« スキーは草津ぅ | トップページ | 猪鍋で猪突猛進 »

2009年1月20日 (火)

鴨の手づかみ猟

先日のこと。ネットをうろついていたら、「鴨の手づかみ猟」なる記事を見つけた。なんでも餌をまいて鴨さんとお友達になって、足下に寄ってきたやつをむんずと掴んで捕まえてしまうというもの。ほうほう、なんか楽しそうではないですか。

簡単にできるとは思わなけれど、ちょっと興味があって試してみようという気になったときのこと。ホームセンターのペットコーナーでそれ用の餌を物色。もちろん鴨用なんて餌は売っていないのね。以前に残りのハムスターフードをくれてやったらけっこう追いかけてきたので、どうかなと思うとけっこうこれがお高い。値段と分量でウサギの餌を買ってみた。これで寄ってきてくれるかちと不安だけど・・・

Ezuke いつもの鴨池で、まず桟橋の上からウサギの餌をばらまいてみた。おぉ、悪食の鴨たちはけっこう寄ってくるぞ。まずはせっせとばらまいて安心させる。おしおし、こんなもんでいいかなと、今度は鴨が上がってこれる陸地の縁からばらまいて寄らせてみよう・・・みよう・・・寄ってこないじゃ~ん (-.-)

Failure いくらばらまいてもまったく鴨たちは寄ってこない。右の画像のように安全距離をしっかり取っている。だめだこりゃ。湖沼にいるアオクビアヒルのような合鴨だったら人慣れしているので手づかみにもできそうな気がしますが、さすがに野生の鴨は手強かったです。きゃつらも馬鹿ではありませんわな。

大袋で買ってしまったラビットフード・・・どうしましょうか・・・

« スキーは草津ぅ | トップページ | 猪鍋で猪突猛進 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

捕れたらご馳走になりに行きますぅ・・・ふふふ
(これに似たことはやったことがあるよ、罠猟で)

東北の白石で白鳥の餌付け場に行った事が有ります。
白鳥の他水鳥も沢山給餌場に集まってましたが、そこに鴨が居たかは記憶に有りません。もし居たとすれば彼らにとってもここは安全に飯が喰える場所として認知されているのでしょうか。
しかし足元に寄って来た鴨を手掴かみしてしまう、ダイナミックかも^^;
宇宙巨人に呼ばれ人間が足元に寄ったら掴まれて喰われた、なんてのを想像してしまいました。彼ら鴨は人間より必死に生きているんですねえ。美味しい情報にホイホイくらい付かない、人間より賢い?^^;
左上の「鴨きも」マーク、結構沢山バリエーション有るんですねえ。

ども師匠、
こんなことで鴨が獲れれば世話無いですよね (^_^;)
カルさんがやられたのは網猟になるんでしょうね。やはりこんな発想には網と罠猟免許が必要になりそうですね。

魚釣り用の大型玉網ですくうことも考えましたが、これは「つき網猟」でやはり罠猟免許が必要になりそうな気がします。

今度一緒にやりましょうよ。ボク餌を蒔く人、カルさん網の人ということで (^-^)/
餌はまだたんまりありますぜぇ。

ども野宿屋ノブさん、
宮城県の白石ですね。よく報道される白鳥の餌やり場には、白鳥よりガン・鴨類の方がいっぱい集まっている写真や画像は目にします。

餌やり場で足下に寄ってきた鴨を手づかみししまうのはなんだか卑怯な感じもしますよね。ここはひとつ鴨たちと英知を掛けた戦いを挑むべく別の作戦で行くべきかなとも考えました。これも狩猟の楽しみのひとつです。

> 宇宙巨人に呼ばれ人間が足元に寄ったら掴まれて喰われた、なんてのを想像してしまいました。

ボクがきれいなおねいさんに吸い寄せられるのと同じですね (^_^;)

鴨きもロゴは職場の仲間が暇を見て作ってくれているのを時期を見ながらチェンジしています。けっこうバリエーションがあってありがたく思っているんです。ブログの基本デザインは全然変えていないので、こんなところでアクセントを付けております。

気がついて下さり嬉しいです。ちなみに紫のロゴは「ドラゴンボールエディション」であると彼が言っていましたぁ (^o^)

>餌はまだたんまりありますぜぇ。
がぁ~ん、只今身動きとれまっしぇん車がドックなもんで。トホホ

罠(免許?)って2種類に分かれたんだね(網免許と罠免許かな?)
で、今もっているのどうなるんだろう・・・あまり興味ないけど。

が、しかし神奈川で猟をやるには罠(網)が一番良いと思う。神奈川はほとんど銃禁ではあるが罠はその逆でほとんど何処でもできる。
ただし人目がねぇ・・・偶には「生き物殺して面白いか」などと言う奴もいるし~

