« カナダガンも飛ぶ晩秋の空 | トップページ | 名参謀は時代の主役 »

2009年11月22日 (日)

タイワンリス 受難の日はくるか

Bigboss どうも本県でタイワンリスの一斉捕獲が始まるとのこと

はたして効果の程は・・・

   

  
タイワンリスの食害に業を煮やして、とうとう来年1月から2月に掛けて、タイワンリスを一網打尽にする計画が進行中らしい。タイワンリスは見ているだけならちょこまかしてかわいらしいのですが、農家の方々にとってはにっくき敵方。大根など農作物を一口ずつかじっていくという悪い習性があって地域によってはほとほと手を焼いているのだそうな。

反面、動物愛護の観点からは不妊化処置と移動の分断で個体数を減らすべきという意見もある。ただしそれについては具体的な方策には至りそうもなく、やはり現時点では駆除というのが現実的な選択のようですな。

Jyunanzai 一週間前に捕らえてきた大きなタイワンリス。毛皮と尻尾にミョウバンなめしを行い、本日ミョウバン液から上げて柔軟化加工を行いました。革を柔らかくするという柔軟剤を皮面に歯ブラシで塗り塗り。直ぐに硬くなってしまう尻尾の内側にも塗り込んでおきました。

Risuhoshi 水分を吸い取って陰干しします。しかしこの個体はでかい。子猫並みの大きさがあって、今までに捕らえた中でも横綱級。山は今、実りの秋の終盤で食べるものが多いせいで栄養がたっぷりなんでしょうね。これが冬本番となるとエサを求めて畑に出没するのだとのこと。

Risufour 本日は四頭を獲ってきましたが、前回のやつよりだいぶ小振りです。しかしこの程度の駆除ではタイワンリスはまったく減らないでしょう。げっ歯目ですからネズミと同じくネズミ算的に増えていきます。よくタイワンリスを獲ってくる山へ入ってもう5年以上になりますが、明らかな個体数の増加が実感としてわかります。

なににつけてもバランス感覚というのは大事なこと。ただし害獣とバランスを保つというのはとても難しいような気がします。

« カナダガンも飛ぶ晩秋の空 | トップページ | 名参謀は時代の主役 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

Fibyさん、風邪治りましたか!

この「タイワンリス」問題・・・
難しいと思います。

先日、テレビで「ハンター育成計画」をやってる県が紹介されていました。

ども、花の五六八さん、

おかげさまで快調です。やっぱり山へ入らないとエンジンが掛かりませんですよね。目的とする出会いは全然ないのですが・・・

タイワンリスの問題も困ったものです。元はと言えば江ノ島動物園で飼育するために輸入された個体が逃げ出して本土に渡り、そこから繁殖したと言われています。そのネズミ的繁殖力でみるみる生育圏を広げてきました。これはちっとやそっとでは止まらないでしょう。

> 先日、テレビで「ハンター育成計画」をやってる県が紹介されていました。

公安としては銃所持者を減らしたい。反面害獣駆除は行政で出来ることではないので狩猟者に頼りたい。二律背反ですよね。
12月4日から一段と厳しくなる改正銃刀法も施行が迫ってきました。高齢ハンター氏の返納が増えそうな予感がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/46831424

この記事へのトラックバック一覧です: タイワンリス 受難の日はくるか:

« カナダガンも飛ぶ晩秋の空 | トップページ | 名参謀は時代の主役 »