« 鴨きもホームページ 勢い付かず | トップページ | 丹沢の森は不思議がいっぱい »

2009年7月26日 (日)

キジバトの唐揚げ

本日晩ご飯は唐揚げ定食です。

Karaage01 でもちょっとお肉が違います。キジバトのお肉を使った唐揚げでございます。一応普通の鳥唐揚げも一緒に作って食べ比べしてみました。

キジバトはクサミが心配だったのであらかじめウーロン茶で煮てクサミ抜きをしてあります。先日オフ会に参加するつもりで下ごしらえして、結局行けなかったのでまた冷凍してあったものです。画像中の黒っぽいのがキジバト肉で、赤みがあるのがニワトリ肉でございます。

Karaage2 野生肉なので、キジバトの方はほんのちょっぴり長く油に漬けます。出来上がりは見たまんまという感じですね。さて暖かいうちにいただきます。うむ、なにげにうまいでないの。淡泊なニワトリ肉に比べていかにも野生肉然としていてワイルドな感じ。しかもレバーのようなクサミは感じられないのでこりゃいけます。

手羽もたんまりあったんですが解凍し忘れて今回はなし。手羽もちんまいけど美味いんですよぉ。

またつくろっと (^-^)/

« 鴨きもホームページ 勢い付かず | トップページ | 丹沢の森は不思議がいっぱい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

本日東京からの帰り、中央高速を降り道志道へ。すんげー混んでますねえ。もしかしたら、と対向車を見ながら走ってしまいました^^ Fibyさんがこんな混んでる道走ってる訳無いと笑っちゃいました。
さてキジバト。それなりに野性味があって美味い?野性味って食べてみないと分かりませんよねえ。知り合いは全く駄目だと口にしませんが、ノブはOKよ♡
その内野生しか食す事が出来なく成るかもしれないのにね。

部位にもよりますが、逆に加熱し過ぎるとレバーの様になりやすいような気がします。
ミデァム位が一番美味いような気もします・・・・

ども、野宿屋ノブさん、

おぉ、道志みちを走っていたんですね。中央高速の上りが渋滞すると道志みちに流れてくるんですよね。
ソロキャンパーはファミリーキャンパーのキャンプシーズンにはお休みでございます。

野生肉は好みがありますが、これもひとえに調理次第だと思うんです。家畜のようにしめて直ぐに放血すればクサミも無くなるんでしょうが、キジバトクラスの鳥で獲って直ぐに放血なんて面倒なのでしないんですよね。これはボクの場合です。

そんなわけでちょっとばかりお肉に血が絡んでいるのでまともに調理するとレバー味が強いです。これがクサミの主たる原因だと思っています。これをいかに処理するかが評価の分かれ目となるでしょうね。

暖かい内に食べるとほんとに美味しいのに、冷めるとレバー味が強くなったりもします。ハトかつを作った時がそうでした。けっこうジビエ料理も深いです。

ワイルドなノブさんには問題ないでしょうが、ほんとに自然肉のお世話になる時代が来そうな気がしますね。

ども、花の五六八さん、しばらくでございます。

> 部位にもよりますが、逆に加熱し過ぎるとレバーの様になりやすいような気がします。

ありゃま、そうなんでしょうか。確かにあまり長く油に漬けすぎると硬くなりますね。今回は170~180度くらいの油に鳥で3分、キジバトで4分くらいで揚げてみました。これ以上揚げると良く無さそうですね。

> ミデァム位が一番美味いような気もします・・・・

この辺の加減が難しいですね。今回は上手くいったかなと思います。鳥から揚げと食べ比べると、その差が際だって面白いですね。野生肉を食べているって感じがいいです。

駆除の方はいかがですか?頂戴した熊ちゃんはあとお鍋一回分残してありまして、来るべき日のためにしっかりとキープしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/45748945

この記事へのトラックバック一覧です: キジバトの唐揚げ:

« 鴨きもホームページ 勢い付かず | トップページ | 丹沢の森は不思議がいっぱい »