« ホタル乱舞・・・の合成写真 | トップページ | 山の神様 »

2009年6月14日 (日)

塔ノ岳登山 鹿付き

これから関東地方は梅雨の本格な時期を迎える。晴れていなくても雨の降らない日曜日は貴重だ。 というわけで、なんとか雨が持ちそうだったので以前から行きたかった神奈川県の丹沢山系、塔ノ岳へちょいと単独で登ってきました。

Tozando1SannotouKusariba

ヤビツ峠から先日水くみした護摩屋敷の湧水へ向かい、ここでお水を補給して山道に入ります。梅雨の中休みとはいえ地面はぬかっていて歩きにくい。そこへ持って来てすんごい霧また霧の応酬。10メーター先もよく見えない。初めてのルートなので案内看板を見落として道を間違えたらえらいことになる。

ここの登山道は丹沢で一番人気だという。歩いてみて理由が分かった。なんと言ってもそのバラエティが豊富なんです。林道にガレ場、クサリ場にハシゴ場等々一通り揃っている。また尾根伝いに縦走するルートはアップダウンもあり、両側が切り立った尾根はとても見晴らしも良く(晴れていれば)歩いていて楽しいだろうと思う。(晴れていれば)

Shika1Shika2Shika3

途中二頭の鹿に出会った。距離にして30メーター弱。あまり動かない。今日は迷彩パンツにモスグリーンTシャツ、ブーニーハットという出で立ちで気配を消しているのが良かったかな。スラッグ(一発弾)かバックショット(9粒散弾)でいただきコース。おおっとぉ、今日は目的が違いますぞ。ちなみにここいらへんは鳥獣保護区なので狩猟はできませんです。

Tounotake_2Yama_3Ojizousan_6

およそ休憩を入れて4時間で塔ノ岳山頂へ到着しました。ここでお湯を沸かしてお昼ご飯。しっかし霧でなんにも見えまっせん。雨が降らないだけましかな。天気が心配なので早めに山頂を切り上げて帰路につきます.途中面白い道標がありました。ってのがいいですね。
尾根伝いのコースのためアップダウンが激しく帰路にもたいそうな登りがある。クサリ場の崖地を越えて延々と続く急勾配の彼方にお地蔵さんがぽつり。霧の中から現れるとちょっと不気味だけれど登山者を見守ってくれているのでしょう。ちゃんと無事帰路に付けたことを感謝して合掌しましたよ。

3時間半掛かってスタート地点に帰ってきました。登りとあまり時間に差がないのは下りにも登坂がけっこうあったことと私のパワー不足のたまものです。往復15Kmの山登り。見晴らしはまったくだめだったけど楽しく歩けました。

さぁて、まだまだ行きますぜぇ。

« ホタル乱舞・・・の合成写真 | トップページ | 山の神様 »

登山」カテゴリの記事

コメント

今日は確かに霧深かったですよね。夕方僕もヤビツ峠越えをしてました。ロクマルで^^
いつも麓に居るのに登った事も無い丹沢山系...天気のいい日に行ってみたい所の一つなんですがね〜。取り敢えずハイキング程度のコースを探して行きましょう。
しかし、Fibyさん家からチョイトって距離でしたっけ?

記事とは関係無いんですが・・・・
たった今Googleで「300m先の500円玉にヒットさせる腕前」と入力したら・・・・

なんと!鴨のきもちがトップに出てきました!
驚きました。

ども、野宿屋ノブさん、ご許可無く縄張りにおじゃまをいたしております。

> 今日は確かに霧深かったですよね。夕方僕もヤビツ峠越えをしてました。

おぉ、何時頃だったのかな。山から下りてきて夕方4時半から5時頃まで護摩屋敷の水場で顔を洗ったり水汲んだりしておりました。ノブさんの愛車は一見してわかるので、それらしい車が通り掛かるのを見たら身を挺してでも停めましたものを (^_^;) ちょっとタイミングを逸したようですね。

この塔ノ沢コースはなかなかハードだったです。ハードが故に達成感もありますね。大山も含めてハイキングくらいにも楽しいコースは沢山ありますので、ぜひ機会がありましたらどうぞ。

> しかし、Fibyさん家からチョイトって距離でしたっけ?

実はけっこうあるんですよね。丹沢まで2時間は掛かります。それに8時間近く山を歩き回って、さらに2時間半掛けて運転して帰って行くというハードワーク。でも好きなことをするときはなんでもありなんですよね。

ヤビツ帰りに寄れそうな秦野界隈の銭湯といいますかお風呂屋さんみたいなのはご存じないでしょうか。汗でぐしゃぐしゃになったまま帰るのも気が引けて・・・

ども、花の五六八さん、

「300m先の500円玉にヒットさせる腕前」などとはまたマニアックな検索の仕方を・・・(^_^;)

ボクもためしにやってみましたら、確かにここのブログの標的射撃カテゴリーがトップに出てきました。検索エンジンもキーワードをあっちゃこっちゃ組み合わせて辻褄を合わせるみたいですね。ちなみに花の五六八さんはそのくらいの腕前をお持ちなのでしょうか。そうだとしたら凄すぎますぅ。

今回の塔ノ岳では途中野獣の糞も観察しながら歩きました。鹿系は別にして真っ黒い色とその量から熊系かなみたいなものも・・・
丹沢山系には30頭程度の熊が生息していると言われています。少ないので県からのお達しで捕獲は自粛されているんです。

「マミ」の穴も見つけましたよ。穴の入り口に糞を積んでありました (^_^;)

オフシーズンの山歩きも色々な意味で楽しみがあります。

マミの穴? ってな〜に?(。・w・。 )

Fibyさんこんばんは。

300m先の500円玉にコンスタントにヒット出来れば、オリンピックですね!
でも、バックストップに500円を置いて狙えば、当たらなくとも500円玉はどこかへ吹っ飛んで行くかも?

溜め糞ですか・・・
マミじゃ無いような気がします・・・
野宿屋ノブさん、マミ=アナグマです。

ども、花の五六八さん、

以前に鳥撃ちで100mを射程にしたことがありましたが、弾道のドロップを計算に入れても、私には無縁の世界だなと思いました。300m500円玉なんて神業です。

タヌキの溜め糞かと思いましたが、横穴の前にしてあったので、こりゃマミかなと思った次第。違ったかな。

野宿屋ノブさん、マミは美味しいんだそうですよぉ。花の五六八さんは秘密兵器を駆使してマミを追い詰めるのだそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/45342258

この記事へのトラックバック一覧です: 塔ノ岳登山 鹿付き:

« ホタル乱舞・・・の合成写真 | トップページ | 山の神様 »