« 富士山五合目はまだ雪景色 | トップページ | 富士の日の出は肩すかし »

2009年5月 4日 (月)

なんでみんなコールマンなの?

ゴールデンウィークまっただ中。気温が安定してくるこの時期、多くの方々がテントを担いでご家族と、仲間たちと連れだってキャンプ場を目指してることでしょう。
こんな時期、ソロキャンパーはなにをしているかというと・・・なにもしません (^。^) こんな混んでいる時期にひとりキャンプなんて肩身が狭くってできませんです。

Coleman1 左の画像は有名なコールマンキャンプ場でのスナップです。コールマンブランドのテントを使わないひとは割増料金を取られるので皆コールマンテントです。ってのはウソです (^。^)

場所はちょっと覗いた静岡県富士宮市の田貫湖キャンプ場。でもそんな冗談風に言っても違和感が無いようなほどコールマンカラーのテントがあふれています。どこでもファミリーキャンプ場は似たような風情。ディスカウントブランドのロゴス、キャプテンスタッグあたりのテントが逆に新鮮に感じてしまうほどです。

なんで皆コールマンテントを選ぶのだろう。数年前にちょっと考察したことがあったので興味のある方はこのリンクを追って見て下さい。一言で言うとコールマンの日本法人であるコールマンジャパンのマーケッティングの巧さに、日本のファミリーキャンパーがまんまとはまってしまったというところでしょう。

Coleman2_2 右側の画像は同じ日の神奈川県の西丹沢、中川川上流にあるウェルキャンプ西丹沢というマンモスキャンプ場でのワンカット。ここでもコールマンテントがあふれていますが、違うカラーのテントがひとつあるとこれだけ目立つという好例。コールマンカラーは目に優しくてフィールドでも違和感が少ないのですが、これだけ多いとちょっとなぁって感じです。

ファミリーキャンプデビウのためにこれからテントを選ぼうというお父さん方。ちょっと背伸びChestio5_2 して、小川テント、モンベル、スノーピークなどのテントを選んでみてはいかがでしょうか。これらのテントはホームセンターやディスカウント店では売っていないかもしれません。予算も少し余分に必要かも。でもしっかりとお父さんの主張をキャンプサイトで見せることができますよ。たかがテント、されどテントです。

我が家の小川チェスティオ5、使わなくなってからはや○年・・・使う機会が無くなったとも言う。

« 富士山五合目はまだ雪景色 | トップページ | 富士の日の出は肩すかし »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

なるほど、確かにコールマンは安いですよね、先日、スノーピークとモンベルのテントを見て高いと感じていましたが、参考にさせて頂きます。

ども、FSさん、
コールマンテントだって決して悪いわけじゃぁないんですよ。良くできた製品だからあれほどまでに普及したのでしょう。でも誰が見ても多すぎって感じはしますよね。それだけ選択肢も少ないってことなのでしょうが・・・

どうかよいお買い物をされて下さいね。

ええー! こんな凄い状況なんですか!日本のキャンプ場ってのは!知らなんだ...

たしかにコールマンジャパンの戦略は上手く行った様に見受けられますね。
本国コールマンとは違うってのがヘーって感じで。
まあ、手に入るキャンプグッズメーカーは知れてますからねえ。三角テントはいませんでしたか?こう言っては何ですが、コールマン卒業が次のキャンパーレベルなんでしょうかね。
有る意味日本のキャンパーを育ててるってことでしょうね。

凄いねぇ、コールマン。
>コールマンテントだって決して悪いわけじゃぁないんですよ。
う~む、言いにくいでしょうが。敢えてズバリ言うと生地がねぇ、私は不満だぁ・・・

西丹沢、懐かしいねぇ。写真は受付ロッジの裏手かな?
この奥も行けるんですよね?(トンネル開通したかな)

ところで格安テントがあるんだけどォプロモンテの・・・
カミさんの許可がおりまっしぇん。
65%オフだよ買いだとおもうんだけどなぁ・・・

さぁて明日から2回目のGW

ども野宿屋ノブさん、
さすがに三角テントは目にしませんね。テントらしくっていいんですけどもね。おっしゃるとおり、結局のところファミリーキャンパーとしては選択肢が少ないんでしょう。

ワイルドなノブさんあたりは管理キャンプ場には縁がないかもしれませんが、たまに覗くとトレンドが分かって面白いですよ。

これだけコールマンテントが多いと、確かに日本のファミリーキャンパーの受け皿的な感じもあるんでしょうね。

ども師匠、おひさしぶりです。

> う~む、言いにくいでしょうが。敢えてズバリ言うと生地がねぇ、私は不満だぁ・・・

まぁ値段がねだんですからね。ヘビーデューティ用途の山岳テントと比較にならないでしょうね。

おっしゃるとおり、西丹沢の画像は西丹沢自然教室の建屋の北側に当たります。この辺は中川川の流れがけっこうあって水遊びにもいいところです。元気があれば熊を求めて西丹沢ハイクもいいかもですね。

プロモンテ、旧ダンロップですね。山家さんから絶大な信頼を得るテントでしょうから、これがあれば安心ですよね。
某スポーツ用品店のS店長の脇の下をくすぐって貰っちゃう手はだめですか? (^。^)

> さぁて明日から2回目のGW

いいですねぇ。さすが大手は違う。我が職場はゴールデンウィークという言葉すらありません。悔しいので週末また1000円作戦で遠出してしまおうと思ってます。

Fibyさんもチェスティオお持ちだったんですね、うちも7を持ってますよ!そして使わなくなって何年たつかなぁ~汗
ボトムがPVCで雨でも心配しなで寝れるのが良かったですね・・・
遠い目eye

そしてコールマンのテントは多過ぎですね、スーパーとかで見るとコールマンしか売ってないし、お手軽で良いのかも知れませんね、そしてそれが壊れる頃にはキャンプに飽きるか、すっかりはまって小川やスノピへ以降して行くのでしょうか?

