« 熊が来た | トップページ | 富士山の暗部 »

2012年8月21日 (火)

富士登山 ゼロ合目から山頂へ

Yuyake_2夕焼けの富士山

あの麓から登ったのだと感慨深いです
  

  

  
今年は富士山のゼロ合目から六合目までの間を吉田口精進湖口須山口と歩いてきて、けっこう山頂までいけるのではという過剰な自信が芽生えてしまったりしたんですな。それならとゼロ合目から山頂まで日帰りで行っちまおうでないのとトライしてみました。
さてどこから山頂へ行こうかと考えて、道中の楽しかった吉田口をチョイス。

Umagaeshi_2

Nigoume

Hinode

午前4時に馬返しを踏み出します。実はもっと早くに出られたのですが、馬返しの直ぐ先に神社の境内を越えるようなところがあって、あまりに不気味で出られなかったんですぅ <いくじなし

肝試しのような一合目、二合目を越えて三合五勺あたりで日の出となりました。きょうは良い天気のようです。

Tanzawa

Rokugoume

Enkei

見晴らしもいいです。丹沢もよく見えます。六合目から見上げれば山頂まで見渡せます。目を転じると湘南方面や三浦半島まで見渡せます。夏場にこれだけ遠景が望めるのは珍しいことなんですよね。

Kyugoume

Sanchotorii

Sancho

ほんとに雲一つ無い上天気とはこのことです。ピークも過ぎて登山道もそこそこ空いています。さすがに麓から登ってくると九合目からの岩場がきつい。がんばって山頂へ。おぉついにゼロ合目から山頂まで届いたぁ。でも道中半分なんですよね (^_^;

Kakou

Gezankanban

Ochudoubunki

火口にはまだ雪が残っています。量的には例年並みですかね。雪が多かった昨冬ですが、富士山の気候は他とは違うんでしょうね。
まだ帰りが残っているのでそそくさとUターン。下山道には新しい看板があります、だいぶ看板もセンスが良くなってきましたね。さっさと下山した下山道六合目あたりに、昨年難儀したお中道巡りの分岐点を見つけました。でも見ての通り荒れています。マーキングも流れていてこんな状態だったら気が付いていたか微妙なところ。昨年回っておいて良かったです。

Yoshidagezan

Gpslog

六合目から麓を見ると下山する馬返しが下界に霞んで見えます。あの高さまで戻るのかと思うと思い複雑。重たい足を引きずって踏み出しの馬返しになんとか戻ってくることができました。道中往復20Km、標高差2200m、所要時間13時間を要しました。まぁ人間その気になればけっこういけるもんだなと納得。

今回はけっこうしんどかったです。自分的には勲章をやりたいくらい。日帰りの思い付きで行っちゃぁいけない行程だったかも。
そんなわけで潰した足のマメをいたわりつつ、翌日のお仕事にいそしむわたくしではありました。

« 熊が来た | トップページ | 富士山の暗部 »

富士山」カテゴリの記事

コメント

( ̄Д ̄;; 暑いですね・・・

( Д) ゚ ゚ 道中往復20Km、標高差2200m、所要時間13時間・・・・
人間業とは思えない強靭さ・・ビックリです。
富士山を麓から踏破したら、本当に登ったという充実感と満足感でしょうね。まさに勲章ものです!crown

素晴らしいお天気で歩いていてもさぞかし気持ちが良かったでしょうね、山は何と言ってもお天気が第一条件ですからね。
でも、fibyさんの足が少しすり減ったのではと気にかかるところではありますが・・・("⌒∇⌒")アハハ

ども、ミーさん、

東北でも暑いのに関東南部なんて推して知るべしって感じです。いまパソコンを叩いている部屋は29度あります。エアコンが恋しい・・・

ゼロ合目から登ると、確かにけっこう歩いたなという充実感はありますね。帰路の最後はへろへろになってましたけど (^。^)

この時は良いお天気でしたよ。無風快晴、富士山頂は10度くらいでしたが無風で日差しが強かったので半袖でも暑いくらいでした。ミーさんが谷川岳へ行った時は天気がいまひとつだったようですが、ぜひロープウェーに乗ってトマの耳とオキの耳のツインピークを極めて欲しかったですねぇ。
おっしゃるとおり気持の上でも晴れていてくれると高揚しますよね。

足が少しすり減ったかもしれませんが、マメを作って面積を増加させましたから大丈夫でありますっ (^-^)/

最初は海抜0メートルからの踏み出しかとおもた....^^;
しかし、0号目からでも凄い!この踏み出しはやはり富士を極めチャル!って人にとっては外せない行動でしょうね。
ん〜もう、尊敬です。
ご存知私は「富士は見るもの」で応援させて頂きます^^;

ども、ノブさん、
海抜0mの静岡県田子の浦から登るイベントもけっこうあったみたいで、先日須山口から登った時にはノボリをザックに立ててがんばっている人達をけっこうお見受けしました。
さすがに日帰りではできない事ですが、ボクも歩けるうちにやってみたいですね。

富士は見るもの、確かにそうです。でも登って見るとまた違って見えて面白いんですよね。ノブさんも機会がありましたら是非。
(^-^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/55478169

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山 ゼロ合目から山頂へ:

« 熊が来た | トップページ | 富士山の暗部 »