« 臼田宇宙空間観測所 | トップページ | 宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい 2012 »

2012年12月22日 (土)

鹿に誘われ塔ノ岳 (富士山絶景の巻)

Top_3早朝の林道には

なにやらうごめくモノがいます
  

  

 
神奈川県の丹沢もこれからの季節、雪を心配しなければならなくなります。積もる前に今年の登り納めをしておこうと、週末時間を作って行ってきました。

Shika1

Shika2

Shika3

戸沢へ向かう早朝の林道をがたごと走っていると、なにやら見慣れた連中が団体でいらはりました。自動車のハイビームに臆すことなく悠々としていて、終いには草をはみはみ始めたりして余裕のよっちゃん。確かにこの辺は銃猟禁止なんだろうけど、ずいぶんと人間様もなめられたものです。

さらに先に進むと林道でおしゃがみしているやつまでいました。今年生まれのバンビですね。30Kg~40Kgくらいなのでお手頃サイズです。以前にあのクラスのやつを解体するため我がWISH号の後部に積んで少しばかり走ったのですが、その後の野生臭と抜け毛がなかなか消えなくて、家族の大ひんしゅくを買ったりもしました。やはり鹿は現地解体に限ります。

Torituki

Hosono1_2

Fuji1

この日は書策新道の戸沢出合いからホソノ尾根を登って表尾根へ合流、塔ノ岳から大倉尾根、天神尾根と下って戸沢踏み出しに戻るルートです。相変わらず書策新道は荒れていますが、歩きやすく疲れない不思議なルートなんですよね。途中キドノ沢の手前にホソノ尾根の取り付きがあります。黄色いテープで通せんぼしていますが、逆に目立っていますよ。

このホソノ尾根は塔ノ岳へ至るショートカットコースで、尾根の登りはきついですが距離が稼げるので良さそう。25000分の1地形図を読むと尾根筋を外れなければ木ノ又小屋まで一直線で行けるはずです。ホソノ尾根の名の通り登るに従って尾根が痩せていきます。ここはバリエーションルート。今では人も通わないのでのんびり歩けます。木々の間から富士山が見えて来ました。おぉ、今日はよく見える。塔ノ岳山頂が期待出来ます。

Fiji2

Kinomata

Fuji3

ホソノ尾根から覗く富士山もなかなかのものです。もう五合目あたりまではすっかり雪の中ですね。来年はまた4月あたりから富士山頂を目指すとしましょう。ほどなくして木ノ又小屋へ到着。けっこうハードな尾根登りでしたが富士山ビューのおかげで楽しく登れました。
表尾根に合流するとまるで高速道路に入ったみたいに感じます。塔ノ岳の山頂が見えます。見た目富士より高い塔ノ岳へ一路目指すとしましょう。

Fuji4_2

Fuji5_2

Fuji6

予想通り塔ノ岳山頂でも富士山はきれいでした。南アルプスの山々まで見渡せます。こんな絶景はそうそう味わえるもんじゃないです。となりのおばちゃんが「鳳凰三山も見えてる」と言っていましたが、どこがそうなのかかいもく見当が付かずなさけなや。鳳凰三山は苦労して日帰りした山々なので思い出深いお山です。

今年の丹沢は良い感じで締められました。また来年も天気に恵まれますよ~に
 (-人-)

« 臼田宇宙空間観測所 | トップページ | 宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい 2012 »

登山」カテゴリの記事

コメント

Fibyさん、ご無沙汰しております。
自分も16日に塔ノ岳に登ってました。
というか最後の写真の山頂標の横から
ザックが見えていてすみません。coldsweats02
それ自分のOSPREY EXOSです。coldsweats01
ちょうどこの時に山頂標の裏にいたか、
山荘の裏で塔太郎(鹿)を見てました。
近くにいたのにお会いできなくて残念です。think

塔ノ岳周辺の鹿は本当に人馴れしてますよね。
無垢すぎます。まあ、そんな無垢さに癒されるのですが
増えすぎてもアレなので、なにごともバランスが
必要なのでしょうね。

南アルプスは一番右端の雪が少なめで尖った山が
甲斐駒でその左にあるのが鳳凰三山ですね。
それにしても快晴で素晴らしい景色でしたね~。happy01

ども、viewtaさん、お久しぶりです。相変わらずアクティブにやられているようでなによりです。

> 自分も16日に塔ノ岳に登ってました。
> というか最後の写真の山頂標の横から
> ザックが見えていてすみません。

どっひゃぁ、またもやニアミスしていたのですね。OSPREYのザックが写っている画像は確かに16日のものです。Exif情報で09:50ですから私は午前10時前後に塔ノ岳の山頂にいたことになります。
OSPREYボクも愛用してます。トレッキングポールアタッチメントは便利ですよね。

そっかぁ、尊仏山荘の裏は塔太郎の定位置なんですよね。ボクものぞきに行っていればお会い出来たのにまったくもって残念です。なんだかviewtaさんとはいつもこんなパターンが多いですね。

ブログの記事は拝見しました。この日は塔ノ岳を二回登ってしまったのですね。富士山の二登並の偉業です (^。^)
割鍋山荘のうどんは美味しいですよね。先日泥棒が入って逃げる途中で酔っぱらって寝込んでしまい、ハイカーに取り押さえられたらしいですね。間抜けな泥棒です。

おっしゃるとおりこの日の富士山はすばらしかったです。塔ノ岳の山頂は確率的に霧に沈んでいる事の方が多くて、これだけ見通せるのはそうそうありません。そうですか、鳳凰三山わかりました。自分で歩いた山を遠目に見るとなんだか愛着が湧いてきますね。

どうか今度はニアミスでなくお会いしてお話しができるよう祈っておりますです。

鹿対策に早く狼の導入を! 懸念がある人はこのページを参照 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/697065/221774?page=3
http://japan-wolf.org/content/faq/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/56369490

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿に誘われ塔ノ岳 (富士山絶景の巻):

« 臼田宇宙空間観測所 | トップページ | 宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい 2012 »