« チクワが化けたバッファロー | トップページ | 雪灯籠に願を掛けて »

2009年3月 3日 (火)

缶ピーとココアシガレット

ココアシガレット。なんともタバコを彷彿とさせるお菓子だ。

Pcan このショートピースみたいなパッケージで発売されたのが1951年、もう50年以上前の話なのだそうだ。私も幼少の頃だいぶお世話になった記憶がある。大人たちのタバコをたしなむ粋な仕草にあこがれてカッコだけは真似をしたものだった。

時は流れ、タバコを合法的に吸える年齢になって色々な煙を吸った時期もあった。一緒に写っているのは「缶ピー」と呼ばれる缶入りピース50本入り。空になった容器がおしゃれなので小物入れに使っている。えせスモーカーだったCocoa 私が両切りタバコのピースを50本吸うのもけっこう難儀した記憶がある。禁煙した今となってはそれも思い出だ。

ココアシガレットはこの大きなパッケージに小箱が10個も入っていた。子供やカミサンと小分けして、くわえタバコもどきでいきがってみる。嗚呼青春のショートピースもどき。明日も元気にお仕事だぁ。

« チクワが化けたバッファロー | トップページ | 雪灯籠に願を掛けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44234702

この記事へのトラックバック一覧です: 缶ピーとココアシガレット:

« チクワが化けたバッファロー | トップページ | 雪灯籠に願を掛けて »