« 野口英世ずくし | トップページ | 会津の春 くいもの編 »

2009年5月12日 (火)

会津の春 お花編

家族サービスと言えどせっかくのお休み。カメラも持って来たことだし行く先々で自分の感じた印象を残せるようにと、いろいろと撮ってみました。

Wakamatujyou こんなときにはガラにもなくお花や木々を愛でる気持になっちゃうんですよね。最初は会津若松の鶴ヶ島城。若松城とも言うそうな。このきれいなお城は松本城のように現存するオリジナル建築ではなく、戊辰戦争後に取り壊されたものを鉄筋コンクリートで作り直したものだそうだ。中は博物館となっていて外見のイメージとはかけ離れてはいるものの、おのぼりさんには興味深く観ることができましたです。

Tanpopo大内宿へ向かう道すがら、ダム湖の堰堤脇に広がるタンポポの斜面がなかなか気に入りました。しばしの時間だったけど寝ころんでタンポポの気持を味わう。いいっすねこんなのも。天気が良い日の草のお布団は心地よいものですな。

Ohana 奥会津の大内宿。日光と会津を結ぶ街道の宿場町を保存したところです。あまりに観光地化しているのはちょっとわたくし的に違和感があるものの、茅葺き屋根がこれでもかというくらい並んでいるのには驚きました。赤いお花がとってもきれい。茅葺き屋根の宿場町にチューリップみたいな花が似つかわしいかどうかは別にして、日差しに負けないくらいに赤いカラーは鮮烈にイメージされていました。

春は花木が映える季節。それは当地も会津も同じでした。見るもの全てが新鮮な初めて訪れる土地では、わくわく感が年甲斐もなく高じてしまうのでありました。

« 野口英世ずくし | トップページ | 会津の春 くいもの編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鶴ヶ城、まああんな感じ^^/
例のシルクロード、残念でした、是非入って欲しかったですが...いずれ。
ダム湖〜?渋いルートをチョイスしましたねえ。でもそのルートが正解です^^v
いずれにしろカントリーロードを縫う様に旅されている様ですね。僕もそれが気持ち良くてわざわざした道を走ります。
しかし、花をなめてのショット。力入ってますねえ。ポイントは絞りとアングルですね。
次はなにかな〜?

拡大写真の出方が変わりましたね。

ども野宿屋ノブさん、
お勧めのお店はまだ開店前で、マスターとおぼしき人が掃き掃除をされていました。建物はとても良い感じの雰囲気でしたね。

ダム湖は大内ダムでした。会津若松から看板をたよりに「こぶしライン」なるワインディングを飛ばして行きました。ボクのカーナビにはない道でしたが楽しいルートだったです。ときおりよさげな所で車を止めて小鳥たちのさえずりに耳をすましたり、タンポポ畑で寝転がってみたり、今回の道中は楽しかったですね。

> 拡大写真の出方が変わりましたね。

ですね。言われて気がつきました。以前のポップアップの方法が不評だったのでココログがアップデートしたのかもしれませんね。ちょこちょこ変わってご迷惑をお掛けします。Niftyに代わってお詫び申し上げます m(_ _)m


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44994202

この記事へのトラックバック一覧です: 会津の春 お花編:

« 野口英世ずくし | トップページ | 会津の春 くいもの編 »