« 弾道補正と猟果の関係 | トップページ | 缶ピーとココアシガレット »

2009年3月 2日 (月)

チクワが化けたバッファロー

Buffalo1 昨年短期出張で私の職場に来ていた外人さんが、今日からまた2週間ほどこちらに滞在することになったとのこと。彼には昨年、これがジャパニーズ・トラディショナル・スモークフードなんだぜぇと滞在中に竹輪などの魚介練り製品の燻製を提供しておいた。そんなことを覚えていてくれたのか、お土産にバッファローのジャーキーなるものを頂戴したのであった。なんとバッファローですと。水牛のおですな。

Buffalo2 ジャーキーだとのことでまずは日本でも売っているビーフジャーキーを想像したのだけど乾燥肉のくせになんだか厚みがある。早速開けてみると香ばしい燻製の臭いが鼻をくすぐる。これは水牛の燻製肉なのだと納得。こんなのもメリケンの国ではジャーキーと言うのですな。

そいでもってお味はというと・・・スモークの香りが強くてこれが水牛だぁという主張は確かめられなかったけど、ビーフジャーキーの三倍くらいうまい。こりゃやっぱりビールでゴーですな。

チクワが半年でバッファローに化けた。次はグリズリーか・・・(^。^)

« 弾道補正と猟果の関係 | トップページ | 缶ピーとココアシガレット »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

チワワがバッファロー、かと思った^^;
バッファロー!バイソンとは違うのでせうか。
さすが彼の地、豪快。味も豪快?
次成る日本のトラディショナルスモーク製品は....
「いぶりがっこ」ですね。

ども、野宿屋ノブさん、

チワワがバッファローになったら一大事ですよぉ (^_^;
バッファローというのは通称でバイソンが正式名らしいですね。

> さすが彼の地、豪快。味も豪快?

まったく豪快の一語に尽きます。これをガムみたいにくっちゃくっちゃしていればご飯いらないみたいな感じですよ。コクがあってほんとに美味しいんです。

> 次成る日本のトラディショナルスモーク製品は....
> 「いぶりがっこ」ですね。

くだんの外人さんには美味しいモノをいただいたので、やっぱりお返しを考えないといけないので良さげなモノを物色しているのですが、その「いぶりがっこ」ってなんざんしょ?そこいらで売っているのでしょうか?


あれ?Fibyさん「いぶりがっこ」をご存じない!?
読んで字の如し。
いぶりー燻す、がっこータクアン(漬け物のあれです)
って事でタクアンを燻した物でして、秋田名物です。農家が自分の家の囲炉裏の上の天井に吊るして燻した物らしいです。家毎に味が違うとう事。
今は工場生産が普通に成っているようですが、マダマダ家庭で作られる物も有って、求めに走る方もおられると聞きます。
コリコリとした食感と共に、燻蒸された香りがウンメ〜。ジャパニーズカントリーフードの一つ。野菜の保存食です。
取り敢えずネットでも購入は出来ると思います。お試しあれ。

ども野宿屋ノブさん、

おぉ、なんと煙燻したたくあんなんですねぇ。漬け物フリークの私としてはこれは見逃せませんなぁ。秋田あたりではポピュラーなものなんのでしょうね。

ちょっとネットで調べてみます。情報ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44224976

この記事へのトラックバック一覧です: チクワが化けたバッファロー:

« 弾道補正と猟果の関係 | トップページ | 缶ピーとココアシガレット »