« 会津の春 お花編 | トップページ | 春の会津 鳥さん編 »

2009年5月13日 (水)

会津の春 くいもの編

旅の楽しみ色々有れど、やはり食の楽しみがその代表格。いえ私の場合です。

今回の会津の旅ではあっちこっち美味しいものを狙い撃ちしてきました。そんなに高級なところに入れるわけもなく、ハズレもあったけどそれも楽しみの内です。

Jyuwarisoba まずハズレから。恥ずかしながら小生その時まで十割蕎麦なる高級蕎麦は生まれてこのかた食したことがありませんでした。福島会津はそば処・・・と勝手に解釈して入ってみました高級おそば屋さん。自家挽きのつなぎ無し十割蕎麦が看板メニュー。どんなものやらわくわくしながら食べてみました。

ともかく初めて食べるので比較ができない。茹で足らないような歯ごたえのある蕎麦がなんの味もしない。まるで硬い糸こんにゃくを食べているよう。だいたいざる蕎麦が皿に載って出てくるところからしてなにやら怪しい感じ (^。^) こんな蕎麦をお隣のテーブル席ではおっちゃんおばさんが美味いと言って食べている。わしゃ味覚がおかしいのだろうか??
お勘定を払うときに女将さんに聞いてみた。なんだかうんちくを聞かされたがこれで正解らしい。さすがに面と向かっては言えなかったけど、やっぱうまくないですよこれ。

Toastcoffee お口直しに近所の喫茶店へ。野口英世青春通りにある、喫茶店會津壹番館。ここは幼少の野口英世が手の手術を受け、医学の道を志すきっかけを得た由緒ある医院を喫茶にしたものだという。

ストレートコーヒーとジャムトーストをご注文。ペルー・エキセルソとメキシコ・アルツゥーラの飲み比べはペルーがその焙煎の深さと酸味の強さ、ペルーアステカ文明の歴史から一枚上手。久々にうまいコーヒーを味わいました。野宿屋ノブさんも食されたというジャムトーストはなにげに美味。喫茶店のトーストってなんであんなにおいしいんでしょ。

Tenpramanjyu 野口英世の記念館横で食べた天ぷら饅頭。これも渋い (^_^;) そのものずばりで饅頭を天ぷらで揚げてある。キワモノっぽいですが意外にこれがいけるんですよ。あんこと天ぷらって合うものですね。

Kitakata やっぱりここまで来たらラーメンです。会津ラーメンってのもあるそうですが、ここは喜多方ラーメンで攻めてみます。とろとろのチャーシューたっぷりで食べ応え有り。どこが喜多方なのかよくわからないけどおいしいからいいんです。しょうゆ味は基本。

Shingoro 奥会津の大内宿ではしんごろうなる名物を。能書きのとおりみたいですが、この手のものは五平餅や秋田きりたんぽなど各地にあるみたい。しんごろうとは新五郎さんがあみ出したものだからとか。でも旅先で食べるのは四の五の言わずにうまい。一口サイズがいいです。

Utsunomiya 最後のとどめは宇都宮ぎょうざ。会津とは関係無いけれど帰りの高速道路の途中でなにやら食べたくなって賞味したもの。画像はスープぎょうざで濃いめのラーメンスープにワンタンみたいに浸して食べる。これがまたうまいんです。水ぎょうざの焼きぎょうざ版とでも言えましょうか。今度お家で真似してみたいですね。

今回は食の欲求は十分に満たされました。やっぱ旅はくいもんですよね。いえ、私の場合です (^_^;)

« 会津の春 お花編 | トップページ | 春の会津 鳥さん編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これはバラエティー豊富でしたね。
十割蕎麦が必ず美味いとは限らないのがノブの経験ですね。でも、レポを読んだ限りでは....頂けませんね。味も見た目も。
壱番館でのショットは同じダア^^; 飲み比べも同じですね。そして...ね?案外ここのトースト美味かったでしょ。
ラーメンはあっちは醤油が美味いのか、普通の何も無いただの醤油ラーメンが食堂で出るのが元々の喜多方ラーメンです。あっちは何処でもそれが普通のようですね。
行く先々の美味しい物。色んな出会いが嬉しいですが、食べ物、これは外せないですよね。奥様も満足して頂けましたでしょうか?

ども野宿屋ノブさん、
おっしゃるとおり十割蕎麦だから美味しいってものではないんですね。ボクも学習しました。でも本物の十割蕎麦ってまた違うのかな。検証しなければなりませぬな。

會津壹番館ではノブさんと同じテーブルに座ったのかも (^_^;) 人様の後追いをする悪いやつです。ストレートコーヒーもうまかったですがトーストも良かったですね。ちゃんとバターを使っていたのには好感が持てました。

ノブさん情報のおかげでカミサンも満足でしたよ。惜しむらくはソース煮とんかつが食べられなかったこと。これは次のお楽しみですね。

会津は薄皮饅頭でしょう。
それに馬刺しでしょうな(会津坂下あたり)

喜多方ラーメンだったら横浜(青葉区)でも食えるよん。一度行って懲りているけど(笑)

蕎麦だったら山都でしょう。
わざわざ会津まで行って輸入蕎麦食ってもなぁ
すんません、やっぱ不味いもんは不味い。美味いとは言えない性分なもんで・・・

そうそう、大内行くんだったら田島から400号でちょいっと昭和村に寄れば良かったのに・・ここの蕎麦だったらまぁまぁ(あまり、お薦めじゃないけどォ)

ども師匠、
なんとカルさんもなかなか福島通とみました。知っているのは群馬栃木だけじゃぁなかったのですね。

そうそう、おっしゃるとおりで今や国産のそば粉を使って打っている蕎麦はほんとに少ないんだそうですね。長野あたりでも長野産の蕎麦で打っているお店は手打ち蕎麦屋の1/10以下だとラジオで言っていましたよ。

> すんません、やっぱ不味いもんは不味い。美味いとは言えない性分なもんで・・・

こりゃ至極当然ですよね。まずいものはまずい。会津の藩校日新館の教えに「ならぬものはなりませぬ」というのが有りますが、まずいものには理由なんていらないのかもしれないですね。

昭和村ですかぁ。よくチェックしておきますね (._.) φ メモメモ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/45004458

この記事へのトラックバック一覧です: 会津の春 くいもの編:

« 会津の春 お花編 | トップページ | 春の会津 鳥さん編 »