« 冬だスキーだスノボーだ | トップページ | 入らないワナ »

2009年12月20日 (日)

富士山遭難に思う

痛ましい事故がありました

やはり冬の富士山は怖いところです
 

 
山をなめたらいかんとは、過去使い尽された言葉です。決して彼らはなめていたのではないでしょうが痛ましい事故がまた富士山で起こってしまいました。
元F1ドライバーの片山右京氏他2人のパーティは富士山御殿場口から山頂を目指し、八合目直下の標高3000m付近でビバーク。その際に二人用のテント(ツェルト?)が強風で200m飛ばされ残念なことにお二方が亡くなりました。同行していた右京氏の心中いかばかりかと思います。

Rokugoume 御殿場口の登山道を逸れていなければ、彼らがいた標高3000mの直ぐ上の標高3040mには山小屋の六合目「日ノ出館」があり、さらに30メートル程横歩きすれば「わらじ館」という小屋もあります。もちろんオフシーズンですので中に入るわけにはいきませんが、建物の陰で吹き下ろしの風をしのぐことができたのではと思います。私も同ルートを歩いたとき防寒着を着込むのに建物の陰をお借りしました。右京氏は事故前に単独で八合目あたりまで登って降りてきたということから、山小屋の位置関係は分かっていたと思われ、それをも許さない状況に置かれていたのでしょう。

Fujisounan 実質二合目の御殿場口新五合目の駐車場は接続する1.7Kmの取付道路と共に現在冬期間閉鎖されており、夏山時期の踏み出しよりさらに2Km近く麓から登り始めたのでしょう。お亡くなりになったひとかたは、私と同じ程度の登山経験年数しかなかったとのこと。その経験の中で冬山経験がどのくらい有ったのかは分かりませんが、夏場でもつらいあのルートを冬山で登る苦労はかなりのものであったと推察します。

亡くなった方々のご冥福をお祈りしたいと思います。
富士山、美しくも怖い山です。

« 冬だスキーだスノボーだ | トップページ | 入らないワナ »

富士山」カテゴリの記事

コメント

山と力量が見合ってなかったと言う事が悲劇だったと言う事でしょうかね。
それだけに「甘く見ちゃいけない」と言う言葉が重いですね。
パーティーというのはそう言う意味ではリーダーの責任が大きく成り、今度の結果はテレビでの彼のあの姿も当然でしょうね。気の毒と言えば気の毒ですが。
ノブもこれから山へ行く事も有ります。近場の低山で有っても一歩外れればそこは町と違い快適に暮らせる場所では無い、自然の中ですよね。
過去多くの遭難事故がおきていても、山の事故は無くなりませんね。教訓とさせて頂く事で亡くなられた方への追悼とさせて頂きます。
ご冥福を祈ります。

しかし寒さが本格化しましたねえ。やっと冬らしく成って街で暮らすノブとしてはノンキに喜んでます。大掃除と仕分け作業が今年は大変ですが、楽しいんですよ、思わぬ発見が有って。
Fibiyさんももう取りかかれているのでしょうか?

訂正です。
今回亡くなられた方々はそれなりの冬山経験が有ると後で知りました。
それだけに残念で成り、教訓としなければなりませんね。

ども、野宿屋ノブさん、

今回の関係者のうち、片山氏と亡くなられたお一人はおっしゃるとおり十分な冬山経験があったようです。もうおひとかたは登山経験5年と報道されています。どんな登山を5年していたのか分かりませんが、少なくとも夏山経験が5年だったら今の時期の富士山はかなりハードルの高い山になりそうです。
その場合、パーティは一番経験の浅い人に全体のペースを合わせる必要があります。危険との向き合いにはリーダーの力量が問われるところです。

ノブさんの裏山もその意味では決して例外はありませんものね。

大掃除は少しずつ取りかかっております。今年はカミサンが「ゴミ」とレッテルを貼る私の宝を、どのように仕分けしてゴミ袋に詰めるかが政権維持の分かれ目となっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/47068234

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山遭難に思う:

« 冬だスキーだスノボーだ | トップページ | 入らないワナ »