« スキーも終わり2009 第二部 | トップページ | タイワンリス尻尾加工・いんちきアクセサリー総集編 »

2009年3月31日 (火)

松本城と鉄砲コレクション

父ちゃんのお楽しみの後は、ちゃんと母ちゃんへフォローを欠かさないのが夫婦円満の秘訣。千円高速道路へ乗る前にあちらこちらへ寄って帰ります。

Noyaki 川筋の道路を気持良く流していると・・・河川敷から火の手が上がっている。火事だ!と思ったものの、3秒後には野焼きだと気がつきました。ちょっと車を止めて眺めてみると、あっちでもこっちでも煙が上がっている。きょうはこの地方の野焼きの日なのかもしれない。別に消防車が待機するわけでもなく、あちこちに人が付いているわけでもなく、至って冷静に燃しているのが印象的でした。

Matsumotojyo_2 天気も良いので国宝・松本城へ。このお城がまたきれいなお城で、こじんまりとはしていても中へ入って天守閣まで登っていくことができるのはとても興味深い。さすがに国宝だけあって戦国時代の風情を程良く残しております。ちょうど梅の花が見頃。お城ときれいなコントラストを描いておりました。

このお城に入って驚いたのは、戦国時代に革新を遂げた鉄砲についての展示がとても充実していたこと。聞けばこの鉄砲は松本出身の個人が持つコレクションを寄贈されたものなんですと。その鉄砲の数なんと140丁。展示してあるのはその一部になるがそれでもすごい。展示の仕方も巧みで、これだけでも一見の価値はあるのではと思う。

Teppo1Teppo2Teppo3

以前のこと、このブログでよくコメントを頂戴する野宿屋ノブさんから、諏訪方面に行ったら温泉の片倉館は外せKatakurakan ないよと情報を貰っていたのでちょいと寄ってみました。これがその温泉館、500円のお風呂屋さんとは思えないような洒落たたたずまいではないですか。ここも歴史のあるお風呂屋さんだった。水深1mはあろうかという千人風呂と呼ばれる大きなお風呂には、底に玉砂利が敷いてあるのです。この辺がまたユニークなところ。ラドン温泉まで入ってぽかぽか。壁に掛かる能書きを読んで片倉さんに大いに感謝をいたしました。

Houroukan さて、旅の締めは・・・そう山下清さんです。飛騨高山で贋作らしきものを見てしまって、やはり本物をという気持は強かったのですが、諏訪市に常設展示があるという話を仕入れて行ってみたのです。その名を「放浪美術館」という美術館らしくないたたづまい。入り口エントランスにはおにぎりのオブジェが並んでおりました。カミサンと一緒にちょっと高山の件を思い出してしまって今回はパスすることに。決して展示が偽物であるとか言っているわけではないです。単なる気分の問題であります。

平成20年度もこれで終わり。もうすぐ4月です。気分も新たに「鴨のきもち」をお届けできますようがんばりますです。いつまで続きますことやら・・・

« スキーも終わり2009 第二部 | トップページ | タイワンリス尻尾加工・いんちきアクセサリー総集編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ただ古くて広い浴室。まあそれだけなんですよ今は。
以前は本当に当時のままで、クラシカルだったんです。浴室の仕切りの下の方男湯と女湯が繋がってたんです。

松本の市内で、これ又古い商店街?をリニューアルして古くてモダンなショッピングモールが有るんですが、ここが僕は目の保養に成って好きです。そうそう、松本って古い建築を残す運動が有るんですよ。時計の博物館なんかも見応えが有りました。
又行かれる時、奥様のお楽しみ、いえご夫婦のお楽しみどうぞ^^/

こんにちわ、もう4月早いですね。

なんとなんと!やはりスキーにいってらしたのですね。それも白馬、超羨ましいかぎりd(^_^o)
奥様とご一緒というのがいいですね。
松本城には近くまでは何度も行っていますが、中に入ったことがありませんでした。面白そうですね、今度行ってみます。それと温泉の片倉館、ここも良さそう。

スキー場は今になって好コンディションが続いているようで、fibyさんは本当に良い時に滑りおさめをされましたね、私は滑りおさめしていないような・・・・・(* ̄▽ ̄*)


うまく節約していますね、参考になります。しかも、スキーをして、観光までする、すばらしいです。

ども、野宿屋ノブさん、

いやぁ片倉館感動しました。あのレトロな雰囲気はいいですね。あの施設を昭和初期に作った片倉財閥の心意気にも共感しましたよ。
残念ながら女湯と繋がっているかは検証ができませんでしたが、日本の温泉らしからぬ気分に浸かってきました。良い情報をありがとうございました。

時計の博物館ですかぁ。今度松本へ行くときには事前に情報を伺いに行きますね。


ども、ミーさん、

えへへぇ、羨ましいでしょう (^。^) 嬉しいことにちょうど雪が降ってそう悪くないコンディションだったのも幸いでした。超上級者コースはほんとにしびれましたぜ。

カミサンが今回理解してくれたのは有り難かったですね。初日は父ちゃんのわがままを聞いてもらって、翌日はちゃんと観光をセットしましたから不義理にはならなかったと思っておりますです。

片倉館は宝石をちりばめてはいませんでしたがいい雰囲気でした。機会がありましたらぜひどうぞ。

ミーさんのとこからは月山も近いし、まだまだシーズンじゃないっすか。雪が湿っているとスキーもよく滑るし意外に楽しいときもありますよね。ミーさんブログのスキーレポートを期待していますよぉ。

ども、FSさん、

高速道路の1000円プランは遠くに行くためには有り難い施策です。でもこれが我らが血税かと考えると思い複雑ですね。

もともと欲張りな性分なので、遠くに行ったら行きたい所、やりたいことを出来るだけやっつけようと言う気になっちゃうんです。
余裕が無いって言うか、なんだか日本人の縮図みたいな余暇を過ごしておりますです (^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44524149

この記事へのトラックバック一覧です: 松本城と鉄砲コレクション:

« スキーも終わり2009 第二部 | トップページ | タイワンリス尻尾加工・いんちきアクセサリー総集編 »