« カラスのお墓 | トップページ | 県立伊勢原射撃場開かず »

2012年2月18日 (土)

修学旅行でスキーって・・・

Fubuki 家族でスキーに行きました

10年ぶりくらいかな
  

  

  

Seiten

子供が小さい時分はちょうどスキーがブームだったころで、よく家族でゲレンデに行っていました。時は流れ子供達は成人してスキーブームは去り、とうちゃんだけその思い断ち切れずにこつこつと出掛けておりました。
ところ~が、今回なぜか意見がまとまって家族スキーが実現。よっしゃぁととうちゃんは張り切って段取りして2日だけでしたが家族でゲレンデに立てました。初日は猛吹雪、2日目は上天気という組み合わせ。いちばん喜んでいたのはとうちゃんかな (^_^;

さてここからが本題。

Shuugaku

ここは長野県白馬地区のはずれにあるスキー場。八方尾根、栂池高原などという有名所から離れているため、落ち着いてスキーをするにはいいところです。リフトから見るとおそろいのウェアを着た一団がいます。リフトに乗り合わせたスキースクールの先生に聞いたところでは300人の修学旅行の団体さんなのだとのこと。写真では小学生みたいに見えますが関西の日大と言われるマンモス大学の附属高校の皆さんでした。

しかし部活動のスキー合宿ならわかりますが、高校の修学旅行でスキーってのもピンときませんな。まぁ旅行と言っても授業の一部という解釈なら仕方ないのでしょうが、でもなんでこの時代にスキーなの?という疑問はありますね。若い子達ならばスノーボードの方が良い気もしますが、安全上の問題もあるのかもしれませんね。

Daruma

スキーロッカーあたりで子供達と会いましたがみんな楽しそうな顔をしていない。笑顔がないんですよね。スキーの経験のない子供達がほとんどだそうなので初日は確かに苦行かもしれません。ただ修学旅行ってもっと楽しいものだと思うんですよね。

宿や旅行会社としては300人以上が3~4泊してくれる大きな商売になります。修学旅行誘致のために先生方の下見旅行で飲めや歌えやの大宴会を丸抱えっていうケースも話に聞いたことがあります。いえこの学校ってことではないですよ。スキーウェアやスキー道具も小物を含めて上から下まで全部レンタルなのでそのビジネスも大きいでしょう。宿としても平日の客室を埋めて回転できる。
いろんな思惑が交錯しているのでしょうが、少なくとも子供達のサイドからスキーの修学旅行が提案されたのかははなはだ疑問です。

Yado宿は私たちと同じだったですが、修学旅行生は温泉大浴場やゲームコーナーへは入場禁止。夜間は宿泊しているフロアに塩漬け状態。悪い気を起こして外へ抜け出そうと思っても雪深い山の一軒だけあるホテルなので抜け出す意味が無い。その点では先生方の管理上はこんな場所が好都合なんでしょうね。
我が家は先に帰ってきてしまいましたが、修学旅行後半で子供達に笑顔が戻っていることを願ってやみません。

ちなみに私の高校時代の修学旅行は京都・奈良でした 神社仏閣さいこうぅ (^-^)/

« カラスのお墓 | トップページ | 県立伊勢原射撃場開かず »

スキー」カテゴリの記事

コメント

家族旅行さぞかし楽しいお時間を過ごされたことでしょうね。
一日目は残念でしたね、でもご家族で過ごすのにはゲレンデでなくてもホテル内でも有意義なお時間だったことと思います。翌日はお天気にも恵まれて、信州の雄大な山々を見ながらのスキー、楽しい光景が見えるようです。snowboard
我が家も数年前に家族で苗場スキー場のホテルに集合して、楽しい時間を過ごしたことが懐かしく思い出されます。
うちも又家族でスキー旅行したいな~note

私もゲレンデで修学旅行でスキーに来ている生徒たちを良く見かけることがありますが、皆さんウインタースポーツとはなかなか縁のない環境の学校などが多いのではないでしょうか。
先日安比に来ていたのは東京の有名お嬢さん学校の生徒さんたちでしたが、楽しそうでしたよ。生徒さん達は良い体験をされて、きっと後々までの良い思い出になったと思います。

ども、ミーさん、

ほんとに久しぶりの家族揃っての旅行だったので父ちゃんは張り切っていましたよぉ。今回は娘がけっこう引っ張ってくれた感があって、腰の重いカミサンやセガレが乗ってくれました。初日は家族でナイターまでやっちゃったんですよぉ。

苗場で家族スキーとはメジャーですね。プリンスホテルに泊まってレストランアリエスカでディナーなんて最高のひとときですよね。
その苗場プリンスも今では冬季のみの限定営業となってしまいました。なかなかオフシーズンの観光客誘致は難しいようです。

安比の修学旅行生は楽しそうでしたか。う~ん、多分白馬の学生さんたちも日を追って笑顔になっていったんでしょうね。

300人を10人ずつに分けても30人のインストラクターが必要になる勘定です。とてもスキー場だけではまかない切れないので外部から指導員を募るのでしょうが、どんなインストラクターに当たるかでも楽しさが変わってくるんですよね。

彼氏彼女らにとって思い出になることは間違いないでしょう。最終日にSAJの検定をやって、みんなに3級を上げる修学旅行もあるようですが、この修学旅行では無いとのことでした。そんな励みもあるとまた楽しいんですけどもね。

ちょっといいですか、私も実は高校の修学旅行はスキーでしたw私の高校は大変お行儀がよく、おとなしいため福島県の
よくわからないスキー場の近くのホテルに泊まりスキー場を
往復するだけのものでしたwちなみに3泊4日だったと思いますw当然ホテル、スキー場は貸切状態で他校の生徒ともめる心配もない平和なものでした、ホテルの周りは何もなく、売店もしまっており各販売機も使用不可になっていたような気がします(ジュース除く)我々はこれを軟禁と呼んでいましたwでも先生方も多少のことは目をつむってくれて今となっては非常にいい思い出ですw

ども、トリガーさん、

へぇ、意外に修学旅行がスキーっていう学校があるんですねぃ。福島県だと猪苗代とか猫魔とかかな。無雪期にしか行ったことがないですが良いところですよね。

宿が貸し切りだったらけっこう自由にできそうですね。でも雪国だと夜中にこっそり抜け出してってことが出来なさそうなので悪さもしたくても出来ないのも歯がゆそうです。

上の記事のホテルは14階建ての大きなリゾートホテルで、我が家のような一般のお客さんもいっぱい泊まっているのでホテル側が配慮して修学旅行生を5階のフロアに文字通り軟禁状態に置いているのがちょとかわいそうだなぁと感じましたね。大浴場にも学生の姿が無かったので風呂まで制限しているのはいかがなものかと。
ゲームコーナーには「修学旅行生立ち入り禁止」の張り紙が張ってありました。

まぁ楽しみはそれだけではないので学生さん達もいい思い出を作ったことでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/54013264

この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行でスキーって・・・:

« カラスのお墓 | トップページ | 県立伊勢原射撃場開かず »