« 山水筒紛失 | トップページ | デジタル時計耐久試験中 »

2010年9月 1日 (水)

ダイヤモンドじゃない富士山

Nondiamond

お友達から情報を貰って

ダイヤモンド富士に挑戦するも・・・
  

 

ざぁ~んねん、太陽がだいぶずれてしまいましたぁ。今日は私の自宅位置からダイヤモンド富士が見られるよとのことだったのですが、残念ながら日没時間に自宅へ帰ることができないので職場の近くで撮ってみました。撮影場所がずれるとこんなにも違うものなのですね。ダイヤモンド富士、深いです。

Fujiyugure

日没後の富士山もきれいでした。もうすっかり大気は秋のそれですね。でも気温だけは真夏並みが続いております。明日も最高気温35度の予報です。

今日から9月、今月はまたあのいただきに立てるかな。

« 山水筒紛失 | トップページ | デジタル時計耐久試験中 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

ダイヤモンド富士・・・
有名ですよね♪

Fibyさんも挑戦したんですか・・・
確かに条件が厳しいですよね。

先日(8月29日3っ目の記事)の太陽の撮影の件ですが、やってみました(笑)今日UPしてみました。


もう、目が痛かったです(大笑)
こんど、ダイヤモンド・リングを作って撮影してみますね。

なおなおさん、ありがとうございます。
拝見致しました。
さすが、素敵な写真ですね♪
引付けられます。

Fibyさん、こんにちは。

今日は、富士山が、一日中見えていたようですよ。

職場から富士山が見えるのかな?そこから、撮ればいいのですよね。まだ、富士山の右側に太陽があるので、まだ、これからですよ。1週間くらい先かな?

花の五六八さん、まだまだ、撮り始めたばかりで、なかなか満足の良く写真は、撮れません。

ども花の五六八さん、

> Fibyさんも挑戦したんですか・・・
> 確かに条件が厳しいですよね。

いやぁ、地理的条件がこんなにシビアだとは思いませんでしたです。ボクの位置から10Kmほど直線で離れたところで撮っていたなおなおさんはドンぴしゃで、火口へすとんと落ちていく富士山をきれいに捉えていました。

> 先日(8月29日3っ目の記事)の太陽の撮影の件ですが、やってみました(笑)今日UPしてみました。

拝見しました。素通しの光学ファインダーを備えるデジイチは太陽光がまともに目に飛び込んできて優しくないですよね。こんな時にはライブビュー機能を使って液晶モニタで確認しながら撮るといいかもですね。
太陽を正面に据えてスミアがでていないのは、さすが高性能な受光素子を備えたデジカメだなぁと感心します。

ども、なおなおさん、

ちょっとポジションがずれただけでも、こんなにまで太陽の位置がずれるんですねぇ。とってもシビアな世界に驚きました。
なおなおさんは毎回緻密な計算をしてトライしているんでしょうね。
ボクもひとつずばりのポジションと日程で再挑戦したいですぅ。

あれ〜?ノブの所の屋上からも見えるのか?
本日観察してみましょう。

しかし二枚目の海を舐めた夕暮れの写真。
いいわ〜゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

ども、野宿屋ノブさん、

>あれ〜?ノブの所の屋上からも見えるのか?
>本日観察してみましょう。

富士山の火口が見えるところならどこでもダイヤモンド富士になる可能性は持っています。特にノブさんのところはさらに富士に近いのでいい感じになるのではないでしょうか。
でもボクも狙いましたが今日はちょっと雲が厚くてだめだったですね。残念っ・・・

>しかし二枚目の海を舐めた夕暮れの写真。
>いいわ〜゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

ご評価いただき嬉しいです。けっこう考えて撮った写真なんですよぉ。空・陸・海をどうバランス配分して富士をどこの位置に置いたらもっとも効果的かシロウトながら考えて撮りました。普段はマイナスに振っているEV調整をあえてプラス側にしたりして少し生より明るい絵にしています。
もっといい撮り方もあったでしょうが、ブルーの空と富士山の存在が下手くそ写真をカバーしてくれました。

やっぱり富士山って絵になる山ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/49317245

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドじゃない富士山:

« 山水筒紛失 | トップページ | デジタル時計耐久試験中 »