どもカルさん、
車がドック入りですとぉ。このハイシーズンに足がないんじゃまずいじゃないっすかぁ。足尾の山は良い感じになっているんじゃないでしょうか。

確か網猟免許が網と罠で、罠猟免許が罠だけじゃなかったでしたっけ。どっちにせよボクには出来ない猟法です。
鴨は網で捕ってみたいですね。投網を投げればごってり獲れそうですが、法廷猟具ではなさそうなんでやっぱだめかな。

生き物殺して面白いかなんて言って欲しくないですよね。生き物食べて面白いかと問われたら、むちゃんこ面白いですと言いたい。

>。足尾の山は良い感じになっているんじゃないでしょうか。
暮れに行ったきり行ってましぇん、しかも暮れは大雪で神社の雪掻きを手伝いましたんよ、んなわけ今期はまだ発砲してましぇんトホホ

>鴨は網で捕ってみたいですね。投網を投げればごってり獲れそうですが、法廷猟具ではなさそうなんでやっぱだめかな。
↑これ冗談?・・法廷猟具だろうがなかろうが、投網で捕れたら凄いよ
マジで投網云々言ってるんだったら止めといた方が良い、法廷猟具だとしてもね。

鴨は普通、谷切網か無双網でやりますが(どちらも法廷猟具)場所とか地形が猟果に影響します、この辺を十分熟知し仕掛ける場合にはよく検討しなければ・・。其の前に網の操作にも十分慣れておく必要もありますけどね。

ちょっと脱線しますが、神奈川での猟は1種2種より罠(網)のほうがベターだと思うのだけど・・・鴨の習性はたまた四足の習性をみれば銃器を使うより確実に捕獲できると思うのだが田舎(ちょっと差別用語かなこの場合に限ってごめんです)より、都会はエリアが狭いし、仮に鴨をやるとしたら其の習性は川面に飛ぶし・・すると「動きがわかる」=「罠も仕掛けやすい」。これが田舎だとエリヤも広いし、一人30個の制限も足りないってなことになる。
それに罠(網)であれば時間無制限、捕獲数は鴨であれば猟期間中200羽までOKですし、個人で消費するんであれば飽きてしまうけどね(笑)
如何でしょう都会の狩猟・・一考の余地ありと思うのだけれど

やり方の伝授はしますよ。(マジなら)

>生き物殺して面白いかなんて言って欲しくないですよね。生き物食べて面白いかと問われたら、むちゃんこ面白いですと言いたい。
こういう輩とは関わらないで無視、そもそもこういう輩は手薬煉引いてまってるんよ。それでも言う様なら・・・ってここには書けないなぁ御免。

どもカルさん、

> 暮れに行ったきり行ってましぇん、しかも暮れは大雪で神社の雪掻きを手伝いましたんよ、んなわけ今期はまだ発砲してましぇんトホホ

ありゃま、もう猟期は一ヶ月ないですよぉ。おおっとぉ、群馬は熊・鹿猟に限っては月末まででしたね。ボクも少ないチャンスを無駄にしないよう通いたいと思います。

> ↑これ冗談?・・法廷猟具だろうがなかろうが、投網で捕れたら凄いよ
> マジで投網云々言ってるんだったら止めといた方が良い、法廷猟具だとしてもね。

はい冗談です。でもって漢字間違えましたぁ m(_ _)m
餌蒔いて寄ってきた鴨を上から投網を投げてがばちょと獲れたらいいなというシロウト考えでして他意ははありませんです。

網・罠猟を始めるとほんと猟師って感じですよね。ある意味ディープな世界を感じます。装薬銃を撃てる山がほとんど無いのは私も浅はかながら認識しております。都会では網・罠でしょうか。う~む俄然やる気が沸いてきてしまいます。

> 如何でしょう都会の狩猟・・一考の余地ありと思うのだけれど
> やり方の伝授はしますよ。(マジなら)

マジにその気になってきました。今年の夏は網・罠免許を取りに行こうと思います。その節はご指導よろしくです。

鴨の手づかみ猟は、狩猟法違反です。
御存知だとは思いますが…

クレヨンさん、こんばんは。コメントありがとうございます。えっとご挨拶させていただくのは初めてですよね。今後ともよろしくお願いいたします。

さてコメントいただきました以下の件ですが・・・
> 鴨の手づかみ猟は、狩猟法違反です。
> 御存知だとは思いますが…

全然存じ上げておりませんでした。といいますかそのような認識は持っておりませんでした。

狩猟法という法律は無いので「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」のことをおっしゃっているならば、その条文の中には手づかみで鳥獣を捕獲してしまうことを違法とする部分は存在せず、行為自体は合法のものであると私は理解をしております。

