« iPhoe4S いじくりました | トップページ | ヒヨドリで焼き鳥 »

2012年12月 2日 (日)

鴨が来れば冬本番

Onaga_2なんですが・・・

どうもあまり来ておりません
  

  

  
シーズンともなると多種多様な鴨類が飛来する近所の農業用水池へ偵察に行ってみました。冷え冷えとする曇り空だったですが、今年は寒さが平年並みに来ているのでさぞや賑やかだろうなと予想していましたが・・・

Pole_3

Ayashii1_2

Ayashii2

ぜ~んぜんいません。いつものこの時期なら水面にひしめくくらい居るはずの鴨がぽつぽつしか見あたりません。池の真ん中にある島にはサギ類やカワウがいるはずなのですが、これもほとんど見られません。どうして?と不思議に思っていたら、通りすがりのおじさんが答えをくれました。

なんでも昨年鴨が寄りすぎてしまって、畑のキャベツを食べられてしまい大損害となったのだそうな。そこで今シーズンは数を抑制するために小細工をしたのだとのこと。それが上の画像にある怪しげな棒なのだそうです。鴨がキャベツを食べるとは初耳。
見た目は測量で使う馬鹿棒に手袋を突き刺したものみたいにしか見えませんが、どうもそこには鳥除けの高度なテクノロジーが詰まっているようですね。この棒が数本島の地面に刺さっていますがその効果は絶大のようです。

怪しげな棒にも増して怪しげなトリもいます。鴨に比べて異様にでかい。しかも見たこともないような模様を持っています。こやつはアヒルとマガモの交雑配種のようですね。以前この池には大きな白いアヒルがいました。どうもそいつとマガモがデキてしまったのでしょう。まぁ合鴨とひとくくりにしてしまえばそれまでですが、このような異種交配はシロウト目にも好ましく見えませんね。

Shikas

丹沢の鹿だけは増えています。神奈川県では鹿の捕獲制限頭数が今猟期は撤廃されました。(昨年までは2頭/日) 現在の予想生息数4000頭に対して1000頭まで減らそうと考えています。民主党のマニフェストみたいですが、減らそうったってそんなに都合良く獲れるはずはないですよね。
反面鳥や小動物は年々減っているように感じます。あのこにくらしいタイワンリスさえも減っているような・・・
神奈川県の統計的にも減ってはいますが、捕獲数の減少は狩猟者の減少にも比例しているところもあって一概に判断出来ません。

少なくとも我が家の食卓に上るジビエ肉は年々減っているということは身をもって感じていいます。自然の恵みはありがたく大切に頂戴したいですね。
そういえば今猟期まだおめぐみ無し・・・がんばって山にはいらなきゃ。

« iPhoe4S いじくりました | トップページ | ヒヨドリで焼き鳥 »

ハンティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138856/56237543

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨が来れば冬本番:

« iPhoe4S いじくりました | トップページ | ヒヨドリで焼き鳥 »