ども君ちゃん、
おぉ、そうでした、君ちゃんもチェスティオ使いでしたよね。たしかどこかのセールで入手されたんじゃなかったでしたっけ。ボクはFCAMPで九州の山岳用品店にあるという情報をもらって電話で問い合わせて送ってもらったものです。この当時チェスティオがすっごく欲しかったんですよね。

PVCのボトムシートはゴムボートのような素材ですので、どんな雨でも安心でした。このチェスティオ5は四人家族で使って余裕のよっちゃんでしたが、7ともなるとけっこう大きかったのではないでしょうか。

> そしてそれが壊れる頃にはキャンプに飽きるか、すっかりはまって小川やスノピへ以降して行くのでしょうか?

これまた鋭い指摘。お父さんがファミリーキャンプデビューするのはお子さんが小学校低学年から高学年に掛けての間がケースとして多いのではと思うんです。そうすると普通のテントならまぁ3年や4年は使えるでしょうから子供たちが大きくなった頃に最初の寿命を迎えることになります。そのポイントで家族キャンプ存続の進退を求められるのでしょうね。

お父さんにも苦渋の選択なのでしょうね。

はじめまして。
チェスティオのキーワードで、たどり着きました。
一年前にこのような話題で盛り上がっていたなんて...

昨日まで、久住でキャンプをしておりました。
我が家にとっては、実にタイムリーな話題です。
10数年、現役で利用していた草原の我が家、チェスティオ5が
ここ数年、連続して集中豪雨に見舞われて、ついに退役するこ
とになってしまいました。
途中、スクリーンテントのキャビンLを接続しておりましたが、
こちらは、4年ほどで豪雨に耐えれず廃棄処分に。
さすがのチェスティオもボトムのPVCはまだピンピンしていま
すが、フライシートがもうメンテに追いつきません。

Fibyさんがおっしゃるとおり、どこへ行っても年々広まる
コールマン包囲網の中、「これで、ティエラに住み替えできる!」
と内心ほくそ笑んでいたのもつかの間、我が家の事業仕分け人の
「小川じゃなきゃいけないんですか?」
の一喝で、我が家でも遂にコールマンを検討することになりました...

そういうワケでして、小川はおろか”いつかはクラウン”の
snow peakへの道も絶たれてしまいました。
国内メーカの良品にアップグレードしたかったのですが、
私のように、やむを得ずコールマンに手を染めてしまうキャンパー
もいるのではないかと思います。

今後は出かけた後で、自分のサイトを探すのに苦労することでしょう...

では、皆様の良きキャンプライフを心よりお祈りしております。

ども、CAMPALさん、初めまして。コメントありがとうございます。
ネットのうねりの中から、このような弱小ブログを見つけて下さり感謝いたします。見てのとおりの雑多なブログですが以後どうぞお見知りおきを。

ハンドルネームを拝見して、最初は小川の関係者の方かと思いましたです。

> チェスティオのキーワードで、たどり着きました。

おぉ、小川のチェスティオをお使いだったのですね。ボクもファミキャン時代はけっこうお世話になりました。5人用で家族四人が
ゆったり過ごせて、ボトムシートはどんな雨でも安心。子供達が大きくなってしまった最近は出番がないですが、あの独特のデザインとカラーリングで私のお気に入りでもありました。

ナイロンのボトムシートに納得できればコールマンテントも決して悪い選択ではないと思うんですよね。ただ、あのキャンプ場にあふれかえるコールマンカラーにはちょっと気に掛かりますが・・・

> 今後は出かけた後で、自分のサイトを探すのに苦労することでしょう...

表札でも掲げてオリジナリティと我が家気分を出すみたいな手もありますよ。以前我が家でも家族全員入りの表札看板を作ってテント前に掲げたことがありました。今ではちょっとはずかしいですが・・・

どうか楽しいキャンプライフをお過ごし下さいね。お手すきの時にまたこのブログも覗いて下さると嬉しいです。
今後とも宜しくお願いいたしますね。


我が家の建替えをするので押入れを整理中。子供が大きくなりキャンプはすっかりご無沙汰のため、10数年ぶりにお蔵入りになっていたチェスティオ7が出てきました。とりあえず干してみようとしましたがフライシートのシームテープがぼろぼろに劣化し、表面処理もまだら状にはがれてしまっていました。もう修理も不能かな。

はなおかさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
チェスティオ7をお持ちなのですね。5でもかなりの重量でしたが7ともなるとさらに重そうですね。でもあのゴムボートみたいなボトムシートは代えがたい安心感がありますよね。

小川も2011年に破産して経営権は子会社であった小川キャンパルに移っています。まだテントもラインナップにあるようですので、アフターサービスはやってくれそうですよ。

フライシートのシームテープは確かに年月が保たないですね。私のチェスティオ5は職場の仲間に譲ってしまいましたが、大雨でボトムは大丈夫だったけどフライからの雨漏りが酷かったと言っていました。液状の防水剤を刷毛で塗るといいとはいいますね。

ファミキャンも子供が大ききなるとまったく疎遠になりますね。あるとき思い立って家族揃ってキャンプに行ったりすると新鮮かもしれません。その時までお持ちになるのもご一考かもです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/44898299

この記事へのトラックバック一覧です: なんでみんなコールマンなの?:

« 富士山五合目はまだ雪景色 | トップページ | 富士の日の出は肩すかし »