« 富士山は元気です | トップページ | 我が青春のエイリアン »

2010年3月20日 (土)

100均は偉大なり

100kins1

ぬわんでこれが100円なの?
 
100均ショップは日本経済の崩壊を狙っております
 

   

お仕事の帰りに立ち寄った内容豊富で有名な100円均一ショップ。久しぶりに覗いて見てびっくり、100円とは思えない品々が並んでいて、ついついレジかごへポイポイとしてしまいました。

出張の時に便利そうな巻き取り式のLANケーブル、携帯電話とパソコンを結ぶUSBデータリンクケーブル、SDカードとmicroSDカードのUSBカードリーダー。これらはぜぇ~んぶ税抜き100円です。実は形と値段は違えどすでに持っているものばかりなのですが、スペアに、お出かけ用にと理由を後付けするのはいつものこと。しかしまぁ安過ぎですな。

最近は100円でないものも置くほぼ100円ショップが多いですよね。ほんとにバリューを感じるお買い得品は、全品100円均一のショップに多いような気がします。まぁこれで商売になっているのでしょうから、売ろうと思えばどれもそんなコストで作れる程度のモノだったのですね。

こだわりの品はやはりちゃんとしたものを持っていたいもの。こだわらないものは安けりゃOKみたいな感じかな。100均恐るべし・・・

« 富士山は元気です | トップページ | 我が青春のエイリアン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは本当に100円で販売する為に作られたものなのでしょうか?それとも訳ありで100円で「処分」される物なのでしょうか?少なくとも100円で販売する為に作られた物では無い事を願いますが。
先日或る製造業のお客様のHPを見てビックリ。「高くて何故悪い!そんな安物が良ければ他を当たってくれ!ウチは自身を待った内容に対してこの値段だ!」的社長の主張がデカデカと記載されてました。このご時世に暴挙な主張。でもニコっとしてご用聞きのお電話をさせて頂きました。
しかしですよ、こう言う投げ売りの時は「予備」としてはヤハリ手が出てしまうのは事実でしょう。案外これが結構活躍したりしてね^^

ども、野宿屋ノブさん、

> これは本当に100円で販売する為に作られたものなのでしょうか?
100円で販売するために作られたものだと思います。限定というわけではなく壁にごってりと並んでいましたよ。

結局安いモノには理由があるんですよね。全てがメイドインチャイナなのは勿論ですが、今回の品物のうちSDカードリーダー/ライターがシースルーのボディなので構成がよくわかりました。

プリント基板上に空きランドがいっぱいあります。これは信号系のノイズ防止用のパスコンや抵抗などが本来は取り付けられるべきパートではないかと推測しています。
これらは無くても動くのですが、当然信号ノイズに因るデータ化け等の危険ははらんでいますよね。この辺のクォリティの割り切りがコストダウンに繋がっているのでしょう。

QCに掛ける時間とコストも削っているでしょうから初期不良率も故障率も高いでしょうし、はめあいやチリの加工精度は推して知るべしです。でも用は足りてしまうんですよね。

この種の製品は2極分化していると考えられます。クォリティは求めない、用が足りればよいと考える向きには100均シリーズは悪い選択肢ではないかもしれません。
消費者がしっかりとした品質を見極める目を持って製品を評価できているのならば、同様の商品でも高い価格で十分に土俵の上で勝負ができるのだと考えます。
最近は価格偏重の傾向はあるんですけどもね。

製品の品質が客観的に正しく評価されるような風潮になってもらいたいものです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/47861508

この記事へのトラックバック一覧です: 100均は偉大なり:

« 富士山は元気です | トップページ | 我が青春のエイリアン »