« ゴジラの好物 | トップページ | さるから »

2010年4月19日 (月)

モンキーミート

Monkey1

 一見普通の焼き肉ですが

 実は・・・
  

  

お猿さんのお肉です。雪深いかの地より頂戴した貴重なお肉。滅多にお口に入るモノでもないので今回満を持しての登場です。
提供をいただいた当ブログに良くお立ち寄りいただく花の五六八さんからの情報で、モランボンの焼き肉にタレが良く合うと聞き、これも用意して臨みました。

ジビエ肉を食べる人でも「お猿」と聞いて引く人は多いと思う。やはり霊長類としてヒトとラップしてとらえる向きがあるのは致し方ないところ。しかしニホンザルは狩猟獣ではないので害獣駆除で捕獲したお肉以外には日本国では基本的に入手する手段が無い大変貴重なお肉。心していただきます。

部位としてはモモ肉とすね肉であるとのこと。筋肉ですね。タイワンリスのモモ肉はガムみたいなお肉でかなり手強かった記憶があり、お猿はどうかなと思いましたが、特にミートハンマーでたたくこともせず普通にタレ焼きしてみました。

Monkey2

先入観をお持ちの方に申し上げます。すっげぇうまいですこれ。焼き物用のお肉としては鹿や猪より数段美味く感じます。捕獲後の後処理が上手かったせいもあるでしょうが、野生肉特有のクサミがまったくありません。高級牛肉の赤身みたいです。筋肉ではありますが噛み切れないようなこともなく、少し高級なタレを使っているせいか箸も進みます。ジビエ肉の中で家族全員が諸手を挙げて美味しいと評価したのはキジ肉以来のことです。ともかく食べてみると「猿」というイメージはまるで感じません。

これが獲れた地方では、女子学生さんたちがこぞってお猿の焼き肉をリクエストすると聞きます。うん、気持はほんとわかる。あと少し残っておりますが大切に頂戴したいと思いますです。

花の五六八さん、ありがとうございます。 m(_ _)m (カミサン代弁含む)

« ゴジラの好物 | トップページ | さるから »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お猿さんのお肉は、食べる機会はないですね。普段からいい物を食べて家畜化されている人は、さらにうまい?しかし、最近のわたしなど、適度な脂身ではなく、ちょっと、脂分が多量で、すぐに飽きそうなお味にありそうです。

ども、なおなおさん、

ボクも全く猿肉を食べる機会はありませんでした。中国へ渡ってグルメツアーにでも参加すると食べられそうですが・・・
まぁ日本国では珍味であろうと思います。

> 普段からいい物を食べて家畜化されている人は、さらにうまい?

おぉっとぉ、これはまたなおなおさんらしからぬ過激なご発言。
うまいかまずいかと言えば、どうなんでしょ (^_^;) 経験がないもので・・・

> 最近のわたしなど、適度な脂身ではなく、ちょっと、脂分が多量で、すぐに飽きそうなお味にありそうです。

私もだれか余分なお肉を食べていただける方がいらっしゃったら献上したいです。

ところでお野菜が値上がっていますね。画像に写っている春タマの小さなキャベツが半割で200円もします。ひとたま400円。一番外側の皮も捨てられませんね。

こんな時に家庭菜園持ちのお方がうらやましく感じます・・・


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/48130266

この記事へのトラックバック一覧です: モンキーミート:

« ゴジラの好物 | トップページ | さるから »