« 金環日食見えたっ | トップページ | 変なパトカー »

2012年5月27日 (日)

5月の富士登山 2012 滑落も目撃

Fujigogoume

夜明けの富士宮口五合目

良いお天気になりますように・・・
  

 

 
先月に続いて5月26日、富士山を登ってみました。今年の山は雪解けがほんとに遅いです。五合目までの取付道路の除雪はけっこう早くに終わったようですが、そこから上が雪たんまり。こりゃ7月1日の富士山開きはちょっと難しそうな感じもしますね。

Gogoume

2400

6goukoya

富士宮口五合目駐車場あたりには大きなバリケード、その先2400m看板のところにもロープで通せんぼ。さらにはおなじみ六合目小屋の横にも通行止め看板があります。ここのところ冬山装備も持たない無謀な登山で事故が相次いでいるので仕方のないところかもしれません。

DaishamenIwahibari

Chopper

なんと富士山ではまた雪が降ったみたいです。堅い雪の上に新雪が積もっていて実に歩きにくい。富士山の冬はまだ終わってはいないようです。

イワツグミイワヒバリがいました。標高3000m前後を生息域とする鳥で富士山では1年を通して目にする鳥です.。人をあまり恐れないのがかわいいですね。
標高3000mを越えて元祖七合目小屋をすぎるあたりでヘリコプターが頻繁に頭上を通過していきました。どうも2日前の5月24日に行方不明となった外国人を捜索していたようですね。ご苦労なことです。

8goukoya

9goumekoya

Sanchotorii

八合目、九合目と小屋はいよいよ雪に埋まっています。くだんの救出された外国人は登山用具を持たない軽装でよくぞこの九合目まで登ってきたものです。
九合五勺小屋を過ぎで山頂鳥居が見える所まで登ってきましたがここで問題。雪面はぱつんぱつんの氷に変化して、時折氷の塊を巻き上げて吹く突風に阻まれました。ここは冬場はアイゼンも効かない蒼氷が張る難所で有名なところです。ややしばらく頑張ったものの、標高3600m付近にて撤退を決めました。上右の画像のように風にあおられたらピッケルとアイゼンを使った三点支持をして耐風姿勢を取らないとそれこそあおられて滑落という結果になります。私の縦走用ピッケルではあまりに心許ない。実はこのピッケルでは滑落停止は目一杯怪しいときている。あともう少しで山頂だったのですが、まぁ命あっての物種です。

Katurakusha

私が下山を始めた時点でも多くの方が山頂を目指していて、大丈夫かなぁと思って居た矢先、後で大声がして振り返ると、先ほど私がUターンしたあたりから登山者が仰向けに滑落してくるのが見えました。幸いにして九合五勺付近の鞍部にて自然に止まり、周囲の大丈夫か?の問いかけに立ち上がって腕で○を描いて答えていたので大事にはならなかった模様。

実はその後下山した五合目駐車場で富士山の有名人やまちゃんにお会いして少しお話ししたのですが、彼もこの滑落登山者のそばに居たらしく、腕はすりむけて雪面に点々と血をしたたらせていたそうです。これだけの距離を滑落したのですからタダではすみませんわな。原因は片足のアイゼンが外れたのだとのこと。ともかく九合五勺で止まったのがほんとに幸いです。ここで止まらなかったら私の前を通り過ぎて六合目までノンストップとなってしまうところでした。

私もこのときにがんばって無理をしていたら・・・と思うとやはり撤退は正解だったかな。生きていればまた来ることができますが死んだらそれまで。最近引き際がよくなってきました (^。^)

Kodougu

さて下山です。せっかくですので秘密兵器を試します。冬物処分セールで買ってきた尻滑り用の敷物。これで快適シリセードぉ・・・と目論んだのですが、姿勢が崩れると直ぐに尻から外れてしまいまったく案配が悪い。このアイデアは没でしたぁ。

富士山、美しくも危険な山。この富士山と長くお付き合いをさせていただくためには必要な約束事がありそうです。

« 金環日食見えたっ | トップページ | 変なパトカー »

富士山」カテゴリの記事

コメント

記事を参考にさせて頂きました。
「イワツグミ」という鳥は日本に存在しません。「イワヒバリ」ですね。

kaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

こんな辺境のブログにお立ち寄り下さり嬉しいです。さらに間違いのご指摘もいただいて恐縮です。実は本人はイワヒバリと書いたモノとすっかり思い込んでいました。以下の別の富士山記事ではしっかりイワヒバリと書いておりますので、猟場で見慣れたツグミの印象が残っていて書き間違えたのかもしれません。

http://kamon.way-nifty.com/fiby/2009/07/20092-b473.html
http://kamon.way-nifty.com/fiby/2012/10/102012-5c18.html

kaさんもこの時期富士山へ登られるのでしょうか。私は来週末を予定しています。先日の雪訓でいんちき滑落停止に磨きを掛けてきましたので山頂を狙いたいと思っています。表富士五合目への取付道路が開通するかが問題です。この週末は雪だったでしょうから気をもんでおります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/54815180

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の富士登山 2012 滑落も目撃:

« 金環日食見えたっ | トップページ | 変なパトカー »