« 箱根駅伝もうすぐです | トップページ | 猟果を支えるライフリング »

2012年12月29日 (土)

冬の八方尾根第一ケルン

No1_topここへ行きたかったんです

念願かなって大満足
  

  

  
今年1月に新調したスキー板を担いで乗り込んだ八方尾根スキー場。残念ながらその時には狙っていた第一ケルンへ届くグラートクワッドリフトが雪不足のために運休中。やむなく涙を飲みました。
毎年恒例、歳末日帰りスキーに今年もお誘いをいただいたので、仲間へ八方なんてどうかねと提案すると幸いにも乗ってきた。これ幸いと遠路長野県は白馬村までお出掛けしました。

Grate_j

Grate_d左の画像は2012年1月中旬と今回の12月末に撮影したグラートクワッド乗り場周辺の積雪の様子です。見た目ほとんどかわらないんですけど、大きな違いはリフトが動いているか否かなんですよね。1月に聞いた地元の人の話では私が行った1月16日まではともかくこの第一ケルンへ届くグラートクワッドは、シーズン初日からずっと動かなかったということでした。今回はラッキーだったのだと思います。

No1_w

No1_s念願かなって冬の八方尾根第一ケルンに立てました。夏に撮った画像と比べると積雪は1mも無さそうです。この辺は風の強いところなので降っても吹き飛ばされてしまうのかな。天気は快晴とは言えないまでも北アルプスの山々が見渡せます。
東に目を向けると妙高高原か赤倉あたりのゲレンデまでも見えました。やはり第一ケルン標高1820mはだてではありません。

Hakuba3_w_2

Hakuba3_s_3白馬三山もきれいに冬の様子を見せていました。同じ山でも夏と冬ではこんなに雰囲気が変わるんですよね。
私の技量では冬の北アルプスは望むべくもないので、夏場の唐松岳くらいは登ってみたいものですねぇ。

でスキーはと言うと、モーグラーの若手と行くとおっさんは当然ながらしんどい。八方尾根はアルペンスキーの聖地のためにボーダーも少なく、滑っている連中にへたくそはまったくいないんですよね。

Ski_happo2

その意味でもわたしくあたりは肩身がひじょ~に狭い。
例によって朝8時の一番リフトから夕方の最終リフト近くまで付き合ってもうくったくた。まぁ体力とお小遣いが続く限りはやりたい冬の遊びではあります。

さぁて、大掃除の残りやんなきゃ・・・

« 箱根駅伝もうすぐです | トップページ | 猟果を支えるライフリング »

スキー」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/56417073

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の八方尾根第一ケルン:

« 箱根駅伝もうすぐです | トップページ | 猟果を支えるライフリング »