« 冬の湘南海岸 | トップページ | Pentium4 拾ってきました »

2010年1月28日 (木)

キジ鍋万歳 ヽ(^o^)丿

Kijinabe1

本日はキジ鍋の日

  どえりゃぁうまいぞこれ
 

 

 
Kijiniku雪深き国より届きしキジ肉。これは嬉しい頂物でありました。
私にとっては今猟期はとんと縁のないキジでありましたが、心優しいハンター氏よりお裾分けを頂戴しました。キジと見るともう冷凍室へ保存のため収めるのも忍びがたく、一部をさっそく調理しましょうということになりました。

Kijinabe2

今回はお鍋にします。お肉を切り分けるのは父ちゃんの役目。モモ肉などは少したりとも無駄にすることなく骨からそぎ落とします。醤油仕立ての出し汁に切り落としたお肉をそのまま入れます。これが鴨肉だったら少しクサミが残るのですが、さすがにキジはそんなこともなく実に淡泊。醤油仕立ての鍋つゆに合うんだなこれが。

Kijisoba

たっぷりキジのだしが出たら最後はお蕎麦で締めです。普通はうどんが多いのですが、こんな鍋つゆの時は蕎麦もいいと聞き及んで茹で蕎麦ですが試してみました。
これがまたナイス。いいおだしが出ております。

いやぁ、キジ鍋いいっすね。自然の恵みに感謝、花の五六八さんに感謝。もう私の猟期は終わっちまってもいいやってなくらいの満足感がありました。

キジ、日本の国鳥にしてお鍋の王様であります (^-^)/

« 冬の湘南海岸 | トップページ | Pentium4 拾ってきました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ああああ.....くらっと来ます...^^
キジ肉ってクセ無いし、味有るしで本当、美味いですよねえ。
日本酒が合うなあ。
毎日素蕎麦のノブでありんす...^^

Fibyさん、おばんでございます。

雉鍋、本当に美味しそうですね!

でも鴨鍋も美味しいですよ!
鴨はガラ、モモ肉、手羽は最初から煮込み、
胸肉のスライスは「別鍋の出汁でしゃぶしゃぶ」にするんです。

なべが二つ必要になりますが、アクは小さい別鍋に「さようなら」します。
臭みは全く有りませんよ!

雉もFibyさんに調理されて、本望ですね!

ども、野宿屋ノブさん、

キジはいいお出しが出ますね。鍋にはぴったりです。ガラでお出しを取るともっと美味しいんでしょうね。
日本酒合いそう。我が家の場合はビールでしたが辛口が合いますな。

> 毎日素蕎麦のノブでありんす...^^

どっひゃぁ、まだ大エットやっているのですかぁ。すごいっ、ボクはとっくに戦線離脱しております。

ども、花の五六八さん、

おかげさまで昨晩は幸せ一杯でした。カミサン共々感謝いたしております。

> でも鴨鍋も美味しいですよ!
> 鴨はガラ、モモ肉、手羽は最初から煮込み、
> 胸肉のスライスは「別鍋の出汁でしゃぶしゃぶ」にするんです。

おぉ、鴨しゃぶ。
我が家でも過去似たようなこともやったのですが、胸肉がちょっとクサミが強くてあまり評判が良くありませんでした。獲ってから解体まで時間を空けてしまったのがまずかったのかな。
次回は花の五六八さん風にやってみます。

キジにせよ鴨にせよ、美味しいものが食べられる幸せをかみしめております。食は基本ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/47415495

この記事へのトラックバック一覧です: キジ鍋万歳 ヽ(^o^)丿:

« 冬の湘南海岸 | トップページ | Pentium4 拾ってきました »