ、七神さん。お久しゅうございます。お姿が見えなくなってから数ヶ月経ちましたがお変わり有りませんか?

> すっかりパソコンから遠のいた生活になってしまって・・・(^^ゞ

ご自身のブログも閉じられて、なにかとお忙しいのかなと案じておりました。元気そうなご様子でなによりです。たまにご覧いただいていたようで嬉しいです。私は見ての通り相変わらず間抜けなことを続けております (^^;)

木曽と言えば七神さんなんで、記事を見つけてくれるかなという期待も少しありました。これをきっかけにどうかたまには姿を現せて下さいね (^-^)/

木曽見茶屋ちょっと見てみました。
http://kisomityaya.hp.infoseek.co.jp/
こりゃ渋い。ほんとに峠の茶屋っていう雰囲気です。ぜひ訪れてみたいですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/42430089

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽路 奈良井宿:

« 旧第一奈良井川鉄橋 | トップページ | 諏訪湖新作花火大会 »