« 私の腹のどこかに | トップページ | ベティと龍馬とハンバーガー »

2010年6月13日 (日)

富士山 幻の滝2010

Fujisan

病み上がりのトレーニング

 今年も会えました
  

  

  
腎臓から飛び出たアンモナイトの化石みたいなやつは有り難いことにさくっと抜けたようで、その後は元気になりました。内科の先生の所見は「普段通りに生活していいですよ」とのことだったので、普段通り山を歩いてきました (^。^)

Suhashiriguchi

Ryosen

せっかくリハビリで歩くんだから気持良く歩きたいということで選んだのは「富士山幻の滝」
この時期はやっぱりこれでしょう。
東海地方は梅雨入り直前のせいか天気はあまりよろしくない。須走口五合目は霧が掛かっていて週末というのに訪れる人もまばらで駐車場も空いています。ここから稜線伝いに幻の滝まで行きます。

Sentou

この時期だけ流れる川に到着。でも流れらしいものはまるで見えません。こりゃシーズン終了かなと思ったその時、上からどっと流れてきました。こりゃおもしろい。話には聞いていたけど幻の滝の流れって毎日いきなり流れ始めるんですね。時刻は午前10時半くらい。これより早すぎると見ることもできない可能性があるみたいです。

Maboroshi1

Maboroshi2

時間と共に流れも徐々に多くなってきました。雪の上に火山礫が堆積し、その真ん中を滝の流れが貫通しているという場所もありました。昨年とは違ったルートをたどっているようです。このアバウトさがいいですね。たまに霧が晴れてのぞく富士山がとてもきれいです。この辺から見ると富士山が扁平して見えますね。

Gotenbaguchi

霧が濃くなって富士山も隠れっぱなしになってしまったので下山して御殿場口新五合目へ向かってみます。御殿場口は昨年とまるで変わっていませんでした。石積の案内プレートを除いて・・・
今年設置したんでしょうね。なかなか富士山にマッチしてます。晴れていればこの背面に富士が望めるので記念写真にはぴったりじゃないかな。

今回は地元の富士山ハイカーご夫婦から貴重な情報を入手しました。今年はこの情報を元に富士山を攻めてみたいと思っております。

« 私の腹のどこかに | トップページ | ベティと龍馬とハンバーガー »

富士山」カテゴリの記事

コメント

ワォ。いきなり富士山ですか。
大丈夫ですか?
幻の滝、始めて聞きました。
なんか幻想的でいいですね♪
熊もそうだけど、「幻」って付けると、価値が上がるような・・・・(笑)

ども、花の五六八さん、

> 大丈夫ですか?

お医者さんが普段通りで良いとのお達しだったので、普段通り山登りしてきました。もう全然調子良いです。
ごろごろしていたおかげで少しお肉が付いてしまったので燃やさないといけませんです。

> 幻の滝、始めて聞きました。

富士山では雪解けの一時だけ流れる川として有名ですが、全部溶けてしまえば来年までさようならのレアなものらしいです。
川のへりに座ってしばらくたたずんでいましたが、なかなか良い感じでしたよ。

> 熊もそうだけど、「幻」って付けると、価値が上がるような・・・・(笑)

幻の奥山グマに比べるとインパクトは無いですが、「まぼろし」っていう響きがいいですよね。
富士山は今年も早い時期に山頂を目指したいと思いますです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/48613676

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山 幻の滝2010:

« 私の腹のどこかに | トップページ | ベティと龍馬とハンバーガー »