« 紅葉観ながら里山めぐり | トップページ | Googleのストリートビュー取材車と遭遇 »

2008年11月12日 (水)

紅葉燃ゆ 道志編(猪付き)

先日の里山巡りの折り、ついでにきれいな紅葉を眺めたく山梨県道志村まで足を伸ばしてみました。

このあたりは以下の通りのすばらしいコントラスト。まさに秋の風情そのものって感じでした。三枚ばかりですがご覧下さい。

Kouyou_doshi1_3Kouyou_doshi3Kouyou_doshi2

ついでに道志村在住のキミちゃん、トモちゃんとご挨拶。キミちゃんはなんだかさらに大きくなったようKimichaneye で体重100Kgは軽く超えてますな。あまり眺めているとブーと威嚇してきます。やはり野生児。
対するトモちゃんはまだまだ甘えんぼ。オーナーの娘さんからミカンを貰って喜んでおりましTomochanesa た。そのトモちゃん、過去三度ほどこの小屋から脱走したことがあるらしいが、ちゃんと戻ってくるとのこと。この小屋の裏は深い森なのに、やはり人から餌をもらうようになってしまうと自然には戻れないのですな。

私の漬け物好きも元へは戻れないのと同じです・・・って違うって (^_^;

« 紅葉観ながら里山めぐり | トップページ | Googleのストリートビュー取材車と遭遇 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

同志の紅葉いい感じですね。僕の所は未だ少し色付いた?って位なのになあ。
ともちゃんはマダマダおこちゃまなんですね。その内きみちゃんみたいに「ブー」ってなるんでしょうね、寂しいですが。

奥様、美味しい漬け物をちゃんと用意されてるんですね。
「帰って来んかい!」と言う事で。 ^^;

ども野宿屋ノブさん、
さすがに道志のモミジは色づいていましたよ。その日は日中でも5度くらいでしたからさすがに寒いなと感じました。

トモちゃんはまだかわいいですね。オーナーに伺うと、猪がシマシマのうり坊でいる期間は生後一ヶ月くらいなのだそうです。トモちゃんも小さいだけで見た目は大人と同じですが、やっぱりまだ子犬みたいな感じです。

ボクはもう漬け物大好き人間なので、晩飯においしい漬け物が用意してあるという情報を察知すると、帰巣本能が二乗になるんですよぉ。
実は道志道の駅で売っている大根の甘酢漬け290円が密かに好きだったりします(^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/43094237

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉燃ゆ 道志編(猪付き):

« 紅葉観ながら里山めぐり | トップページ | Googleのストリートビュー取材車と遭遇 »