« キジバトの獲り方 | トップページ | 鴨の手づかみ猟 »

2009年1月19日 (月)

スキーは草津ぅ

人間の欲望とは限りないもので、好きな事をするときには苦にならないんですね。
土曜朝の4時起きで車で2時間掛かる猟場へ鳥撃ちに行って、川で獲物を精肉し、とって返す刀で夕方から半泊のスキー行に出かけるという週末充実プラン。日本人らしく忙しかったですが上等でした。

Youth 獲物を冷凍庫へ収めたら、スキー板担いで仲間の車に便乗して夜の高速道目指すは群馬県草津。スキーと共に硫黄ぎんぎんの酸性温泉にも期待です。

本日の半泊は草津のユースホステル。私がうん十年前に利用していた頃のユースは飲酒は御法度、食事後にミーティングやレクゲームなどの時間があってかなり制約も多かった。でも素泊まり千円前後で泊まれて金欠だった私などは大変助かったものだが、今では普通の旅館とあまり変わらない。非会員だと半泊素泊まりでも4千円くらいする。あまりリーズナブルとは言い難い。しかも相部屋なので同室の方々と仲良くなれる反面、照明の入り切りひとつでも気遣いを忘れることはできない。草津には無いがスキー場近辺の仮眠所なら無料や1000円台で探せばけっこうあったりするのでその点も痛し痒し。
意外だったのがユースとは言いながらも、お客さんの半数以上は私のようなおっさんとシニアの方々だ。この辺も時代を感じてしまいますな。

WalkwayAobayama_2Seppi 日曜日は上天気、板を担いで仲間の後を追います。木立の中をゲレンデまで続く林道を歩くのも気持がいいです。リフトを乗り継ぎ最初に降り立ったのが草津スキー場青葉山ゲレンデ。ご覧の通り朝一番はがらがら~。斜度20度の真っ平らな斜面はスピードの乗った大回りターンに最適。エクスタシーですなぁ。リフト降り場の上を見上げると雪庇が目に付いた。これがもう少しデコッパチ状態になってくると雪崩の危険がありそう。散弾銃でも一発ズドンと撃ったらどどっと来そうだ。

今回一緒に滑ったのがSAJ指導員とSAJ一級所持者。どちらも私から見れば雲上人だ。先生から課題をもらった。草津名物のロングコースである振子沢トド松コースからJyuhyou_2水沢コースに至る両コースを休みなしで降りること。どちらも延長で3000m前後のコースになり所々30度の斜度がある。無駄な力が入っていたら絶対に一気滑りなんてできない。力まない滑りを心がけるにはいい練習かも。結果は振子沢はなんとか達成、難度の高い清水沢は一回休まないとだめでした。次回の目標だなこりゃ。リフトからは樹氷がきれいでした。こんな風景に酔うのもスキーの醍醐味のひとつですな。

Tsubasayu 最終リフトまで滑り込んでくったくた。草津はタダの公衆浴場が有名なので一丁浴びて帰りましょう。向かったのは巽の湯。雪がぱらぱらと舞ってきて良い感じ。先客の地元の方にご挨拶して使わせていただく。いやぁ刺すような酸性湯がまたいいですなぁ。これぞ源泉掛け流しの真髄です。

高速道路の夜間早朝割引や深夜割引を使ってその足で500Km走って深夜帰宅。いやぁ充実の週末、いいっすねぇこんなのも。でもちょっと疲れたぁ・・・

« キジバトの獲り方 | トップページ | 鴨の手づかみ猟 »

スキー」カテゴリの記事

コメント

skiおはようございます
すご~い、充実の週末でしたね。
振り子沢からの長いダウンヒルコースはさぞ滑ったという気持ちになったことでしょうね。

実は私は草津スキー場の振り子沢は滑ったことがありません。草津と言うと混んでいるというイメージが強くて、我が家のメンバーには近くて遠い存在かも。面白い事は聞き知っているのですが。でも、今度機会を見つけて行ってみたいですね。
お上手な方たちとのスキーはお話を聞くだけでも勉強になりますし、良いお友達がいらしていいですね。
今日あたり心地よく膝がパンパンかな・・・・・("⌒∇⌒")

ども、ミーさん。

白根山からのダウンヒルはこの日4~5回やったかな。さすがに3Kmのコースをこれだけやると、おっしゃるとおり滑ったなぁという気になりました。そのほかリフトには20本位乗れてもう満足の巻です。

> 実は私は草津スキー場の振り子沢は滑ったことがありません。草津と言うと混んでいるというイメージが強くて、我が家のメンバーには近くて遠い存在かも。面白い事は聞き知っているのですが。

えぇ~っ、それは意外でした。ご近所におられるのに温泉の方が主体なんですね。
ミーさんのそのイメージは変えた方がよろしいかもしれません。1月のハイシーズンの日曜日、しかも晴天無風の絶好のスキー日より。これでゴンドラが最長で5分間待ち、ほとんど待たずに乗れました。リフトは全て搬器が待っている状態でリフト待ちゼロ。ダウンヒルコース以外のゲレンデはどこもガラガラで、すっ飛ばしても衝突の危険無し。
正直言って、週末がこんな状態でちゃんと経営が成り立つのか疑問に思うほど空いていましたぜ。

