« 富士山頂に見る地球温暖化 | トップページ | ローストキジバトでまいう~ »

2008年10月28日 (火)

標的射撃で下準備

3ヶ月間のお楽しみ、関東地方の狩猟期間も迫ってまいりました。
やはり猟期に入る前には安全のためにちゃんと腕慣らしをしておかないといけません。というわけで珍しく装薬銃の射撃練習に行ってまいりました。

目指すターゲットのありかは千葉県金谷にある金谷国際射撃場。国際とは名が付いてもローカルな射撃場で、東京湾フェリーに乗ればフェリーターミナルまでお迎えに来てくれるのが嬉しいところではあります。

Tokyowan 船に乗って射撃行なんてなんだか似つかわしくないですな。でも車での移動と違って、船に乗るとなんだか旅気分になるから不思議です。周囲には同じパターンでゴルフに向かうおじさんたちがいっぱいいま す。ゴルフバックが鉄砲ケースに代わっただけで似たようなものかも。フェリーも車込みだといいお値段になってしまうのだけれど、旅客運賃Fune_2だけだとけっこうお安くあがるのは賢いゴルファーの方々もご承知のようで・・・
ちなみに銃器や実包を旅客船に持ち込む場合、正式には船長の許諾が必要になるのですが、以前フェリーの運行事務所へ申し込みに行ったらそのまま乗ってくださいとのことだったので告知するだけでいいみたいです。一応安全のため実包はアルミのトランクケースに入れて施錠し、銃器は釣り竿袋風にカモフラしてあります。でも見る人が見れば分かっちゃうかな。

Fiby さて今回はトラップ射撃の練習。記録を見ると前回の猟期が空けてから初めての皿撃ちになる。当たらない予感がばんばんであります。最初は飛ばすお皿を真っ正面だけに飛ぶようにセットしてもらって25枚ワンラウンドを撃つ。おぉ、意外にいくではないかの21枚が取れました。でもまっすぐだけなの (^。^)

その後の結果は推して知るべしであります。

Osara 右の画像は一緒に行った仲間の射撃シーン。遠くにオレンジ色のお皿が見えていますが、こんなに遠くへ飛ばしてしまってはさすがの散弾でも当たりません。もっと近くで捉えねば。

4ラウンドやってごちそうさま。競技射撃はスポーツです。標的に精神を集中し反動に備えて筋肉を張る。100枚のお皿を相手に対決するとけっこうな疲労感もあるものであります。射場を後にしてフェリー乗り場でお土産を物色。いつものタコワサを買って帰ります。これが好きなのよ。

Takowasa さぁ腕もほぐした。タコワサ食べて11月15日へ向けてカウントダウンでぇい。

« 富士山頂に見る地球温暖化 | トップページ | ローストキジバトでまいう~ »

標的射撃」カテゴリの記事

コメント

Fibyさん
三浦半島で猟はされますか?良い場所があればご教授願いたいです・・・^_^;
といっても、殆ど三浦市になりますけれども;

この勇士がFibyさんかあ!かっちょえ〜!
今日韮崎方面20号線を走行中、「ズキュ〜ン」「バキュ〜ン「チュド〜ン」って射撃場からの爆音が響き渡ってましたよ。季節なんですねえ。
散弾の練習で単発?って言うのかな、一発づつ射つの。あれはやらないんですか?

