« テント用防水剤 | トップページ | 山の精霊 »

2010年6月 2日 (水)

ホタルの季節

Hotaru_3

ご近所では蛍が飛んでおります

可憐ですねぇ
  

  

  
昨年はちょっと時期を逸してしまい、満足に見られなかったホタルですが、そろそろ時期だとの情報を貰って、カメラ担いで行ってきました。今年はしっかりと見ることができました (^_^)v

Gouseihotaru1

ホタルは日没から1時間程度が勝負どころのようで、午後8時を過ぎるともうまばらになってしまいます。今回もちょっと遅かったので、すでにホタルさんはねぐらに帰る頃合い。仕方なく右の画像は5~6枚の画像を重ねて合成したものです。この位いっぱい飛んでくれると豪快で気持いいんですけどもね。

鳩山内閣も短命でした。わたくしはホタルのように短く美しく可憐に生きて参りたいと・・・言うわけにはいかないでしょうね。はい・・・

« テント用防水剤 | トップページ | 山の精霊 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

Fibyさん
おばんです
ホタル幻想的ですよね。
写真に撮るのは至難の技だったのですが、今は簡単なんですね。
もう少し色を青く、ほんで暗く、紫入れると良いのかな?

てか、私もデジカメ欲しいな~ (o´_`o)ハァ・・

ええ!もうそんな時期ですか!
これはFibyさんのご近所でしたっけ。風情が有りますねえ。
大山の麓の厚木の七沢温泉もホタルの里って看板出してたなあ。
もしかしてお嬢さんホタル娘なんてバイトやってたりして^^;

ども、花の五六八さん、

そちらの地方ではホタルの季節はもう少し先でしょうか。こちらの方は今が盛りって感じです。

> 写真に撮るのは至難の技だったのですが、今は簡単なんですね。

銀塩カメラでは高感度フィルムの入手が難しかったり高価だったり、撮れても粒子が粗くてちょっと見にくかったりで、なかなかマニア泣かせだったのではないでしょうか。

今ではデジタル一眼ならばISO1600が実用になるので、かなりまともに撮れるようです。上の画像でISO1600、絞り開放、シャッターはバルブで10秒くらいの見当で撮っています。
画像を何枚も合成していっぱい飛んでいるようにしていますが、こんなこともフリーソフトで簡単にできてしまいます。

困ったのはフォーカスで、真っ暗なのでピントが合っているのかどうかが分かりにくいのでなにか一工夫が必要のようです。撮れるということと見られる写真になるということとは別問題ですものね。

> てか、私もデジカメ欲しいな~ (o´_`o)ハァ・・

銀塩を極めた花の五六八さんだからこそ、デジタルに移行する意義があるのだと思います。NikonからはD400だかD500だかと噂される新製品のリリースがありそうですよぉ。

ども、野宿屋ノブさん、

ホタルってなんだか心和みますよね。この日はカミサンと行ったのですが、彼女も喜んでいました。
ホタルを画像に残すのはデジイチなら比較的簡単なのですが、それを見られる絵にするのはけっこう至難の業かなと思います。上の画像のように、ごちゃごちゃ飛んでいるのは不自然ですものね (^_^;

やっぱり現地で眺めるのが一番ですね。

> もしかしてお嬢さんホタル娘なんてバイトやってたりして^^;

そんな気の利いたムスメではございません (^_^;
どこかの100均でバイトして生活費を得ているようですが、4年生なのでそろそろ内定をもらわないと・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/48527862

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルの季節:

« テント用防水剤 | トップページ | 山の精霊 »