« 廻り目平 金峰山 その1 | トップページ | 廻り目平 金峰山 その3 »

2009年9月29日 (火)

廻り目平 金峰山 その2

Yosemitejapan ここは「日本のヨセミテ」と言われる廻り目平です。

おぉ、キャリフォルニアしてますなぁ。

  

到着しました。長野県川上村の廻り目平です。ここはアメリカ西海岸にあるヨセミテ国立公園に雰囲気が似ているのだそうだ。駐車場から向こうへ覗く山並みは、なにやらそれらしいスケールを感じる。

Mawarime1Mawarime2Mawarime3

反対側に目を向けるとテントサイトの向こうには断崖絶壁。なかなかの眺めです。その崖になにやら動くものが・・・よく見るとクライマーが果敢にチャレンジをしておりました。おぉこりゃ怖そうだ。

Basecamp_2 クライマーの多い駐車場側のサイトはパスして、一番ハズレの土地でベースキャンプにふさわしい場所を探す。なかなか平らな地面が無くって苦労をしますね。ここだっていうところを見つけてテントを設営。白樺林の中に、まさにアタック隊(一名)を送り出すのにふさわしいベースキャンプが完成ぃ。

ここはファミリーキャンプ場とは勝手が違うので、なんといってもコールマンテントが見あたらない。ダンロップ、ヨーレイカ、プロモンテ、モンベルあたりのテントが目に付きます。なんだか新鮮さを感じます。私のテントは知り合いの山屋さんから貰ったシエラデザインの山用テント。高さがしっかりあって重宝しております。

Nishimatazawa さてぐっすり寝込んだ翌朝、金峰山2599mへ向けてベースキャンプを踏み出します。朝7時とちっと出遅れてしまいました。朝方は一桁台まで気温が下がって寒かったのでシュラフを抜け出せなかったの (^_^;)

Nekko さすがに標高1600mの高地はまだ9月だというのに紅葉が始まっています。金峰山川に沿って歩くルートはさわやかです。その後山道に入ります。山の自然が織り成すその情景にしばし歩みを止めさせられます。まさに山歩きの真骨頂ですな。

この後に大変な試練が待ち受けていようとは、その時には知るよしもなかったのでありました・・・

« 廻り目平 金峰山 その1 | トップページ | 廻り目平 金峰山 その3 »

登山」カテゴリの記事

コメント

MOSSのテントみたいでカッコイイですね(゚ー゚)

景色も良さそうだし、今年の紅葉撮影の候補にしたいなぁ!
でもう朝は気温がそんなに低いのでは軟弱な僕には無理ですかね~
ι(´Д`υ)アセアセ

こんばんわ~

やはり週末は山歩きでしたか。
金峰山、すごい岩山ですね。
1,600m辺りでも紅葉も始まっているんですね。
私も25日に本白根山を歩いてきたのですが、2千m以上でしたし紅葉真っ盛りで素晴らしくきれいでした。
記事をアップしたのですが、ブログの更新がそこまで追いついてなくて・・・・σ(⌒▽⌒;)
その3が楽しみ~

BCいいサイトですね。呼ぶ男が居ないってのが落ち着く?^^。
その辺りはそう言えば奇岩が多いですね。瑞牆山も並びですし、ちょっと離れてますが妙技荒船山も有るし。
その高度は寒かったでしょうねえ。さすがに暖房用のストーブって訳には行きませんね。でもそう言ったストイックな世界がいいな〜。
さてー、その後の試練...またしてもルートが違った?^^;

ども、君ちゃん、

これはいただきものの中古テントなんですが、寝ている体を起こしても頭がつっかえない高さが確保されていて、山岳用ソロテントにしては居住性がいいんです。

ここ廻り目平は今から10年以上も前に某Sararimacさんからご推薦をいただいていたキャンプ場なんです。一人だったら700円、コインシャワーなんか100円で入れますのでその点でも嬉しい。
キャンプ場にたたずむだけでも周囲は絵になる情景ばかりです。

あったかいシュラフに潜り込めばさわやかな朝が保証されますよぉ。

ども、ミーさん、

いま山に行かなかったらいつ行くんだいというようなシーズンですので、暇が出来ると足が山へ向いてしまいます。

> 金峰山、すごい岩山ですね。

この周辺のお山は、みな似たような感じでした。そういう山筋なんでしょうね。たまたま管理棟で説明を聞いていたときに、アメリカ人の夫婦が来られて、ヘタな英語で通訳してあげた縁で少しお話しました。「ここは日本のヨセミテと呼ばれているんだぜ」と言うと「そのとおりだ」と返事が返ってきましたよ。彼も納得していました。

おぉ、白根山へ行かれたのですか。ロープウェイを使って歩いたのかな。いいですね、ボクは冬が主体なんですが、秋の草津もぜひ行ってみたいです。

わたしもミーさんブログへのアップを楽しみにしております。

ども、野宿屋ノブさん、

> BCいいサイトですね。呼ぶ男が居ないってのが落ち着く?^^。

さすがノブさん、お目が高い。ベースキャンプはCサイトの外れに設営しました。ここは白樺林の中でとっても落ち着くんです。でも平地がなかなか無くて、ソロテント分の無傾斜地を見つけるのがやっとでした。

なんだかすごい岩が多かったですね。そうそう妙義山も奇石で有名なんですよね。

夜はちょっと寒かったですね。まぁシュラフの中が恋しい程度の冷え込みです。空気が冴えているせいか、遠くの鹿の鳴き声が夜通しうるさかったです。

> さてー、その後の試練...またしてもルートが違った?^^;

がはは、さすがに今回はそのオチはありませんでした。でもしんどい試練でしたよぉ (^-^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/46348035

この記事へのトラックバック一覧です: 廻り目平 金峰山 その2:

« 廻り目平 金峰山 その1 | トップページ | 廻り目平 金峰山 その3 »