« エゾシカの三段角 | トップページ | 深いぜハンディGPS »

2011年1月 9日 (日)

1月の富士登山2011

Asayake 最近ご無沙汰の富士山

様子を見に行ってきました
  

  

 
正直に言って私に冬山のスキルはない。縦走用ピッケルと6本爪アイゼン程度はあるけど、雪山訓練を受けていないので滑落停止などの技も持っていない。従って本格的な雪山は命が惜しいので行かない。でも富士山の様子はちょっと気になっているんですよね。

手持ちの道具でも二ッ塚くらいは行けるかなと御殿場口側からちょっくら歩いてみました。
登山道への接続道路も通行止めのため二合目の太郎坊に車を駐めて踏み出します。気温は車の温度計読みでマイナス10度。雪は少ないですがけっこうな温度です。

Fujihouei_2PickelTatsumaki 

樹林帯を抜けると大きな富士山が顔を出しました。思ったよりは雪が少ないです。でも夏場はすかすかの砂礫の地面はツンドラの永久凍土のように凍っていて逆に歩きやすい。まぁこれも標高の低いところだけで、上に行けばパリパリの氷が待っているんでしょうね。
軽量の縦走用ピッケルはこの程度の使用にはぴったりです。

宝永火口が直ぐそばにあるので、雪も少ないしあそこまでは行けるかなと砂走りを登っていると、前方から竜巻が迫ってきた。ぐるぐる回っているのがよく見える。こりゃやばいとにわか仕込みの耐風姿勢でかわす。ぼぉ~っと立っていると吹き飛ばされそうな強風です。巻き上げられた砂や砂礫が顔にボコボコ当たって痛いのなんのって・・・(^_^;

富士山おろしとでも言うのでしょうか。こんなのが10分おきくらいに山頂方面から下りてきます。三発目を食らって宝永火口はきれいさっぱりと諦めました。登山道を逸れて二つ塚へ登ります。

FutatsuzukasFutatsuzukaAmagi
二ッ塚は西暦801年に噴火しているらしいけど、今はその片りんもないです。稜線がきれいなまだら模様を描いておりました。
塚の上から見ると富士も宝永火口もあんなに近くに見えるのになぁ。近くて遠い富士山です。高い方の塚から下の塚を見ると雲海の向こうに見えるのは伊豆の天城山かな。きれいに頭を出しておりましたよ。

FujifutagoKinen ともかく風が強いのでさっさと引き上げます。麓まで降りてきて風が収まったので記念写 真。もう持参の山バナナを食べている時間も無かったです。皮を剥いた時点で砂じゃりじゃりを覚悟しないといけません。

もう少し雪が降って安定してきたら宝永火口までは行ってみたいなぁ。次回の目標ができました。

« エゾシカの三段角 | トップページ | 深いぜハンディGPS »

富士山」カテゴリの記事

コメント

凄く綺麗な写真ですね。
人も写っていません。
透き通るような青空・・・
最高ですね♪

でも、やっぱ最後の写真はバナナ持たなきゃ(●´艸`)

この日は下界も風が強かったですよね。
竜巻が起こるんですか!しかも連発で。体感気温はかなり低かったでしょうね。
御殿場口登山道。GPSのログはジッパーをトレースしてませんが、直登したって事ですか?
その頃私は爆発寸前の腹を抱えて右往左往してました^^;

ども、花の五六八さん、

> 人も写っていません。

ほんとに人いませんでした。人間を見たのはボクの100m後ろを登っていたハイカー氏だけ。その方と車置き場で会ったのですが、ボクが諦めた後もがんばって登っていたらしいのですが、終いにはこぶし大の石まで飛んでくるようになって諦めたと言っていました。それほど凄い風でしたよ。
竜巻の中にまともに入ったのも初めてで良い経験をしました。

> でも、やっぱ最後の写真はバナナ持たなきゃ(●´艸`)

次回は砂まみれ覚悟でバナナ食べてきます (^-^)/

ども、ノブさん、

> 竜巻が起こるんですか!しかも連発で。体感気温はかなり低かったでしょうね。

竜巻がまともにこっちへ向かって来たときにはけっこうびびりました (^_^;
こんなのが10分おきに山から降りてくるんですからもうたまりません。体中砂まみれで、空気の入り込めるところは軒並み砂が入っていましたよ。チャックしてあるザックのぽっけの中まで砂がじゃりじゃりに入っていたのには驚きました。

体感気温は低かったですがレイヤリング(重ね着)がうまくいって程良かったです。ユニクロのヒートテックえらい。
山のマイナス10度ではどの程度着込めばいいかというのも今回学習しましたです。

> 御殿場口登山道。GPSのログはジッパーをトレースしてませんが、直登したって事ですか?

竜巻に負けて登山道を逸れてからは勝手気ままに歩いてきました。砂礫の地面が凍っていて夏場と違う感触が面白かったです。

> その頃私は爆発寸前の腹を抱えて右往左往してました^^;

あのお腹は正月明けのボクと同じようです (^。^)
今回歩き回って2Kgやせて年明け前の状態に戻りました。お腹凹ませるのに山歩きはいいですよぉ (^-^)/

誰もいない富士、閑散としていて冷え冷えとした感じですね。
でも、とてもきれい。
強風で作られた風紋がとても芸術的で素敵ですね。

くれぐれもご無理のない冬山歩きを・・・fuji

ども、ミーさん、

関東平野に住まうものにとってマイナス10度はちょっと涼しかったですが、北国の方々は冬場あたりまえの気温なんでしょうね。
風紋ですかぁ。なるほどそういう表現は詩的でいいですねぇ。

ご心配ありがとうございます。身の程はよく心得ているつもりですので相応の遊びをしようと思っております。
っていいますかまだ死にたくないですぅ (^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/50539879

この記事へのトラックバック一覧です: 1月の富士登山2011:

« エゾシカの三段角 | トップページ | 深いぜハンディGPS »