« 雪灯籠に願を掛けて | トップページ | 飛騨高山 その1 旅館編 »

2009年3月 7日 (土)

一斗缶に見るせんべいのロマン

Waresen カミサンが買ってくれたセンベイの一斗缶です。おまけのセンベイ袋詰め付き。

この中に高級こわれセンベイがぎっしりと詰まっているのです。小腹が空いたときには重宝するんですよこれが。たっぷりと入っていてもリーズナブルなお値段。まさにセンベイ大好き親父向きの商品です。

あまりボリボリやりすぎて、ウエストのメタボラインを越えないようにしなきゃ (^。^)

« 雪灯籠に願を掛けて | トップページ | 飛騨高山 その1 旅館編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

燻製作るのに丁度いいような缶ですね。(^^;

ども、なおなおさん、

そっかぁ、燻製缶にはいいかもですね。ブリキ製ですから穴も明けやすいし吊すのも容量があってよさげです。良いアイデアをいただきました。このカンカンは捨てないで取っておきますです。

千葉では落花生の一斗缶。
新潟では柿の種のデカ缶。
いずれも沢山有って幸せ感が有りますよね。
このせんべいも当分は幸せが続くでしょうね。
ご夫婦でお茶をすすりながらお幸せににい^^/

せんべいおいしそうですね!私もよく食べますよ。

ども、野宿屋ノブさん、
おっしゃるとおり量の多さは幸せ感に比例します。いっぱいあると安心なんですよね。
カミサン子供はセンベイはあまり食べないんです。これはほぼボク専用。幸せは独り占めです。

ブログ拝見しました。沢山の幸せと少しの不運が重なってのスタートになったようで、拝見してどう思ってよいのやら考えてしまいました。でもさすがノブさんはさらりとプラス思考でかわすところがさすがです。そちらもどうか末永くお幸せに。

FSさん、どうもコメントありがとうございます。

おせんべ美味しいです。なにも考えずにお茶をすすりながらボリボリっていうのがいいですね。
これだけあれば当分幸せが続きそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44269059

この記事へのトラックバック一覧です: 一斗缶に見るせんべいのロマン:

« 雪灯籠に願を掛けて | トップページ | 飛騨高山 その1 旅館編 »