« 山用非常電源器 | トップページ | 御中道一周のために その2 »

2011年6月26日 (日)

御中道一周のために その1

Iwa_2 初心者による初心者のための

お中道講座です
   

   

 
富士山の主要4登山道は完歩した。お鉢巡りもやった。宝永山や連絡道などのバリエーションルートも歩いたとなると、次なる目標を決めていかないといけないですね。村山古道や吉田口など0合目から登るのも楽しそうですが日帰りではちょっとできません。そこで御中道が浮上します。
富士山中腹の標高2300mから2800mあたりを中心にして一周するもの。でも現在はというと以前は登山道の体を為していましたが昭和52年に大沢崩れで落石事故があり、以後山梨県側の一部を除き廃道扱いとなっており、もう明確な道そのものがありません。

Ochulog 富士山の中腹周囲をぐるっと一周回る御中道めぐり。アドベンチャー的要素がたっぷりで、冒険好きなあなたには堪えられない魅力のあるトレッキングコースとなること請け合いです。公称距離25Km、コースで楽をしたとしても標高差はかれこれ1000m程度はあり、1日で回り切るためには若干の気合が必要かもしれません。私は大沢崩れでミスコースをしてしまって31Km、18時間を必要としました。結構な修行でした (^_^;

Kanban1さて、御中道を回ってみようと思い立ってやることは、まずサーチを掛けてインターネット上のサイトで情報を収集することから始めますよね。「御中道」とか「お中道」のキーワードでで探すとそれこそ沢山のHPやブログがヒットしますが、ハイキングコースと化している山梨県側の河口湖口(吉田口)五合目と大沢崩れ間だけを対象とした記事とか、ベテランの健脚の方がすごい勢いで回ってしまうような記事みたいなのが多かったです。勿論それらもとっても参考にはなるのですが、この辺がもう少し事前に判っていれば良かったのになぁと思った点も私なりにはありました。
そこで私と同じような富士山をもっと深く知ってみたいというくらいの山経験の方が、御中道に挑戦する際に役に立つ情報をピンポイント的にまとめてみようと考えたわけであります。マイナーな当ブログらしいマイナーな発想です。

というわけで、以降何回かに分けてご紹介したいと思いますです。

« 山用非常電源器 | トップページ | 御中道一周のために その2 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

31キロ18時間って大変ですね。

山頂なら一日で何回も回れそうです(笑)

ども、花の五六八さん、

富士宮口五合目からですと山頂まで4.5Kmくらいですので31Kmだと三往復くらいできちゃう勘定になりますね。現実はそんな簡単にはいかないのですが・・・(^_^;

達人の方々がよくやっている2登(一日に2回、五合目と山頂間を往復する)ってのも今度挑戦したいかなと思う目標です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/52046002

この記事へのトラックバック一覧です: 御中道一周のために その1:

« 山用非常電源器 | トップページ | 御中道一周のために その2 »