« タダのお風呂の入り方 | トップページ | どぜう賛歌 »

2010年9月14日 (火)

キジはやっぱり丸焼き

Kijizuke 本日はとっておきの

キジを調理します
   

  

今日は下宿先から帰って来ている娘のために取って置きのニホンキジを調理してやることにしました。男親は娘には弱いものです。私が獲ったキジははるか昔に家族のお腹中に収まっていて、このキジは尊敬する先輩ハンター氏よりの頂き物をここぞと言うときのために大切に冷凍保存していたもの。マイナス30度以上で保存しておくとけっこう鮮度が保てるものです。

Pirafuzume

Shitagoshirae

前回と同じくオーブンで丸焼きにしますが、今回は途中で照り焼きのタレを刷毛で塗って、見た目がきれいに焼き上がるようにしてみました。調味料は画像に写っているこれだけ。もともと淡泊なキジ肉ですがチューブニンニクで下ごしらえからスタートします。
お腹の中には冷凍のエビピラフを詰め込んで結束線で蓋をします。肉汁がしみて、このピラフがまた絶品なんです。

Dekiagari

30分ほど250度の電気オーブンで焼いて出来上がり。照り焼きのタレがうまく効いて、こんがりと美味しそうに仕上がっております。見た目だけでなくほんとにうまい。猿、熊、キジは家族にすこぶる評判がよいです。頂き物のケースが多いんですけどもね。

娘よ、キジを食べて精をつけて就活戦線をがむばってくれぃ。もうすぐ終わっちまうぞぉ~

« タダのお風呂の入り方 | トップページ | どぜう賛歌 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

キジさんもFibyさんに調理されて本望だと思います。
それにしても美味しそうです。
娘さんも喜びますね♪

今朝の熊さん冷凍にしたら送ります。

ども、花の五六八さん、

キジさん、美味しく頂戴いたしました。いつもありがとうございます m(_ _)m

おかげさまで娘も喜んでおりましたです。胸肉と手羽、モモは家族に取られてしまったので、父ちゃんは背中のお肉をそいて食べていました。それでもうまい。

今回はローストしている途中で照り焼きのタレを塗ってやったのが功を奏して見た目に良い感じに焼き上がりました。中身が美味しいのは勿論ですが、見た目が美味しく見えるとより食欲も増しますよね。
キジは網焼き、キジ鍋、ローストと作っていますがどれもほんとに美味しいですね。素材の良さが光ります。

>今朝の熊さん冷凍にしたら送ります。

どっひゃぁ\(^。^)/ほんとですかぁ、うれしいなぁ。
玄関に立ってお待ち申しあげておりますですよぉ~

賛成。ジビエはやっぱりオーブンですよね。
でも、一羽のハトを三人で食べるときは、バターとホットプレートの出番ですかね。
ところで、家庭用の「はねむしり機」をご存知でしたら教えてください。
ネットで散々調べたのですが、業務用か自作以外にはありませんでした。
不要になった洗濯機での改造も考えたのですが自信がありません。
鴨などは袋剥ききにして食べているのですが,皮の部分がもったいなくて。。。

ども、クラウドさん、お久しぶりです。

> 賛成。ジビエはやっぱりオーブンですよね。

はい、丸焼きが出来る素材はそのままの形で焼くとワイルドな感じがして野生肉の雰囲気がいいですよね。でもキジくらいがオーブンに入る限界です。

> でも、一羽のハトを三人で食べるときは、バターとホットプレートの出番ですかね。

なんだかホットプレートを見つめる三人の視線が熱そうです。まだホットプレートでキジバトをバター焼きにしたことは無かったです。まだ5~6羽在庫があるのでやってみたいですね。

> ところで、家庭用の「はねむしり機」をご存知でしたら教えてください。

すいません、ぜんぜん知りませんです。家庭でも使えるそんな便利なものがあったらボクも使ってみたいです。鴨も手慣れた人が剥くと早いのでしょうが、ボクがやると棒毛まできれいに取って、やっぱり一羽30分以上掛かります。定数なんか獲れた日には痺れちゃいますよね。未だに鴨定数は無いですが・・・(^_^;

> 鴨などは袋剥ききにして食べているのですが,皮の部分がもったいなくて。。。

そりゃもったいない。やっぱりあの皮のつぶつぶがうまいですよね。鍋でも焼き物でも、やっぱり皮付きがいいかなぁと思いますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/49448497

この記事へのトラックバック一覧です: キジはやっぱり丸焼き:

« タダのお風呂の入り方 | トップページ | どぜう賛歌 »