« 讃岐風ラーメン「麺屋こうじ」 | トップページ | モンベルのおハシ »

2009年9月14日 (月)

秋の大楠山で猫座り

父ちゃんの趣味への投資に理解を深めていただくために、我が家の金庫番をアウトドアへお誘いする作戦が功を奏して、最近はハイキング程度だったら乗ってきてくれるようになってきました。しめしめっ (*^。^*)

Yamanobori 日曜日の家事を早々に済ませて、三浦半島の最高峰大楠山(おおくすやま)へと散策へ行ってみました。雲は高く秋の風情、でもまだまだ暑いですね。麓から山頂まで一時間半程度のトレッキングコースですが、先日の白馬でのコースに比べると少し山歩きっぽくなってきます。

Radertower_2 ほどなくして山頂へ到着。ここの展望台は標高が低いながらもなかなか見晴らしが良くて、三浦半島が一望できるんです。お隣には国土交通省大楠山レーダー雨量観測所のタワーがあります。ここでは気象用レーダーを使って雨の観測を行っているのだそうです。給水塔みたいに見えますね。

Gw_2 東京湾側に目を転ずると大きな船が港に入っているのがわかります。あれが横須賀を母港とするアメリカの原子力航空母艦CVN73ジョージ・ワシントンでしょう。こうやって見るとほんとにでかい。なんでもあの中には一隻で5500人以上の乗組員が入るのだそうな。まるで街ですな。

Neco ベンチでお休みしていると野良猫が寄ってきました。人慣れはしていませんがおとなしそうです。猫って癒し系ですよね。我が家も集合住宅住まいでなければご家族に招き入れたいところです。
野良猫は利口で、少なくとも野郎、婦女子、子供の三種類の人間を識別して警戒距離を調整してます。カミサンあたりには寄ってくるんですよねぇ。野郎は嫌いだってかぃ。

身近な近場でもまだまだ知らないところがあるんでしょうね。発見が楽しい秋のフィールドです。

« 讃岐風ラーメン「麺屋こうじ」 | トップページ | モンベルのおハシ »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~

良かったですね、奥様と一緒に山歩きが出来るようになって。
一人より二人の方が心強いですものね。
海と山が見渡せて、三浦半島にも良い里山があるのですね。
山頂に猫ちゃんが待っていてくれるなんて、又登る楽しみがありますね。今度は干物のお土産でも持って行くと、歓迎してくれそう・・・
今週末からシルバーウイークですね・・・(´ー`) ウフフ

モンベルのお箸、良さそうでうね。

奥様も一緒がプロパーに成りましたねえ、おめでとうございます。^^
三浦半島山頂よりの眺めが凄いなあ。
丘も海もまあ、込んでる^^;
平穏な暮らしは丘の向こうの日米協定によって出来上がってる...

ノブも丹沢と麓を探検しよう、っと。

ども、ままミーさん、

おかげさまで楽な山はたまに付き合ってくれるようになりました。あまり単独でばかり登るのも良くないかもです。クレヨンしんちゃんの原作者の方が、日帰り登山へ行くと言って現在行方不明だとのこと。山はなにがあるかわかりませんものね。

今度あそこへ登るときには猫まんまでも持っていってやろうかと思います。

今週末はシルバーウィークですね。私は平常通りのお仕事ですのでなんの変化もありませんが、ミーさんは遠路お出掛け気を付けていってらっしゃいません。

ども、野宿屋ノブさん、

カミサンが付き合ってくれるようになったのもほんの最近です。なぜか・・・
それは,ボクがカミサンの立場だったら何を望むかということを、ほんのちょっぴり考えるようになったからだと思います。世ではこれをサービス精神と呼びます (^_^;)

三浦半島の眺めは丹沢山系からの壮大な景色に比べるとコンパクトですが、普段歩いている街も高いところから見るとまた一風違って見えますね。

横須賀と米軍は切っても切れない縁があります。良きにつけ悪しきにつけアメリカ文化が地元に与える影響は大きいものがあります。日本らしい密集した住宅地のかなたに、体を休める馬鹿でかい航空母艦の姿を望むとき、アメリカの傘の下の平和をひしと感じてしまいます。

> ノブも丹沢と麓を探検しよう、っと。

思い立ったら直ぐに行ける環境にお住まいのノブさんが羨ましいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/46213213

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の大楠山で猫座り:

« 讃岐風ラーメン「麺屋こうじ」 | トップページ | モンベルのおハシ »