« どぜう賛歌 | トップページ | 鴨・月見バージョン »

2010年9月16日 (木)

ナンですナン

Curry

インド人も納得

やっぱりナンはこんなかっこじゃないとね
  

  

神奈川県横須賀市は以前より「カレーの街よこすか」というキャッチフレーズでカレーライスを町興しに利用しておりました。別にカレーが特産であったわけでもなく、商工会議所の若手達が、特産品のない同市をアピールする題材として海軍さんにまつわるカレーを選んだという経緯があったと聞いています。まぁそれ自体はけっこうなことだと思いますね。

米軍基地の前、雑居ビルの二階にあるカレー屋さん。インド人とおぼしき二人が仕切るお店ですが、米国人向けの雰囲気なので日本人はなかなか気軽に入りにくい。でも美味しいよという評判を聞いて週末に乗り込んでみました。

このでっかいナンとサフランライス、さらに小鉢のサラダが付いて日本円だと700円ときたもんだ。ナンもバターの風味がほんのりと効いてとっても美味しい。こりゃ窯焼きでしょうな。

海軍カレーやハンバーガーもいいですが、本格インドカレーも捨てたもんじゃないなと思いますです。

« どぜう賛歌 | トップページ | 鴨・月見バージョン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな、ナンです。
私の町にも、ヒマラヤン何とか・・・と言う店が在りまして以前、娘と食べに行きました。
ナンは本当に美味しかったです。
でもカレーは私や娘の口には合いませんでした。

その後、あのナンを自宅で作ろうと頑張りました(笑)
粉にも凝りました。
せっせと、作り気が付いたら、もう誰も食べきれない・・・・

ども、花の五六八さん、

ヒマラヤにもナンがあるらしいですが、インドカレーに付いてくるナンとはだいぶ違うんだそうですね。ボクはあの薄くてだだっ広いナンが好きです。
像みたいな格好をしたナンが本格的なんだとか・・・

>でもカレーは私や娘の口には合いませんでした。

カレーって日本人にはけっこう万人受けするメニューだと思うんですが、花の五六八さんと娘さんの双方の口に合わないっていうのは相当のものだと思います。

>その後、あのナンを自宅で作ろうと頑張りました(笑)

すごいっすね、ご自宅で作っちゃうんですか。薄いので焦げずに焼き上げるってけっこう難しいのではないでしょうか。
ナンも焼けるというパン焼き器があるのでちょっと興味があったりします。

カレーと言うのは世界の何処にでも店が有るのではないでしょうかね。中国人同様インド人の商魂の表れでもあるのでしょうか。命を掛けて手に入れたスパイスの固まり、「カリー」はやはり世界の料理に相応しいのですね。
ノブの住む小さな丹沢麓町にインド人が作るインド料理店が2軒有ります。「本物のインド料理」と言う看板が気に成り行ってみましたが、謳い文句通り「非」日本人向けなその味が気に入りました。花の五六八さんがイマイチだったのはそう言ったお店だったのかもしれませんね。
何でナンはこの形?と言いながら美味しく頂きお腹いっぱいで満足でした^^/
家カレーなら3日は続けて頂くノブです。

ども、野宿屋ノブさん、
すいません。このコメントを見落としておりまして先ほど気が付きました m(_ _)m

カレーはなんといってもスパイスでしょうね。日本で食べるカレーは日本風にアレンジメントをしてあるので、本場へ行って食べると日本カレーとのギャップに唖然とすると聞きます。本場では食べたこと無いけど・・・

欧米人はスープみたいなさらっとしたものが好きのようですが、アジア人はトロトロ系ですね。
丹沢山麓にも本格カレー屋さんが進出しているとのこと。良いお水が湧くところなのでカレーも美味しそうです。ボクが行ったカレー屋さんのルウもちょっと日本離れしておりましたね。辛さは10段階くらいあって真ん中レベルの"HOT"を選んだのですが、日本の「大辛」クラスだったです (^_^;

> 何でナンはこの形?と言いながら美味しく頂きお腹いっぱいで満足でした^^/
> 家カレーなら3日は続けて頂くノブです。

カレーはもはや日本のトラディショナルフードと化しておりますね (^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/49469938

この記事へのトラックバック一覧です: ナンですナン:

« どぜう賛歌 | トップページ | 鴨・月見バージョン »