平成14年に改正された通称「鳥獣保護法」の第十一条「狩猟鳥獣の捕獲ルール」の中では環境大臣又は都道府県知事の許可を受けないで、狩猟鳥獣の捕獲等をすることができる場合の例として イ 法定猟法以外の猟法による狩猟鳥獣の捕獲等 という記述があります。この第十一条の全文を解釈するなら、法定猟法と禁止猟法を除く自由猟法(手づかみやらパチンコ使用やら)において、県で定めた狩猟期間内でありなおかつ可猟区であるならば狩猟免許所持や狩猟者登録を行わずとも狩猟鳥獣の捕獲ができるものと私は解釈をいたしております。

ただし私がとんでもない誤解をしている可能性も否定できません。鴨の手づかみ猟が違法とされる理由をどうかご説明いただけないでしょうか。

ちょっと鴨にはかわいそうなことなので、動物愛護法に抵触するかな。でも同法は愛がん動物が対象なので狩猟鳥獣は対象外でしょうね。

鴨の手づかみ猟は合法です。

いろんな人間が居ますから・・・ ね!
他、法定狩猟具や銃刃法、有害鳥獣駆除・・・etc
わけも分らず自分の頭の中で勝手に「法律」を作る人が居るんですよね~~ 手より石や棒の方が少し良いかもね・・・! だけどプライドが・・・

先日Fibyさんのブログ拝見したら偶然に「111111」でした。保存して置きましたよ。

ども花の五六八さん、コメントありがとうございます。

> 鴨の手づかみ猟は合法です。

と考えておりましたが、ボクも思い込みの激しい人なので間違っていたらまずいなぁとは思っておりました。
しかし仮に法的に問題ないとしても手づかみ猟は衆目の視線の中ではできるものではないですね。動物虐待に見られて通報されそうです (^_^;

> 先日Fibyさんのブログ拝見したら偶然に「111111」でした。保存して置きましたよ。

おぉ、すんごい。横並びですね。その画像、ぜひ花の五六八さんのテラバイト級ハードディスクの片隅にでも置いておいてくだされば、きっと良いことがありますよ (^o^)

昨日送りました。
確認して下さいね!

ども花の五六八さん、ありがとうございます。
確かに頂戴しました。お手数をお掛けしました。なんだか横並びの「1」が鮮やかですねぇ。
1からスタートしてここまで来たかと感慨無量であります。

何度も餌を投げてえづけするところから始めたらどうですか

コメントありがとうございます。

> 何度も餌を投げてえづけするところから始めたらどうですか

それも手かもしれません。ですが鴨たちも心得たもので、足元にこれそうなところで餌を蒔いても安全なところから近寄ってこないんです。人の気配が無くなるとさっと寄ってきてばくばく食べるんですよね。なかなか難しそうです。

ここの池は銃猟禁止区域ですが自由猟法はできそうな場所です。でも衆目の視線が痛そうなのでその後行ってはいません。この池では鴨は眺めるだけがいいみたいです。

はじめまして。興味深く拝読させていただいています 素潜り主婦といいます。猟銃の申請もしていますが網と罠にもともと興味が有り狩猟の世界をのぞき見中です(前猟期は解体練習にあて自信つきましたので次回猟期から参戦予定です。
さて、鴨の網猟を考えていて、投網がよさそうと勝手に決め、仕掛け?など考えていたのですが(潜られてしまうように思い・)コメント欄をチェックさせていたあいてますとどうやら冗談のご様子!!
あきませんか? いや、わたくしかなりいけるかな・・・なんて妄想していたのですが・・・。 ネットランチャーなんかも良いなとか・・・
あかんのかあ~!と、衝撃を受けついコメントさせていただきました。 が、やっぱ試してみるんだろうなあ~。わたし、そうとう馬鹿です(笑) 長文失礼しました。 更新楽しみにしています。これからもどうぞよろしくです。


こんにちは、素潜り軟弱主婦さん、初めまして。

こんな辺境のブログにお越し下さりありがとうございます。ご覧の通り主題の定まらないちゃんこ鍋みたいなブログですがどうぞよろしくです。

Yahooブログは少し拝見しました。初心者講習をめでたく合格されたようですね。おめでとうございます。実技教習を受けると直ぐに鉄砲を入手する算段をしなければならなくなるので、時間はあるのでじっくりと考えてからでもよろしいかと私も思います。

網猟は面白そうですよね。私も銃猟禁止区域にいる鴨なども投網で一網打尽だぁなんて浅はかな考えを持ちましたが、手が後ろに回らない前に気がついて良かったです。狩猟免許を取得してからはまずいですが、その前でしたら・・・なんて考えちゃぁいけませんよね。

なかなかワイルドな生活を送られているご様子。私なんぞは足下にも及びませんね。海を制して次は野山へおかず探し。ステキなご家族と思います。

お気に召しましたらたまにここも覗いて見て下さいね。まずこのブログには役に立つ情報は無いと思いますが、情報交換は出来そうな気がします。なにとぞよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/43802019

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨の手づかみ猟:

« スキーは草津ぅ | トップページ | 猪鍋で猪突猛進 »