« ひゅうがとしらせ | トップページ | スキーも終わり2009 第二部 »

2009年3月29日 (日)

どこまで行っても千円

1000yen スタートしました、週末高速道路どこまで行っても千円という景気刺激策。
これはちょっと試さねばとの使命感に燃えて行って参りました。おぉ、確かに千円だ。システムは順調に稼働しているようです。

で、どこへ行ったのかというと・・・

« ひゅうがとしらせ | トップページ | スキーも終わり2009 第二部 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

何処迄行っても1000円なんて嘘ばっかり。
この日曜日に関越自動車道の練馬から越後川口まで行って来ましたがm1850円も掛かりました。うん?何かからくりが有るんでしょうね。

ども野宿屋ノブさん、
越後川口ですかぁ、また良いところに行かれましたね。小出の先ですね。日曜日はもう関越はチェーン規制は無かったでしょうね。

> 何処迄行っても1000円なんて嘘ばっかり。

これがけっこう盲点でして、「地方高速道路は」という接頭語が付くようですね。練馬-東松山間は通常料金の3割引にしかならなくて、これに残りの区間の1000円が足されるという面倒な仕組み。ボクも心配だったのであらかじめリサーチしてから中央道に乗りました。

この先まだまだシステムの更新に伴って変化があるみたいで、事前の路線チェックは必要かもですね。

ぐ〜、そんなこったろうとは思いましたが....首都圏ナンチャラは...って言う奴ですか。
道路公団、ぶっとばす!
とは言え5000円以上があの値段なので、よかよか〜^^v
どっちだよ...

ども野宿屋ノブさん、

懐に優しいのは大歓迎なのですが、別にJHが儲けた分を還元してくれているとかではなくって、結局は税金を投入しているんですよね。この辺が微妙なところです。

まぁ使いもしない無駄な道路に大金を投じるならば、こんな形で国民に還元してくれた方がいいと思うべきなんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44506934

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで行っても千円:

« ひゅうがとしらせ | トップページ | スキーも終わり2009 第二部 »