今年は鹿と巡り会ったら引っ張って来ます。Fibyさん解体宜しくね^^/

srhunterさん、初めまして。コメントありがとうございます。数あるブログの海から当ブログを見つけて下さり嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

三浦半島での猟場(乱場)はハンターマップをごらんいただけばおわかりのように非常に少ないですが存在はしていますよね。その中でも装薬銃で猟ができるところはさらに限られてしまうのは間違いないでしょう。srhunterさんは地元の方でしょうか。空気か装薬かで考え方も変わってくると思います。

三浦では小沼でコガモやヒドリガモを5号弾で獲ったことはありますが、今はアシの面積が広がってカモがアシの中に入ってしまってまったく見えなくなってしまいNGになってます。

やはり三浦半島であえてやるなら銃猟は空気銃かなと思います。大楠山にも可猟区があります。でも深く山に入っていると散弾が空から降ってくることがありました。

狩猟をするには三浦半島は不向きです。神奈川県なら北部か西部へ行くべきでしょうね。

ども野宿屋ノブさん、

> 今日韮崎方面20号線を走行中、「ズキュ〜ン」「バキュ〜ン「チュド〜ン」って射撃場からの爆音が響き渡ってましたよ。季節なんですねえ。

はい、韮崎には県立韮崎射撃場ってのがあって国体の会場にも使われたいい射撃場だと聞いています。この時期ハンター諸氏は来るべき狩猟期に備えて腕を磨く練習に余念がないのでしょう。山梨県は射撃場の数も多いので競技人口も多いのではと思います。

> 散弾の練習で単発?って言うのかな、一発づつ射つの。あれはやらないんですか?

散弾はその名の通り細かいショットコロンという玉が一つのシェルの中に300前後入っているんです。対してノブさんの言われているのは一発玉と言われるシェルの中に玉が一つしか入っていないスラッグ弾と呼ばれるものだと思います。これはお皿を撃つ弾ではなく、標的紙の円を狙う射撃となり射撃場がまったく異なるんです。

散弾と違って一発玉はすごい反動があってあまり数が撃てません。ボクも四発撃ったら肩にアザができていました。普通の散弾だったら一日200発撃っても平気なんですけどもね。

> 今年は鹿と巡り会ったら引っ張って来ます。Fibyさん解体宜しくね^^/

おぉ、とうとうその気になりましたね。葉巻一本いただければお手伝いに参上つかまつりますぜぇ (^。^)


Fibyさん久しぶりです。
もうすぐ、待ちに待った三ヶ月間の狩猟期間が始りますね。

私の方は一年中狩猟期間的感覚です。狩猟期間中でも「駆除」許可
が有ります。何か疲れます・・・

Fibyさんの仲間のクレー射撃ですが、利き手が左なのでしょうか?目
が左利きなのでしょうか?それとも両方でしょうか?15m射台から
狙い過ぎて撃てない様にも見えます。

最近、忙しく本当にご無沙汰致しました。

ども花の五六八さん、お久しぶりです。

いよいよですねぇ。ボクは今日遅まきながら実家で代行してもらっていた登録証とバッチを受け取ってきましたよ。一種でいこうかとも悩みましたが、へっぽこは空気だけでいいやと今年も控えめに攻めることにしました。

> Fibyさんの仲間のクレー射撃ですが、利き手が左なのでしょうか?> 目が左利きなのでしょうか?それとも両方でしょうか?
> 15m射台から狙い過ぎて撃てない様にも見えます。

おぉさすが花の五六八さん、鋭いところを突いてきますね。
おっしゃるとおり彼は左利きの左効き目らしいのですが、右方向ににクレーが飛んで銃で追いかけているとき、左から右に効き目が変わることがあって困るときがあると言っていました。
画像の状態は「初矢を失中して二の矢を撃つのに狙いを躊躇しているうちに皿が遠くへ行ってしまったの図」っていうところでしょうか。
彼は私なんぞよりキャリアはずぅ~っと長く、20年選手なんですよ。

> 最近、忙しく本当にご無沙汰致しました。

駆除の期間が過ぎて逆に猟期に入るとお暇になってくるのでしょうか。駆除担当の方々も期待されている手前責任もあって大変ですよね。
相も変わらずろくでもない記事を書いていますが、お暇なときは是非お立ち寄り下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/42936487

この記事へのトラックバック一覧です: 標的射撃で下準備:

« 富士山頂に見る地球温暖化 | トップページ | ローストキジバトでまいう~ »