« Googleのストリートビュー取材車と遭遇 | トップページ | 狩猟解禁日はキャンプで »

2008年11月14日 (金)

晩秋の富士山あれこれ

先日の里山歩きのついでに見てきた富士山あれこれ。以下は富士五湖のひとつ山中湖近辺から見た秋の富士山です。

FujisanchouFujiyamanakaFujimikuni
山頂あたりをズームしてみると、今年8月末の富士登山で地下タビダッシュをした下山道がノコギリのように見えておりました。あの下山道は細かい火山礫で、駆け下りても気持良かったです。
山中湖畔と三国峠から見た富士山。共に富士撮影の定番であります。ススキの具合はもう少し枯れるともっと絵になるでしょうな。それでもボクの目には十分美しく見えました。

Fujitanzawako 天気は良くなかったけど富士がかなりくっきり見えるいい日でした。丹沢湖まで回るとここでもモミジの葉陰から富士がのぞいています。この日は雲が多くても空気が冷え込んで澄んでいたので遠くまで見渡せたのでしょうな。

秋本番、富士山周りの秋もどんどん深まっていくようです。

すわて、あしたは狩猟解禁びぃ♪

« Googleのストリートビュー取材車と遭遇 | トップページ | 狩猟解禁日はキャンプで »

富士山」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ 

やはり富士山は日本一の山ですね。何処から見ても絵になる・・・
この中ではススキの向うに見える画像の富士山が私は好きかな。
プリントして飾っておきたいような写真ですね。
そう言わしめるfibyさんの腕ですねgood
ステキな富士山を見せていただき、ありがとうございます。

どもミーさん、

面白いもので、円錐形の富士山なんですが、東西南北見眺める角度によって全然趣が違うんですよね。ボクのようなシロウトが撮ってもやはり富士は富士なんです。写真を趣味にする者の期待を裏切らないのも富士山のいいところです。

ススキはミーさんのお住まいの所よりはまだ進みが遅いみたいです。もう半月もすれば雰囲気がまた変わるでしょうね。その頃また訪れてみたいです。

さて、飛び道具も用意しました。週末は里山を歩いてまいります。

本日駒ヶ根からの帰りは高速を極力使わない山越えルート。
やってましたねえ、ドンパチ、基、狩猟を。林道を上がりきった所に軽トラが10数台も。来ちゃ行けない雰囲気がプンプン。離れた所にハンティングベストを着たハンターの方々。心無しか目付きがギラっていたような。何しに来たって感じ? ^^;
そこから暫く走った広く成った眺めのいい広場で休憩したら、地面に何やら赤黒いテカッた塊が....な、内蔵!棒でつついた感触はレバーみたいな...間違えて射たれちゃたまらんと、早々に退散しました^^;
遠くで「パーン、パーン」当たったのか二発で終了。途中又しても鹿とニアミス。もー嫌!クラクションの連射で応酬しました。場所は高遠の山中でしたとさ。

ども野宿屋ノブさん、
獲れたて焼き鳥キャンプから帰宅しました。

おぉ、初猟の皆さんと遭遇してしまったのですね。確かに初日は皆気合いを入れて山に入りますので目付きも違うかもですね。
駒ヶ根は南アルプスのふもとですから鹿も多そうですね。また鹿身事故を起こさぬようご注意ください (^_^;)

仲間から初日の結果のメールがけっこう入ってきています。伊豆の組は土日でシシを計4頭と良い調子のようでした。まぁ私は人様の目をはばかりつつ、静かに焼き鳥のネタをとるくらいがいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/43114844

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の富士山あれこれ:

« Googleのストリートビュー取材車と遭遇 | トップページ | 狩猟解禁日はキャンプで »