« 喜多方ラーメン | トップページ | 真夏のオリオン 公開迫る »

2009年5月31日 (日)

三浦半島を征服

今日は日曜日、
雨の予報が転んで朝から良い天気。お外へ行きたい衝動をぐっとこらえて朝一番からの町内会の行事でお手伝いです。サボって出掛けてしまうとろくな事がないのは過去実証済み。ちゃんと義務は果たします。

Karuoyako そんなわけで手伝いが終わると中途半端な時間になってしまったので、ご近所のお山へ登ってみます。途中、田植え前の田んぼでカルガモが遊んでいました。手前の二羽が父ちゃんかぁちゃんかな。鴨は成長が早いです。今年生まれたヒナたちも、すでに親と見分けが付かないくらい大きくなっています。

Ki 大楠山(おおぐすやま)三浦半島で一番高いお山であります。ほぼ海抜ゼロメーターの所から登り始めます。例によってタイワンリスはけっこう目にしますね。木の皮は食べられてしまって哀れな風情。ほんとに困ったもんです。

Sancho 3キロ半を1時間弱で走破。こりゃ良いペースです。この登山道はアップダウンがあってプチ縦走の雰囲気も味わえますね。さて山頂です。標高2420mまで登り詰めましたぜっ・・・ってウソです (^_^;)
実際は242.0mでありました。苦労して登ってきた割には意外に低いです。

Nagame_2 山頂の展望台から見る東京湾と東京湾唯一の自然島「猿島」です。標高が低いので見下ろし感に乏しいですが眺めは気持いいものです。自分の二の足で登ってくるとまた違いますね。

さぁ三浦半島の最高峰は征したぞ。次は・・・(^_^;)

« 喜多方ラーメン | トップページ | 真夏のオリオン 公開迫る »

登山」カテゴリの記事

コメント

大楠山って三浦半島のど真ん中ですね。温泉も麓には有るンんですね。そうかあ、Fibyさんはこの近所が本拠なんですね。富士山に比べれば可愛いものでしょうが、登楽しみは同じでしょうか。あの辺りはまだまだ雰囲気の有る田舎が有るんでしょうね。

逗子の方に有る披露山公園近辺が数年間ですが僕の幼少の頃の夏休みを過ごした場所で、とある作家さんのお宅が避暑で留守の間過ごしました。あの辺り、海から急に立ち上がる小高い丘の雰囲気が好きです。

ども、野宿屋ノブさん、

麓には温泉と言う名のお風呂屋さんはありますが、所詮井戸水みたいなもので、熱いお湯が湧き出てきているわけではありません。温泉法では一定の含有物質があれば温度は関係無く「温泉」と称することができるようですが、これってなんだかおかしいですよね。温泉はその字のごとく最初から熱くなきゃいけないんではないかなと思ったりしています。

あのあたりでも里山から登山道を抜けると、けっこう風景は変化があって楽しいですよ。丹沢あたりと違ってヤマビルを気にしなくていいのは助かります。あんなやつに献血はしたくないですものね。

披露山公園の横にある高級分譲地は各界の名士方々が住まうので有名ですね。200坪以下のお家なんてないですものね。若い頃仕事で何度か行きましたが、心付けを貰って嬉しかったのも思い出です。
あそこに住んでいたなんて・・・すごいっ

高いところからの見下ろし観って男心をくすぐりますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/45194306

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島を征服:

« 喜多方ラーメン | トップページ | 真夏のオリオン 公開迫る »