« 123456 | トップページ | 木枯らし紋次郎 再び »

2009年4月30日 (木)

ランボーと真夏のオリオン

ちょっと気色の変わった話題を。

私のようなおっさん世代では、やはりハリウッド映画のアクションスターといったらシルベスター・スタローン、ハリソン・フォード、アーノルド・シュワルツネッガーといったところが御三家かな。それぞれ定番のシリーズものを持っているのは誰しもご存知のところ。ハリソン・フォードは67歳の爺様になってしまい、昨年封切りのインディジョーンズの最新作ではちょっとよぼよぼしていてお年を感じさせる雰囲気。カリフォルニア州知事になってしまったシュワルツネッガーと共に、もうアクション映画は少々難しいでしょうな。

Rambo 片やランボーのスタローン。こちらも61歳を過ぎているが元気いっぱい。ランボーの最新作では筋肉もりもりで機関銃をぶっ放し、野山を走り回るその姿はとても還暦を過ぎているようには見えなかったです。

さて、この邦題「ランボー・最後の戦場」と言う作品、映画と小説両方を見ましたが、いつものアクションシーンはそのままです。ただ、相手方には悪があったが、ランボーの側に善があったかというとちと疑問。邦題「ランボー・怒りのアフガン」という以前の作品では、101分のうちにランボーは108人を殺したとアメリカの反戦平和団体から指摘されたりしていました。今回はそれほどとは言えないまでも、ヒーローものの定番、勧善懲悪白黒はっきりというわけにはいかない点は後味に残ります。

Orion もうひとつ、今年の6月に劇場公開予定の邦画「真夏のオリオン」。主役である日本の潜水艦の艦長役に抜擢されたのが玉木宏。邦画の潜水艦ものでは最近では「ローレライ」という映画もあったが、こちらは役所広司が艦長役で実にはまっていた。玉木宏はミスキャストだなぁと思っていたが、小説を先に読んでそうでもないのかなと意見訂正。邦画は人間の命の扱い方が重くて安心できます。これは6月は劇場へ足を運ばねばなりませんな。

映画界のジンクスに、潜水艦映画は外れはないというのがあるらしい。ぜひ今回もそう願いたいものであります。

« 123456 | トップページ | 木枯らし紋次郎 再び »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44848533

この記事へのトラックバック一覧です: ランボーと真夏のオリオン:

« 123456 | トップページ | 木枯らし紋次郎 再び »