« Xperia arc ユーザーROM領域拡大 | トップページ | 御来光シュミレーション »

2012年6月25日 (月)

6月の富士登山2012 0合目から5合目 マイナールート編

Yamabanana ほんとにあるんですねぇ山バナナ

これを持って精進・船津口を登ってみます
  

  

  
なんとほんものの山バナナをみつけてしまいました。勝手に命名して山行での繊維質補給の大役をバナナくんには担ってもらっていましたが、今回は正真正銘の山バナナ持参でございます。

1goume

Tozandou1

Tozandou2

先日は吉田口の0合目から富士山を登ってみましたが、今回は私にとって未踏ルートである精進口と船津口を攻めてみようと考えました。いずれも今は廃れた登山道で一部看板はあるもののかなり荒れておりましたよ。

とりあえず自動車でアクセス出来る精進口一合目から踏み出します。富士原始林の真ん中をを横切るこの登山道は自然の抱かれて感は最高ですな。三合目までは単調ですが歩いていて飽きない道です。

Touboku1_2

Touboku2

Touboku3

しかし倒木が多いです。数日前に台風が通過したって関係もあるのでしょうが倒木が登山道を通せんぼしている箇所だけで20や30ではききません。そのたびに上越し、下越し、巻いてみたりと忙しかったです。

Hashihouraku_2

4goumekoya_2

5goume

三合目から上の精進口はすでに登山道としては廃道なのでしょうか。深い枯れ沢を渡る橋なども崩れたままです。吉田口の五合目以下と同じようにここ四合目には朽ち果てた山小屋があります。スバルラインの開通と共にその使命を終えてしまったのでしょうね。

踏み出しから8.3Km、4時間程掛けてスバルライン5合目に到着しました。ここはにぎやかです。でも最近はちょっと雰囲気が違うんですよね。拡声器でニーハオニーハオライラとアナウンスが流れていましたが、お土産屋さんの中は中国からのお客さんでいっぱい。富士山がインターナショナルな雰囲気になるのはいいのですが、中国からの団体観光客がやたらと多いように感じるのは私だけでしょうか。彼らにとっても富士山は日本での観光において欠くべからざる存在なのかも。

Yamabananafuji_2

Ochudou

Cameramans

五合目小御岳神社で安全登山のお参りをした後にお昼ご飯。霧にむせぶ鳥居と元祖山バナナ (^。^)

腹ごしらえの後は昨年の6月にさまよい歩いた御中道の一部を昨年とは反対の反時計方向に回ります。御中道は苦労をしただけあって懐かしかったです。途中から御中道を離れ、観光地となっている奥庭を横切って船津口登山道へ入ります。奥庭ではカメラマンの方々が100万円はしようかという白筒の望遠レンズを構えて大挙なにかを狙っておりました。こっそり聞くとどうも希に飛んでくる鳥さんを狙っているのだとのこと。でもなんの鳥かは内緒だそうで教えてもらえませんでした。意外にけち (^。^)
申し訳ないと思いつつも帰り道なのでカメラの前をずかずかと横切って登山道を下ります。

Genseirin

Lgpsnolog

Fiby0goume

奥庭の先に続く船津口登山道はなかなか良い雰囲気です。ただ船津口は現在のルートは不明瞭で、看板があったので私がそう思っているだけでして、実際は違うのかも知れません。昼なお暗い林の足元は緑色に苔むしていてまさに富士山の原始林っぽい雰囲気を楽しめます。でもここも倒木が酷かった。もう登山道としてはここも廃道なのでしょうかねぇ。

三合目からは精進口登山道へ合流して踏み出しへ戻ります。でも踏み出しは一合目からなのでこれでは0合目から登ったとは言えない。そんなわけでさらに下って切りの良いところを0合目にしちまおうと2Kmほど下ってみました。車の入れない林道との交差点をFiby零合目にさせてもらいここでUターン。
22Km, 8時間半ほど掛けて初めて歩く旧登山道を楽しんできました。主要4登山道を全て歩いて富士山を知った気分になっていた自分がなさけない。富士山にはまだまだ自分の知らない道があるということはわかりました。

次は須山口かはたまた村山口か。機会があればチャレンジしたいですねぇ。

« Xperia arc ユーザーROM領域拡大 | トップページ | 御来光シュミレーション »

富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/55052801

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の富士登山2012 0合目から5合目 マイナールート編:

« Xperia arc ユーザーROM領域拡大 | トップページ | 御来光シュミレーション »