« 標的射撃でたこわさび | トップページ | 私の腹のどこかに »

2010年6月 7日 (月)

ミズヒの滝・再訪

Card_2

カミサンは正式に山ガールデビウ

登山者カードを書くのも真剣です
  

  

  
鍋割山の鍋焼きうどん登山の折りに立ち寄った丹沢のミズヒ沢にあるミズヒの滝。素敵な滝だったのだけれど、その時は雨模様で滝壺まで行けなかったんですな。今回はきれいな滝があるんだぞとカミサンをそそのかして一緒に行ってみました。

Yamagutsu_2

父ちゃんの趣味を正当化するには財源元の理解は不可欠。しかしなかなか同じ土俵の上には乗ってきてくれないんですぅ。そこでまず形から入る女性のために戦略的にお靴を買ってあげたという寸法なのであります。

Yamanobori

価格は安かったけどvibram社の靴底ゴムを使っている本格派。私の靴もそうなんだけどビブラムソールは沢などで滑りにくく、とても信頼性が高い。靴そのものはショップブランドの特価品ですが靴底豪華主義ですな (^_^;
そんなわけで理由を付けれたので梅雨入り前の日曜日、滝壺目指して踏み出しましたのであります。

Mizuhidaki

靴が調子良いらしく、カミサンは沢渡りや不整地もちゃんとついてきます。やっぱ道具ですかね。調子に乗って高さ3メートルの垂直の岩を登らせて、前回は行けなかった滝壺へ。
おぉ、これはすばらしい滝です。落差25メートルくらいですが水量が豊富で見応えがあります。今回はハードな登りはしないつもりだったのでデジタル一眼を背中に背負ってきていました。シャッター速度を1/8秒くらいにすると水が煙って良い感じになります。広角域が足らなくて、かろうじて滝の全体像が入った程度ですが雰囲気は切り取れました。

Yarareta

目的は達成、さぁ無理しないでかえりませう。ちんたら歩く道すがら、ふと足元を見るとズボンが血で赤くスポット状になっている。あちゃぁ、やられたかとズボンをめくってみると幸い血は止まっておりました。ヤマビルも私の気合いに負けてどこかで振り落とされてしまった模様。ズボンの裾は血に染まりましたが、おかげで上手い具合にかさぶたになったようです。カミサンは無事でした。男の血の方が好みだったようで・・・

ヤマビル野郎め、しがみついていたらタダでは済まさなかったものを・・・ 
梅雨明けからヤマビルの活動は活発になるのかと思っていたら、もう始まっているんですね。
気を付けねば・・・

« 標的射撃でたこわさび | トップページ | 私の腹のどこかに »

登山」カテゴリの記事

コメント

よかったですね、fibyさん。奥様と一緒に山歩き、これからは楽しさ倍増ですね。note
さすが、おしゃれな登山靴ですこと。とても歩き良さそうですし。
私も登山靴を買い換えないといけないのですが、ついつい億劫でいまだにツルツルの登山靴で、足元に神経を尖らせながら歩いています。r(^ω^*)))
ビブラムソール、要チェックですね。

日曜日に蔵王、刈田岳まで登山してきたのですが、fc2で投稿ページに入れずブログ更新できません (。>0<。)アチャーです。

ども、ミーさん。
石がごろごろと体の中を動いているらしくて生みの苦しみを感じているFibyです (^_^;

今回の靴はなかなか良かったようですよ。スポーツ用品店でバーゲン品の7000円くらいでしたが、外反母趾のかなり特殊なカミサンの足でもフィットしたようで、どうかなと思った岩登りや急斜の巻き道まで付いてきたのには正直驚きました。靴は基本ですねぇ。

> ビブラムソール、要チェックですね。

メジャーな登山靴では軒並み採用されているこの靴底ですが、悪くはないというのが200Kmくらい履いて歩いた感想です。登山道から外れなければどんな靴でも大丈夫なのでしょうが、特に滑りやすい沢などでけっこう踏ん張れるのがいいなと思ってます。
こればかりが選択肢ではないでしょうが、次の登山靴をお選びになる際に「ビブラムソール」の名前は覚えておいて損はないと思いますです。

> 日曜日に蔵王、刈田岳まで登山してきたのですが

同じ日にミーさんご夫婦も山登りをされていたのですね。雄大な蔵王の景色を満喫されたご様子。山ガールの先輩としてカミサンにどうぞご指導をお願いします。

シーちゃんも今度の北海道行きでトレッキングシューズを買ってきました。
で見せてもらってビックリ!あのコアテックスのタグが付いてるじゃあありませんか!
こ、これ高かったろ?って聞いたら、5千円位だとか。何でもセール品をゲットして来たらしくほぼ半値だった様です。この靴で楽しく歩けるといいですがね。
ヒル!出ましたね。ヒル除けって無いんでしょうかねえ。
ご夫婦揃って登っている姿、いいなあ。そうやって奥様を引き込んで行くのですね。Fiby先輩の手腕をノブは生かす事が出来るか。^^;

ども、野宿屋ノブさん、

おぉ、ゴアテのお靴いいっすね。さすがノブさんの新妻、半額品をゲットなさるとはしっかりしてらっしゃいます。
やっぱり足元は基本です。我が家のカミサンも靴を新しくしたら山行のお誘いに乗ってくるようになりました。

> ヒル!出ましたね。ヒル除けって無いんでしょうかねえ。

本県の山屋さんでは色々なヤマビル対策品が売れれています。「ヤマビルファイター」なんていう勇ましい名前の忌諱剤もあります。
まぁ、ボランティア精神てんこ盛りのわたくしでも、こんにゃろうに献血だけはしたくはありませんね。

> ご夫婦揃って登っている姿、いいなあ。そうやって奥様を引き込んで行くのですね。Fiby先輩の手腕をノブは生かす事が出来るか。^^;

とんでもないです。逆にノブさんスタイルをボクは勉強させてもらっていますよぉ。時に優しく時にワイルドに、ノブさんみたいにカウボーイスタイルで渋く決めたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/48570380

この記事へのトラックバック一覧です: ミズヒの滝・再訪:

« 標的射撃でたこわさび | トップページ | 私の腹のどこかに »