« 快適テントライフの必需品 | トップページ | 鍋割山の鍋焼きうどん »

2010年5月29日 (土)

富士山講習会

Fujilecture_2

 アウトドア用品店開催の講習会

 皆さん真剣に受講されていました
  

  

山行の帰り道にたまたま立ち寄ったアウトドア用品店内で、富士登山の講習会が開かれていました。まだ5月だというのにもう動き始めているんですねぇ。

感動の深呼吸が待っている
いま「富士山から始めよう」
日本一に登ろう
今年こそ富士山にチャレンジしよう

看板にはまぁ景気の良い言葉が並んでおります。かく言うわたくしも富士登山のとっかかりはそんなところでした。
日本人に生まれたらやっぱり一度は富士山かな・・・まぁそんなものです。一度山頂を極めて満足すればいいものを、その後も含めて4本ある全ての富士登山道を登ってしまったのは欲張りのなせる技。本格的に山をやる方々からは、夏の富士山なんて登山のうちに入らないみたいなことも言われます。まぁいいじゃないっすか。わたしら初心者にとっては、やっぱり大きな目標なんですよね。

Fuji

山登りなんてまるで縁の無かった人達も、富士登山と聞くとなんだか興味が湧いてくる、みたいなところはあるようですね。裾野を広げ、マナーや山岳常識を広く啓蒙するには、このような講習会の開催は大いにけっこうなことと思います。

ちょっと聞き耳を立ててみました。販売店が主催の講習会なのでお話は道具はこれが必要、これがないと絶対苦労しますよ的なことが多いです。でもこれは不要ですみたいな話はないんですよね。両手ストックとスパッツをしきりに勧めていました。両手ストックは邪魔だし、スパッツをはいても砂走りではやっぱり靴に砂は入る。わたくしとしてタビをお勧めしたいんですけどもね (^_^;

富士山お山開きまであと1ヶ月です。

« 快適テントライフの必需品 | トップページ | 鍋割山の鍋焼きうどん »

富士山」カテゴリの記事

コメント

本当に必要だ、と言える様に成るには経験が必要でしょうね。で、結局はお買い上げって事に成るのかな。車で移動して設営して、なんてのは道具は車が運ぶので、どうでもいい物も持って行けますが、人力しょってとなれば、可能な限り減らしたでしょう。
足袋を置いたら商売上がったり?静かにソローッと歩けばスパッツでも何とかなりますよ、って話じゃないのかな?
一度キチンとした登山講習会って受けてみたい様な気もしますが、低山ハイクなら要らないですよね。

ども、野宿屋ノブさん、

> 結局はお買い上げって事に成るのかな。

講習会の雰囲気はそんな感じでしたよ。やはり講師(若い店員さん)がそうだと言えばやはりそう思いますものね。今年の富士山もスパッツ付けた2本ストックの登山者が多いことでしょう。

私も含めて最初はだれでも初心者です。失敗しながら学んで行くんですよね。最初はやはりあれもこれもと持って行こうとする傾向はあります。それらは全て背中に納まるのですから始末が悪い。必要なものがしっかり吟味できるようになったらそれも大きな進歩です。

タビだめですかね (^_^; 砂走りには最高の友になると思うんですけどもねぇ。パステルカラーのタビとか女の子受けするような商品を開発してもらいたいなぁ。

> 一度キチンとした登山講習会って受けてみたい様な気もしますが、低山ハイクなら要らないですよね。

ノブさんの裏庭には魅力的な山々が控えているじゃぁないっすか。
まずはリュックにおべんと詰めてハイキングにゴーですよぉ (^-^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/48489095

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山講習会:

« 快適テントライフの必需品 | トップページ | 鍋割山の鍋焼きうどん »