« 富士山 お山開きに山頂へは届かず | トップページ | しろくまのきもち »

2009年6月27日 (土)

外車に手を付けてしまいました

きょう職場へ行ったら、デスクの上に書き置きのメモと自動車のキーが・・・

「車は前の駐車場にあるからよろしくね」的なことが書いてある。そう、職場の外人さんからちぃとした私事の頼まれ事があったんですなぁ。ここのところ忙しかったのでほっぽらかしておいたらついに催促が来てしまった。こりゃ急いでやらにゃぁね。

頼まれ事とは、その外人さんが買った自家用車でモーターボートを載せたトレーラーを牽引したいという目論みがあって、トレーラーの灯火類を車と連動させるハーネスの取付を頼まれていたのでした。車両は勿論外車、米クライスラーのダッジ・キャリバーっていうゴツイやつです。外車なんていじったこと無いからできまっせん・・・なんて言えないんだなこれが (^_^;) 彼は偉い人なのです。

Key 無理矢理渡されたキーをよく見てみると、さすがに外車だけあってPANICなるボタンがついている。これを押すとシートが飛び上がって脱出できるのか。押してパニックになったらしゃれにもならないので触らないようにしておきました。

ペラペラ一枚の英文マニュアルを必死に読んで、壊したら謝る覚悟であとは勢いで行くしか無い。私事の頼まれ仕事なので昼休みの時間で一気にカタを付けちゃいましょう。幸い車のばらし方は国産車と大差なかったので助かりました。一番面倒だったのはフロントボンネット内のバッテリーからリヤエンドまで電源線を引っ張る作業。車の下に潜り込む仕事は楽しいものではありませんな。

Cables なんとか出来上がり。ケーブルの余長をどの位取ったらいいのか分からないので仮止めして、後はトレーラーを繋いで試して下さいなと引き渡し。

しかし私が趣味で車の電装系をいじくっているなんてことを、なんで彼が知っていたんだろ。鴨きもを読まれたか・・・読めないだろうなぁ (^。^)

« 富士山 お山開きに山頂へは届かず | トップページ | しろくまのきもち »

くるまいじり」カテゴリの記事

コメント

題名だけ読んで外車買ったのかと思いましたよ~(^^)

伝送系をいじりたい時にはFibyさんにお願いすればいいにですね・・・メモメモ

ども君ちゃん、
外車は買えないと言うか買いたくもないってのが本音。
あっちこっちバリバリと組み付けを剥がして普段目に入らない内部を見ると、いかにアメ車がアバウトに作っているかってのがわかります。こりゃ倒産するべくしてなった会社だなぁと思いますです。

この大きな車、アメリカで15000ドル、150万円くらいだったそうな。日本で買うと正規ディーラーもので300万円位ですから倍ですね。この価格差を見るとますます外車なんて・・・と思ってしまいます。

さすが手際いいですね。ケージンさんも「さすが、電装系はメイドインジャパンに限る!」と小躍りして喜ぶ筈^^v
でも、繋げて最終確認は無し?右折で左ウインカー出たりして^^;
ま、アメ車だからね、ってさっきの褒め言葉と違う...

聞いた所内装のパネルの固定は国産車はスナップでプチッとはめますが、あちらは両面テープらしい。経年変化で手強い事に成りますねえ。
でも、車の世界品質評価でアメ車の高級車がトヨタの次に入ってました。小型車はそこそこにして、高級車路線は堅持したいのがアメ車のメーカーの本音だそうです。

ども野宿屋ノブさん、

> でも、繋げて最終確認は無し?右折で左ウインカー出たりして^^;

そ~なんです。実際繋いでテストしていないのでちと不安はありますね。ハーネスの英文取説にはイエローライン側をドライバーズサイドのテールランプカプラーから分岐せよと書いてあってそのとおりに配線しましたので、右左は間違えていないと思うのですが・・・

このハーネスキットもUSA製なんですが、昔はアナログ的に方向指示器やストップランプの生信号を分岐して送っていたのを、今ではデジタル信号で送って制御しているようなんです。端子をテスターで当たってテストしようとしたら+B電圧しか確認できませんでした。

この車、テールランプASSYはちゃんとスナップピンで固定されていましたが、その他の所は両面テープ貼りなんでしょうかね。怖いモノがありますね。

高級車が高い品質評価を受けれるのはQCの代価を価格に乗せられるからかな。トヨタは一般大衆車に至るまで高い品質を誇っているのは立派だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/45471077

この記事へのトラックバック一覧です: 外車に手を付けてしまいました:

« 富士山 お山開きに山頂へは届かず | トップページ | しろくまのきもち »