« ナイスな看板 | トップページ | 会津若松旅情 番外編 »

2009年5月17日 (日)

薔薇とポール

タイトルに深い意味はありません (^_^;) きょうは雨の日曜日。まぁなんと言いますか、うだうだするのもいいものです。

Rose カミサンはお友達とトムハンクスの映画など観に行って帰りがけに雨上がりのバラ園がきれいだったので色々写真を撮ってきたとのこと。うむ、良い感じで撮れているでないですかぃ。父ちゃんの趣味を理解していただくために昨年渡したコンパクトデジカメは、それなりに有効に機能しているようではあります。

Stock1_2 で、とうちゃんはなにをやっていたかというと・・・来るべき山歩きシーズンのためにお道具のチェック。トレッキングポールなどを出してみた。
画像右端のモデルは友人の山屋さんからのいただきもの。と言っても最初借りたらちっとばかり曲げてしまい、しょうがないので捨てるというのをありがたく頂戴し、曲がりを修理して使っているという掟破りのポールです (^_^;) これはスキーストックと同様のグリップですね。

左側はその後買った軽量アルミタイプのもの。お年寄りが持つ杖のようなグリップですが、これがけっこう軽くてホールディングがいいのです。どちらもそれぞれ過去富士山頂まで付き合ってくれた良き相棒でした。

Stock2 ただグリップ形状が違うのでこれらを両手に持って使うわけにはいかないんですな。ものは試しで一本980円のを2本買ってみた。値段が値段だけにあまり期待していなかったが、けっこうグリップも握りやすいしロック機構やショックアブソーバもそれなりに機能する。あまり高級なアルミ素材でないので少々重いが、この値段ならまぁ上等かな。試しに使ってダメであってもあきらめられるお値段がよし。

本格的な山岳用品はけっこういいお値段であることが多い。価格は信頼性と機能に比例する。これはその一品一品がフィールドで常に命を預ける品物であることに他ならない。私のような軟弱ハイカーには本格的なギアはあこがれでもあります。まずはそんな装備が似合う山男にならなきゃね。

« ナイスな看板 | トップページ | 会津若松旅情 番外編 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/45046306

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇とポール:

« ナイスな看板 | トップページ | 会津若松旅情 番外編 »