« りんごあめ | トップページ | 電波利用料 »

2010年8月23日 (月)

広角ひずみ

Hamabi

先日撮影した花火大会

よく見ると地平線がゆがんでいます
   

  

  
上の画像の地平線あたりに並んだ照明の明かりをみるとけっこう大きく歪んでいるのがよくわかります。地球は丸いのだから逆に歪むのならわかるのですけどもね。
これはレンズの広角ひずみとかタル型ひずみとか言う光学的な現象で、程度の差こそあれ広角レンズでは避けられないもののようです。

Dejiichi

Condegi

Keitai

昼間の画像ですが、同じ箇所でコンパクトデジカメと携帯電話のオマケデジカメの両方で撮った画像も比較のために載せてみます。
焦点距離は比較するために35mm換算でおよそ28mm相当程度に合わせてあります。コンパクトデジカメの地平線はきれいに真っ直ぐに伸びていますが、これはカメラ内部で補正を掛けているからです。もうひとつの携帯電話おまけデジカメでも少しは気になるけれどデジタル一眼よりその歪みは少ないです。これは素通しに近い非球面レンズを使っているため歪みが出にくいのだと思います。

広角ひずみはレンズの仕様上仕方のないものと考えなければいけないのでしょうが、コンパクトデジカメは電子的に補正してしまうという合わせ技を使って、かなり健闘をしているのは事実でしょうね。

各社がしのぎを削るコンパクトデジカメ市場。あなどれませんね。

« りんごあめ | トップページ | 電波利用料 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

最近のコンデジの出来には脱帽です、普段デジイチはすっかり使わなくなってしまいました。それでもコンデジにあれこれ性能を求めて買ってしまう自分に呆れてたりしてますけど---
歪みなど問題もあったりしますがCCDの大きいカメラの方がやっぱ綺麗ですよね。コンデジとデジイチ使い分けていい写真沢山撮って下さいませ(^O^)/

レンズのひずみって楽しいです。
広角では柱の縦線を垂直にしながらの絵作りや、自分の位置で写真が大きく変わります。

また「ひずむ」のもレンズの特性でカメラではありませんよね。
周辺光量や収差も大切ですが、要するに使い方次第だと思います(笑)

花火の写真は、フィルム時代に、ISO100、F8で、発射したらシャッター押して、花火が開き終わったら離す。
なのでISO200なら、絞りもその前後で試しながら撮影したら良いと思います。
又、ズームレンズなら露光時間内にズームするのも面白い効果がありますよ。

あと、画素数よりノイズの方が大切かな?

?広角レンズで画像が歪む?あれ?普通でないのかい?あ、補正の話ですね。
一眼レフカメラの楽しみの一つは、レンズが選べるって言うのが大きいでしょう。
広角、超広角レンズは使っていて楽しい。この歪みが有るから使うってのも有りますよね。花の五六八さんがおっしゃっている様に使い方楽しみ方次第って事でしょうね。
でもコンデジやらはこんなに補正してくれちゃうんですか!良いと言えばいいのでしょうが....^^

ども、君ちゃん、

> 最近のコンデジの出来には脱帽です、普段デジイチはすっかり使わなくなってしまいました。それでもコンデジにあれこれ性能を求めて買ってしまう自分に呆れてたりしてますけど---

コマーシャルユースではもちろんデジイチでしょうが、手軽に持ち出せるコンデジはその手軽さ故にシャッターチャンスを逃さないという点で、お出掛けツールとしての有用性を見い出せます。
そこそこ写ってくれるならお手軽なコンデジでいいや的な妥協の産物なのかもしれませんが・・・

> 歪みなど問題もあったりしますがCCDの大きいカメラの方がやっぱ綺麗ですよね。

もちろんです。受光素子の面積で比べるとAPS-Cのデジイチとコンデジを比べると13倍もの違いがあるんです。こりゃ写りが違って当然ですよね。

> コンデジとデジイチ使い分けていい写真沢山撮って下さいませ(^O^)/

はぁ~ぃ、シロウトはシロウトなりに色々な写真を撮ってみたいです。まずは数をこなしますです。

ども、花の五六八さん、

> レンズのひずみって楽しいです。

パンケーキなどの超広角を使いこなすお方ならば、レンズの特性に合わせた使い方はお手の物でしょうね。

> また「ひずむ」のもレンズの特性でカメラではありませんよね。

おっしゃるとおりです。文中でわたくしが申し上げているのは、コンパクトデジカメがレンズと電子回路の組み合わせで、高額な広角レンズでも出る広角ひずみを真っ平らに修正してしまうところは、なかなか馬鹿にできないものを持っているということを言っているわけでして、デジイチの写真撮影機能やレンズが劣っているとか優劣をつけているとか、ましてやレンズの特性を否定するとかでは決してありません。

デジタル一眼も私の大切なツールです。花火の写真もコンデジではあんな具合には撮れなかったことでしょう。

> 又、ズームレンズなら露光時間内にズームするのも面白い効果がありますよ。

その作例を見たことがあります。芸術は爆発だ的な写真になりますよね。やってみたかったのですが、あの混雑の中ではシャッターを押すのが精一杯でした。

もう8月も末・・・残る大きな花火大会は諏訪湖ぐらいでしょうか・・・

ども、野宿屋ノブさん、

> ?広角レンズで画像が歪む?あれ?普通でないのかい?あ、補正の話ですね。

そう、そこなんです。コンデジは専用レンズと内蔵電子回路の合わせ技で、本来出て然るべき広角歪みを真っ平らに補正してしまうのはすげぇやというお話です。

もったいない話ですが、デジイチとコンデジではやはりコンパクトデジカメの方が出動回数は多いです。お手軽さにかなうもの無しみたいな感じですかね。でもここ一番の気合いを入れた写真行には勿論デジタル一眼です。その意味では選択肢のある自分は幸せ者です。

> でもコンデジやらはこんなに補正してくれちゃうんですか!良いと言えばいいのでしょうが....^^

光学的な歪みは球面レンズを使う限り出てくるものです。レンズの特性として写真の結果を許容出来る場合と出来ない場合。目で見たものを忠実に記録するために電子的な補正を掛けてやるのがいい場合と良くない場合とあると思うんです。
要はケースバイケースですね。そこが絵作りに通ずるのでしょう。

まぁそれはさておき、やはりコンデジの補正機能はすごいと思います。真っ直ぐに目が認識すべきものを真っ直ぐに記録できるっていうのは、当たり前のようでいてすごいことなのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/49230806

この記事へのトラックバック一覧です: 広角ひずみ:

« りんごあめ | トップページ | 電波利用料 »