« 標的射撃で下準備 | トップページ | かろうじて富士山 »

2008年10月29日 (水)

ローストキジバトでまいう~

Kijibatoniku_2 先猟期での獲物は計画的かつありがたく頂戴してきたのでちゃんと味わうことができました。冷凍庫の在庫もあとわずか。今回はキジバト四羽を使ってローストキジバトを作ってみました。

丸焼きにしたほうが見た目がおいしく感じるのですが、どうも食べにくいとの評判なので胸肉と手羽に分けて焼きました。焼きながら何度も薄くタレを塗り込んで入念にローストします。ウエルダンは私の好み。手羽は肉も少ないし焦げてしまうのでタレは一度塗りです。Yakiyaki_2

出来上がりはこんな感じ。じっくり焼き込んだこのお肉もジビエの風味です。意外に美味しいのが手羽。焼きたては皮も柔らかく、かじる食感が好きなんです。ビールのつまみなんぞには最高ですぜぇ。

まいう~、キジバトいいです。次のシーズンもよろしくね。

« 標的射撃で下準備 | トップページ | かろうじて富士山 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

グファ〜!う、旨そう!
Fibyさんが調理したんですか!
鳩ってどんな味です?
こういうマメさが羨ましい。

ども野宿屋ノブさん、

んまかったですよぉ。数ヶ月冷凍しておいたのでどうかなと思いましたが、しっかりと風味が残っていて良かったです。

> Fibyさんが調理したんですか!
> 鳩ってどんな味です?

我が家では原則野生肉の料理については奥方様は手を出してくれませんのでボクが作らないといけません。これは狩猟を始めるときの条件でして今だに有効なんです。

ハトと言ってもそこいらにいるドバトと違ってキジバトは食べ物がいいのでちゃんと血抜きさえできていれば料理にはいい素材だと思いますよ。タレで焼いてしまうと似たようなお味になってしまうのですが、そこはジビエ料理。素材の野生感はしっかりわかります。

> こういうマメさが羨ましい。

なにをおっしゃるウサギさん、キャンプ場を作ってしまうノブさんのマメさには、ボクなんかとうていかないませんぜぇ。


うぅ~
旨そうですね~
炭に火を熾して待ってますから
差し入れお待ちしておりまする・・・(^_^;)

ども君ちゃん、

焼き鳥上手な君ちゃんの手に掛かったら、きっとボクが作る10倍くらい美味しく焼き上げるでしょうね。

差し入れお持ちしますぜぇ・・・っとその前に獲ってこなきゃいけないんだった (^_^;

月末に富士の丸火でオフがあるみたいですが
あちらのMLってお読みになてますか?
と言いつつ自分は行かれそうに無いのですが・・・汗

ども、ラッキーボーイ君ちゃん、
α300は絶対うらやましかったですぞぉ。

おぉっ、丸火といえば静岡の方々のお集まりでしょうか。ボクはパティオで終わってしまったのでMLには入っておりませんのです。
11月末ですかぁ、その時期の丸火はガツンと冷え込みそうです。時間が取れたら乱入(これももう死語でしょうか)しちゃおっかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/42947176

この記事へのトラックバック一覧です: ローストキジバトでまいう~:

« 標的射撃で下準備 | トップページ | かろうじて富士山 »