« ラーメンの日 | トップページ | 台風来るか »

2009年8月29日 (土)

ペレットポーチで猟果アップ

こりゃまたけっこうなものを頂戴してしまいました。

空気銃猟では猟野で空気銃弾(ペレット)の再装填がどうしても必要になります。素早く安全に弾を込めるために弾入れが必須なんです。いままでは100均で買ってきたポーチとか色々試してみましたが、これといった決定打がなく何年も推移して参りました。

当ブログでもよくコメントを頂戴するミーさんと情報交換をさせていただいているうちに、弾入れを作って下さるとの有り難いお言葉を頂戴して、図々しくもお願いしてしまいました。ミーさんは革細工の達人。プロ並みの加工技術は彼女のブログでも拝見していて、もう期待一杯でお待ちしていたのであります。

Peletcase1 出来上がったのが画像のしなもの。拝見して目が丸くなりました。渋い革のポーチにインナーケースまで装備していて30発のペレットがきれいに並ばせて納めることができるという機能的なレイアウト。ペレットは柔らかい鉛弾なので型くずれしやすく、変形弾は弾道変化が著しい。これならばそれも心配無用ですね。ベルト通しまで付いているので腰に付けておけば猟野での弾込めがスムースに行える。まさに私が長年懸案としていたペレットポーチとしての全ての機能がここに集約されています。

Peletcase2 Fibyのロゴまで入っていてなんとすばらしいことよ。これで猟果20%アップは堅いです。
ミーさん、ありがとうございます。今猟期はこのペレットポーチを腰に、野山を歩き回りたいと思います (^-^)/

« ラーメンの日 | トップページ | 台風来るか »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

Fibyさん、こんにちは。
さすが、専用に作って頂いただけ有って、機能的ですね。
空気銃の弾は、こんな形をしているのですね。昔使った、ピンク色のこんな形をした、空気銃の弾を思い出しました。威力は全然違いますがね。

ども、なおなおさん、

これがまたおっしゃるように良くできているんです。もともと仕様については細かく注文をしたわけではなくて、ベルトに取り付けられる30発程度が携行できる入れ物という程度のリクエストだったんです。それがまた以心伝心、空気銃猟を行うハンターの気持ちになって考えて作ってくれた結果がこれというわけです。

ミーさんはハンターの素質があるんじゃないかと思ったりして (^_^;)

以前のまだ関係法規が緩やかだった頃、少年雑誌の裏表紙によく空気銃の通販広告が載っていましたよね。当時の鼓弾はやはりこんな形をしていました。考えてみればその当時の玩具はBB弾を使う今のエアソフトガンよりよっぽど本格的だったんですよね。

(/ω\)こんばんわ~  ハズカシーィ

そのようにオーバーにお褒めいただいちゃうと、登場しづらい・・・σ(⌒▽⌒;)
でも、気に入っていただけたようでホッとしました。

私も試行錯誤を考えながらの創作、楽しませていただきました。
猟果20%アップ・・・・期待していますよ。
出来れば群馬の我が家の庭に出没するイノシシに灸をすえていただきたいところですが、それは無理なお願いですね(*^▽^*) ニョホホ

追伸・・・・ミーさんは革細工の達人。プロ並みの加工技術・・・
      これはちょっと間違いです、まだまだ初心者の域を脱していないσ(⌒▽⌒;)です。
      でも、お褒めいただきありがとうございました。<(_ _)>

いいな~
私の場合は、よく冷蔵庫に入ってる
ビニールのタッパにナイフで切れ目を入れたスポンジです。
そこに弾を差込んで使っています。

ライフルや散弾のは皮製品のが有るんですが、
空気銃のは無いんですよね・・・・・


ども、ミーさん、
その節はお世話になりました m(_ _)m

ほんとにお世辞抜きですばらしい仕上がりだと思います。これは誰しも否定はしないところです。ボクも毛皮細工などカミサンに断られた時には自分で針を通しますが、こんな分厚い革は針を通すだけでも難儀だっただろうなと思いますよ。

> 出来れば群馬の我が家の庭に出没するイノシシに灸をすえていただきたいところですが、それは無理なお願いですね(*^▽^*) ニョホホ

すいません、シシはハンター師匠にお願いして下さい (^_^;) 憎っくき泥棒ですがサツマイモをたっぷり食べたシシは美味しそうですねぇ。ワナをごってり掛けてもらいましょう。

重ねがえすもありがとうございました。大切に使わせていただきます。

ども、花の五六八さん、

いいですよぉ、これ。となにげに自慢したりします (^_^;)

> ビニールのタッパにナイフで切れ目を入れたスポンジです。
> そこに弾を差込んで使っています。

ボクもいままでは似たようなものを使っていました。プリント写真のケースです。
http://kamon.way-nifty.com/fiby/2006/10/post_408a.html

こんなのを作って3年間使ってきましたが、用は足りてもやっぱり使い勝手はあまり良くはなかったです。ボクのはマガジン式なので5発までは撃てますが、単発だとさらに弾込めの頻度が上がりますので機能的に考えないといけないでしょうね。

空気銃弾用の市販品はあまり見かけませんね。需要も少ないので皆さん創意工夫でかわしているのでしょう。
ボクも散弾はこじゃれたポーチがあってそれを使っています。仲間はガンマンみたいにガンベルトに弾をごってりぶら下げておりましたが、ボクなどが立つタツマには滅多に獲物は来てくれないので、スラッグとバックショットが計10発も入れば十分なんです。

弾入れと言っても深いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/46064706

この記事へのトラックバック一覧です: ペレットポーチで猟果アップ:

« ラーメンの日 | トップページ | 台風来るか »