« 塔ノ岳登山 鹿付き 二度目 | トップページ | 富士山 お山開きに山頂へは届かず »

2009年6月21日 (日)

健在 アマチュア無線

昨日の塔ノ岳登山で最近では珍しい光景を目にしました。アマチュア無線家のハイカーです。

Ham_2 かく言う私もハムの端くれだけど最近は無線機も押し入れの箱の中で、とんとその出番がない。まだ携帯電話のインフラがこれほどまでに整う以前のこと、アマチュア無線は「キングオブホビー」という称号で呼ばれ、試験を受け無線従事者免許を取得しなければならないというハードルがあったにもかかわらずブレイクしたこともありました。通称「わたスキ」と呼ばれる原田知世主演の映画「私をスキーに連れていって」やジュディ・フォスター主演の「コンタクト」など映画の中でアマチュア無線は重要な場面を担ったこともありましたよね。

でも携帯電話やインターネットがこれほどまでに普及してしまうと、もう免許が必要で特定の相手方としか通信ができないアマチュア無線は衰退の一途。ほんとに好きな人が残っているというのが現状かな。この後ろ姿のお方はその最たる方でしょう。

無線機、アンテナチューナー、大容量バッテリー、アンテナ、その他補器関係を通常の山道具の他に背中に背負ってここまでくるのだから、その情熱無くしては成し遂げられません。立派なものです。ちょっとお話でもしてみたかったですが、交信と交信記録(ログ)をとるのに忙しそうだったので控えました。

あぁ我が家の無線機器が次に電波を発するのはいつの日か・・・

« 塔ノ岳登山 鹿付き 二度目 | トップページ | 富士山 お山開きに山頂へは届かず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も免許持っていますよ。今は、無き電話級です。10年以上電波を出していないのに、だいぶ悩みましたが、昨年、局面更新しました。しかし、次に電波を出す日が来るのだろうか?

会社の車にも、自家用車にも無線機付けてますよ。

事務所から出ると無線機無しでは生きていけません!
無線中毒ですね。
でも、自宅の無線機は撤去しました。
昔はご飯食べながら、マイク握っていましたけど・・・・

ども、なおなおさん、

おぉ、10年間ブランクがあるんですね。でもちゃんと局免更新するところはさすがです。一度切らすと新規開局になってえらくお金も掛かりますから、とりあえず更新しておくってのが吉ですよね。
我が家でもカミサンは切らせてしまいましたが、ボクはまだ生かせていて電波利用税もちゃんと払っていますよ。電波利用してないけど・・・(^_^;)

我が家でも骨董品とも言えそうなVHF・UHFの無線機が10台くらい段ボールの箱に入っています。なかなか日の目を見ませんです。

ども、花の五六八さん、

> 会社の車にも、自家用車にも無線機付けてますよ。

おぉ、現役ですねぇ。今はモービル機のハンドマイクはダメなんでしょうか。携帯電話みたいにハンズフリーにしなければならないのかな。
ボクだって以前は5/8λの2mホイップANTを揺らしながら走ったいたクチだったのですが、最近の車はアンテナ基台もモービルリグも設置場所を考えて悩んでしまいます。

花の五六八さんは緊急の連絡が多そうなので無線は手放せないのでしょうね。山に入っても携帯のつながらないところはごまんとありますものね。

> 昔はご飯食べながら、マイク握っていましたけど・・・・

それもすごぃっ。

は、話が見えましぇん...
でも、ノブはやったらハマりそうで怖い...無線で知らない遠い人とお話なんて...
学生の頃BCLラジオの世界にチョット足入れしてました^^/初めてアンデスの声はBBCのベンの鐘の音やソビエトの何とかやアフリカだの中国、韓国....すげーすげー!って興奮して寝れませんでした。あの世界、カムバックプリーズ...^^;

ども野宿屋ノブさん、

おぉ、BCLなんてやってたんですかぁ。ベリカードなんか集めたりしたのかな。BCLやSWLなんてのがアマチュア無線への入り口だった時期もありましたね。
その昔、SONYにスカイセンサーという短波ラジオがありまして、その型番がBCLなんちゃらっていっていたのを覚えています。我が家にも一台ありました。

BCLは聞いて楽しむという単方向コミュニケーションでしたが、そんことが懐かしく感じるよき時代でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/45413385

この記事へのトラックバック一覧です: 健在 アマチュア無線:

« 塔ノ岳登山 鹿付き 二度目 | トップページ | 富士山 お山開きに山頂へは届かず »