巽の湯で地元のおじいちゃんとお話したのですが、最近はほんとにスキー場が空いていると言っていました。混んだのは正月休みくらいで、昔のめちゃ混みスキー場の面影はまるでないんだそうですよ。あれじゃぁリフト待ちに並んだ時にお休みが出来ないので忙しいだろうとおじいちゃんが気遣ってくれましたよ。

ミーさんにはお茶の子さいさいでしょうが、ぜひトド松コースから清水沢へ至る3Kmのコース一気滑りを何本かやっていただきたい。こういうコースは鹿沢にもパルコールにも無いでしょうから面白いですよぉ。

草津ですか~いいですね!
もう10数年行って無いなぁ!!

指導員さんと行けるなんて羨ましい限りです、
あぁ~上手くなりたいなぁ~っと・・・

しかし、凄い行動力(◎_◎)

ども、君ちゃん。

> 草津ですか~いいですね!
> もう10数年行って無いなぁ!!

君ちゃんファミリーは関越トンネルの先まで行ってしまうのでスキー場もある意味よりどりみどりでしょうけど、ボクらは高速道の夜間早朝割引や通勤割引を駆使していかに安く高速料金を上げるか検討すると、駒寄経由の草津になっちゃうんです(^o^)

空いているのは平日の舞子ばかりではなさそうですよぉ。日曜日であるにもかかわらず草津のこの空き具合には驚きました。

> 指導員さんと行けるなんて羨ましい限りです、
> あぁ~上手くなりたいなぁ~っと・・・

指導員先生の目からすると、へたっぴがちゃらちゃら滑っているのが目障りなんでしょうね。強力な教育的指導がありまして一緒に滑るにも大変です。でも言われることは確かに正しく、なるほどなぁと感心することしきりです。

先生曰く、「板をもっと信頼せよ。板に任せればちょっときっかけを与えてやれば板が黙ってターンしていくのだ」とのこと。
まだ私はスキー板との信頼関係が確立していないようです (^_^;)


僕もちゃんとETC割引は使ってますよ~
朝は駒寄まで早朝割引、そこからは通勤割引使ってます、
帰りはカードを2枚使い通勤割引×2と涙ぐましい努力してます(^_^;)
草津も行きたいのですが、往復を1人で運転だと下道が長いのは辛い~のは言い訳です・・・汗
草津の温泉いいなぁ~~~
長女は免許取ったのになぁ~

そして、何々、板との信頼関係ですとー(◎_◎)
僕の板は思っても無い所で勝手に曲がってくれますー
信頼関係ゼロですね(>_<)
そんな指導を受けてらっしゃるFibyさんと滑るのは無理~ですね(^_^;)

ども君ちゃん、
やはり賢者はETCカード2枚作戦ですね。ボクももう一枚作りたいなぁ。国の第2次補正予算成立後にも実施されそうな高速道路料金の大幅引き下げには大いに期待しています。でもそれと引き替えに消費税アップはどうも・・・

今回は駒寄からずっと一般道で草津まで行きましたが、友人がけっこう道路通でして県道・国道のマイナーなルートを通ってなかなか早く着きましたよ。高速降りて1時間弱ってところ。草津もそんなに遠くないっすよぉ。タダ温泉最高です。

> そして、何々、板との信頼関係ですとー(◎_◎)
> 僕の板は思っても無い所で勝手に曲がってくれますー

SAJ指導員ともなるとうんちくもすごいんですよ。でも確かに言っていることは実感として分かることも多くて、ここは素直に聞いております。
スキーはそれぞれのレベルごとに楽しさがあるのはもちろんです。ボクもこの年まで楽しく滑れりゃいいやと思ってきました。でももう少し上手くなればもっとぽ楽しくなれるというのも事実と思うんです。

まだボクはこぶを上手に滑れませんが、これをぽんぽんと滑れたらどんなに面白いだろうと思うところはあります。上手くなる即ち楽しみの幅が広がるということかな。
スキーは深い。ボクはまだ入り口に入ったかなというところ。少しだけ欲を持っていきたいなと思います。

> 信頼関係ゼロですね(>_<)

じゃじゃ馬スキー板を手なずけるのもまた楽しです。

> そんな指導を受けてらっしゃるFibyさんと滑るのは無理~ですね(^_^;)

指導員先生のうんちく指導を受けるのは年に一度だけです。それ以外は勝手気ままに好きな滑りをしていますよぉ。他の資格受験生の方と一緒に滑るとなんか滑っていても楽しくないんですよね。目的が違うと楽しみ方も違うという好例です。

舞子の裏ゲレンデを誘ってくださいよぉ。実は表ゲレンデしか滑ったこと無いんですぅ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/43787679

この記事へのトラックバック一覧です: スキーは草津ぅ:

« キジバトの獲り方 | トップページ | 鴨の手づかみ猟 »