« 動物をかわいがること | トップページ | 10月の富士登山 2012 »

2012年10月 7日 (日)

ボトルの悲劇

Drop2

ふと気を抜いたすきに

それは起こってしまいますた
  

  

  
先日丹沢へ出向いたおりのこと、15mはあろうかという堰堤の上で気持良く休憩ををしておりました。愛用のポリカーボネイト製1リッターの水筒から汲んであった丹沢名物護摩屋敷の水をぐびっと飲んで堰堤の上に置いた瞬間・・・ころころと転がって堰堤下へ。

Bottle1

上から見る限りは割れてなさそう。さすがポリカーボネートだと感心しながら取りに行くと、キャップが破損しているものの本体は無事。不幸中の幸いかなとその時は思いました。

お家へ帰ってキャップだけでも手に入らないかなと調べると、そもそもポリカ製の水筒が今では世間にほとんど流通していない。なんで?とさらに調べるとどうも環境ホルモンが流出するとの懸念があって日本では一気に無くなってしまったということがわかりました。知らなかった~

もう自分的には子育ても終盤なので、生殖機能に影響うんぬんは別に気にもならないけれど、問題のあるものを積極的に選ぶ理由もない。これはそろそろ水筒を替えろよという神の啓示と解釈して新しいモノを物色しました。

Bottle2_2

正直言って1リッタークラスのこの手の水筒は選択肢がほとんどない。ナルゲンボトルでシェアの多くを占めているようだ。材質は飽和ポリエステル樹脂製。bpa free (環境ホルモン、ビスフェノール Aは使ってないよ)のステッカーも張ってあります。
濃いボトルカラーは濁った沢水を汲んで飲まなければならないときに抵抗が薄れるという効果もありそう (^_^;

こいつはポリカみたいな強度は無さそうなので落とさないように気を付けたいと思いますです。

« 動物をかわいがること | トップページ | 10月の富士登山 2012 »

アウトドア」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

ナルゲンボトルって商標でしたっけ?
仕事で化学薬品を調合する時に良く使ってました。あの白っぽいポリタンクみたいのです。
どうなんだろう、ペットボトルが携行ボトルに早変わりするって言う吸い口を付けたら、永遠に使える様な気がするのは....緊急様かね^^;

ども、ノブさん、

ナルゲンはブランド名だと思ってますが違うのかな。ボクの知っているナルゲンは水筒屋さんなのですが、プロユースにいろいろと樹脂製容器を作っているのかもしれませんね。

ペットボトルはおっしゃるとおり究極の水筒です。でもなんかつまらないじゃないっすか。ここはひとつクロウトっぽく迫ってみましょう。水筒だけですけどもね (^。^)

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/55833915

この記事へのトラックバック一覧です: ボトルの悲劇:

« 動物をかわいがること | トップページ | 10月の富士登山 2012 »