« ランボーと真夏のオリオン | トップページ | 熊の大和煮 »

2009年5月 1日 (金)

木枯らし紋次郎 再び

木枯らし紋次郎しぶいっ。

Kasa がきんちょの頃、中村敦夫主演の紋次郎に心酔し、竹ひごで作った長い楊枝をくわえて悦に入っていた自分が恥ずかしい。でも久々に見た紋次郎、なかなか良かったです。

裸の大将が芦屋雁之助から塚地武雅へ世代交代して成功したように、紋次郎も中村敦夫から江口洋介へのバトンタッチはうまくいったようです。あの音楽が昔のままってのがオールドファンには痺れますです。

単発もののようですがまたやって欲しいなぁ。

« ランボーと真夏のオリオン | トップページ | 熊の大和煮 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

見ましたよ、小柄諮問次郎(←変な変換)。
ノブ的には「ウ〜ン...」なキャスティングなんですよね。江口さんでは格好良過ぎでしょう^^;
飲み屋で初代紋次郎の中村敦夫さんが出てましたが、やっぱり彼の方がいいなあ〜。
初代紋次郎が良かったのは、中村さんの演技が泥臭い所。例えば切り合いになる場面で追いつ逃れつする時の走り方や身の振り方がブッサイクなんです。でもそれが追いつめられた人間心理を良く表して、殺し合いで切羽詰まればあんなブッサイクな立ち回りになるんだと思うんですよ。
あと目の表情。江口さんの方が鋭過ぎますねえ。紋次郎は身内を全てなくし、何時と知れず渡世人になった遍歴の持ち主。もっと暗くて世間を突き放した感じがやはり中村さんの方が上だったなあ。
全体的な雰囲気ももっと枯れた突き放した感じの方がいい。まあ、有る意味今作って見させるにはアレくらい色艶が必要なのかなあ、と感じちゃいました。
(今回は字数が多いな)
え!?あれでオシマイなの?あれまあ。残念^^;(批判する割には期待してる)

ども野宿屋ノブさん、

> 見ましたよ、小柄諮問次郎(←変な変換)。

おぉ、マックらしいハイカラな漢字変換 (^。^)

> 飲み屋で初代紋次郎の中村敦夫さんが出てましたが、やっぱり彼の方がいいなあ〜。

これには同意です。ただハリウッドスターも寄る年波にはかなわないのと同じで、やはり木枯らし紋次郎という既製のイメージを維持していくには世代交代が必要なのかなとも思います。

ノブさんもご存知だと思いますが、中村敦夫紋次郎もいくつかのピリオドごとに彼のキャラクターを変えてきた経緯がありました。ほんとに渋かったのが市川崑がメガホンを握った最初のシリーズ。子供心にその新しいニヒリズムに心酔しておりましたよ。
後期の紋次郎は「かかわりねぇこって」と言いながら関わりすぎていてちょっと違和感もありました。

江口洋介の起用にも賛否あるかもしれません。同じキャラクタデザインを作ることは難しいかも。ただ著名な俳優で紋次郎のイメージを引き継ぐことができるのは消去法でいってもやはり彼ぐらいじゃないでしょうか。ボクはあの目線は渋いと思いました。

ボクは紋次郎ファンとしてのバイアスが掛かっていますので評価点が高くなっちゃうんですよね。リバイバルのTVドラマとしては十分に楽しめました。

あてなんぞござんせんが、甲州街道の風情を感じに行ってみたくなりやしたぜ。
ってもう染まってる (^_^;

そうでごぜえますか...

いやいや、そうかあ...元のヤツには監督が違う時期が有ったんですか、知らなんだ。
市川来ん(←やっぱりこうなる^^;)監督が初代なんですか!どうりで渋い。多分僕の印象に深かったのはその頃の紋次郎でしょうね。

Faibyさんの方が目は肥えているから江口さんと言うキャスティングは正解だったのかも。僕の江口さんはバチスタ系のイメージが強くて...といってもそんなにテレビ詳しくは無いんです^^; でもさあ、上州空っ風の田舎もんがあんなにカッコいいかよ〜^^;

講習(又これだよ、甲州ね)への旅、道中お気を付けなすって。聞く所によると御上の達しでえれえ事になってるって事で。民が通行税免除で道中に溢れかえって阿鼻叫喚が響き渡ってるってえ事でござんす。ご無事をお祈り申し上げやす。
あっしも蓼科村へ明日追出立いたしやす。では、ごめんなすって....

ども野宿屋ノブさん、
ボクも知ったかぶっていますが、基本はテレビドラマ見ない人なので、わずかな芸能界の知識を総動員して語っております。

まぁなんにせよ「木枯らし紋次郎」が風化せずに残っていただけでもファンとしては嬉しいです。
実は旧三日月村には紋次郎の記念館もあるんですよ。
http://www.mikazukimura.com/index.php

高速道も安くなったし密かに狙っているんです (^。^)

週末は結局韮崎宿へは行かずに富士山へ行ってしまいました。五合目はまだ雪深く、山開きにも遠かったです。GWの無いボクは月曜からまた平常勤務です
蓼科はもう雪はないでしょうが、キャンプ場の季節限定常勤管理人としてはご苦労も多いと思います。お気を付けて行ってらっしゃい (^-^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44864655

この記事へのトラックバック一覧です: 木枯らし紋次郎 再び:

« ランボーと真夏のオリオン | トップページ | 熊の大和煮 »